犯人は角質の剥がれを速めているもの:洗顔犯人説

「スキンケアは洗顔に始まり、洗顔に終わる」などという表現を目にします。
なかなかの名言なのかな……と感心するところです。
私サッポーが永年あなた達のスキンケアの実態を見てきたところ、洗顔で肌を傷め、せっかくいただいた天与の美肌を損なっているケースが多いのに驚くからです。

角質の剥がれを速めているもの・洗顔犯人説 Part-1

 
 
S》》
サッポー先生
今、洗顔で何が起きているのか……
それは今テーマにしている、
角質の剥がれを速めている
そのものです。

そして、

  • ドライな肌
  • かさつく肌
  • くすんだ肌
  • シミのできやすい肌
  • 肌理の粗い肌
  • 毛穴の目立つ肌
  • 吹き出物ができやすい肌
  • 不自然にべたつく肌
これらは予定以上の角質はがれが続くと、誰の肌にも現れてくる肌の自然な現象です。
あなた方の肌にも思い当たる部分がいくつかあるでしょう?
最初に見直すべきはあなたの洗顔なのです。
《《C
C子
しかし、洗顔を見直せといわれてもねえ。
《《A
A子
何をどう見直せばいいんでしょう?
S》》 ではよく見かけられる、間違った洗顔の実態を伝えましょう。
 
 

角質の剥がれを速めているもの・洗顔犯人説 Part-2

 
 
サッポーの
S》》
視点

▼ 洗顔料の能力がやや高すぎる

能力が高いと汚れだけでなく、必要以上に皮脂やセラミドを溶かし、 角質のはがれを促進します。

  • アカも溶けて見えない洗顔料
  • メイク落としも洗顔もこれ一つでOKの簡単洗顔料
  • 落ちにくいフィット力のあるメイク料を溶かす化粧落とし剤

これらの要素に代表されるようです。
必ずこれらが原因というわけではありませんが、 大いに関係しやすい存在です。気になる部分があれば素直にチェックしましょう。
毎日使用する洗顔料は、気づかない内にじわじわと肌質・肌構造に大きな影響を 与えているのです。

肌(角質)に優しい洗顔料とは、どういうものか……これは別の機会に講義しましょう。

▼ 感覚の個人差、思いこみ、決めつけ

一旦思いこみ、決めつけたことは他人に指摘されても、なかなか認めることができません。
背後にもう一つ、思いこみや決めつけを支えている正しい顔をした誤情報が隠れており、認識の変更を邪魔しているのです。 もう一つの感覚の個人差は微妙で大きな障壁です。
現実に肌に起きている現象を素直に認め、感覚を変えていく勇気と努力が必要です。

 
 
S》》 一つ例を挙げましょう。

なかなか落ちない毛穴の黒ずみ・汚れ…

  • → 洗え!洗え!洗い方が足りないのよ
  • → この洗顔料なら良く落ちる
……と、このような思いこみや決めつけから、落ちない汚れまで取ろうとするので、角質ごと取り除くことになります。
角質は予定より速くどんどんはがされるのです。
ますます毛穴を広げるだけでなく、また黒ずみや汚れが……。
そして同じことが繰り返されていきます。
《《A では、どうしたらいいのですか?
放っておけ、とでも?
S》》 この場合は、その通りです。
普通に洗って取れない汚れは、無理に取るべきではありません。
傷跡のかさぶたをむやみに取っているようなもので、キリがありません。
角質の寿命がくれば、自然に一緒にはがれていくのです。

もちろん、放っておくだけで良いというわけではありません。
汚れない、黒ずまない肌をかさぶた(汚れ)の下で準備していくことが必要です。
汚れを無理に取り除いてもそれはできません。

ですが、その方法は別の機会に譲り、次回は他の間違い例をもっともっと見ていくことにしましょう。

 
 

コメントは受け付けていません。