肌の危機・化粧崩れ

紫外線さえ注意すれば、日本の夏は肌に優しい季節。
しかし現実をみると、肌を傷めていても気づかない季節。

何が悪いか? どこで間違ったか?
キメが、毛穴が、夏のブツブツが、肌はべたつき、秋にはかさつきが……
肌を傷める悪魔達はどのように近づいてくるのでしょうか?

肌の危機を演出する夏のステージ

 
 

《《A
A子
きっと悪魔って賢いのですね。
天使の声のように聞こえるか、それとも……。
《《B
B子
……それとも……何?
《《A きっと..究極の選択を迫るのだと思います。
それで焦ってしまって、ケアを間違うのだと思う。
《《C

C子
あたしゃ正真正銘、天使だよ。
化粧が崩れたら良くないに決まってる、あまり見られたくないだろ。
そこで天使のアドバイス。

  1. 面倒でも一度洗顔して涼しいところで化粧直し……これが基本。
  2. 化粧が崩れない内にクーラーの風で即乾燥、これが秘密のテク。
  3. 耐水性が高くフィット力がベースメイク、汗に強くテカラない。
    ……汗を貯めるのは肌に良くありません。

どうだい?これなら究極の選択ではなくて、三択だ。どれを選ぶ?

《《B あら!いい例題ね。
でも……もうだまされないわ。
1番でしょう。正解は。
でもねー、会社では洗顔から化粧直しなんてとてもできないもの。

昨年の私は2と3の両方。
使い始めはとても気に入ってたの。
ところが夏も盛りになった頃にはいつもと同じ。
それだけなら良かったのだけど……秋になったらかさかさ肌。
洗顔後はつっぱるし……。でも原因なんて想像もつかなかった。

S》》
サッポー先生
Cさんは「天使のささやき」……らしく見せる天才のようです。
「洗顔して化粧直し」などと、まずできないことを最初に言って、「汗を肌に貯めるのは良くない」という原則を添えてフィット力の高い化粧品の良いところを案内する……まさに悪魔の誘惑です。
《《A Cおば様の肌、ほんとうに変わりましたね。
毛穴が目立たなくなったというか、化粧がホントにきれいに見えます。
《《C 化粧じゃなくて肌がきれいになったのさ!
ここんとこ蒸し暑かっただろう。
汗が噴き出すのが分かるのだけど、化粧が崩れないんだ。
ハンカチで押さえると汗だけ取れてね。
去年と同じパウダーファンデーションなのにな。
でもわかって欲しいね。この肌(角質層)になるのに苦闘6ヶ月!
S》》 苦闘……は大げさです。悪い習慣をやめただけでしょう。
それで角質層が成熟してきた。
ゆっくりと変わっていく肌を何もせず見守るのが苦しくて……
これが「苦闘……」の真相ですね。
S》》 この辺りでまとめを入れておきましょう。

夏、成熟した角質層が維持されると

  • 汗が肌にとどまらず、流れ落ちる。
  • ハンカチをあてると汗だけが取れる。
  • しっかり水分を内包した柔らかい角質がパウダーをしっかりフィットさせている
ということです。
S》》 そして悪魔がよく使う「天使のささやき」には
  • 必ず正しい真実が含まれ、
  • 本来のケアとは別次元のテーマを見せ選択を迫る。
  • 肌の力を利用した一時の「輝き」を見せる。
それは便利さであり、昨日の夢であり、明日の肌づくりではないということです。
あなたの肌本来の力を信じてあげましょう。
正しきケアで肌は自ら蘇るのです。

悪魔が攻める肌のウィークポイントは

  • 角質を傷めるダメージが継続されること
  • 角質がはがれるテンポを速めること
…….これがいつもの常套手段です。
Cさんの例題に隠れた罠、分かりましたね。
《《A 角質こそ肌なのね。表皮が完成した姿。
まもなくアカとなってはがれていく前の姿……これが肌の美しさ…….。
よく考えれば当たり前よね。
S》》 その通りです。

しかし悪魔達は巧妙です。
次回も夏舞台に現れる悪魔の姿を観察することにしましょう。

 
 

コメントは受け付けていません。