知られざる角質の秘密 Part-3…角質のホントの姿

今日は角質の立場に立ち、角質の本音を見ていくことにします。
ここを押さえると、美肌ケアのようで美肌ケアではないものと、本物の美肌ケアを間違うことがなくなります。

 
 
《《B
B子
肌は毎日々日、せっせと新しい細胞を作りながら、美肌づくりに努力している。
でも、新しい細胞が美しく育つか育たないかは、私次第…なんて、責任は感じるけど、見えない世界なんだもの。
だって、表皮の細胞が一度入れ替わるのに28日っていうでしょう。
《《A
A子
肌の良くなる変化はスローペースだから見えない、でも醜い角質を取り去ってケアすれば、すぐにきれいになれるのですから..。
今日の肌が美しく仕上がる方に、やはり旗を揚げたくなります。
《《C
C子
そうさせておくのさ。
他人と差をつけるチャンスじゃないか。
「能ある鷹は爪を隠す」と言うだろう。
《《B Cおばさんは自己虫(中心)なんだ!
《《C 言ってみただけだよ。
どうして今の若い娘は、子供が育つように自分の肌を見守ってやることができないのかね。
「今さえ良ければ…」なんだな。ネー、先生。
S》》
サッポー先生
ハイ、授業を始めます。
 
 

角質のホントの姿

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

前回迄の授業は、

×美肌ケアのようで美肌ケアでない
肌の美醜を決めている角質の層が醜い場合、好ましくない部分は取り去ってしっかりケアすれば、肌はうんと美しく見える。
古い角質や醜い角質はやさしく取り除けば、肌の触感も良くなるしイキイキとしてくる。
これが美肌への一番の近道だ。
◎本物の美肌ケア
肌の美醜を決めている角質の層は、その美醜にかかわらず、肌が美しく育つために働いているもの。
古いから、醜いからと言って取り除くと、これから表へ出てくる肌は美しく育つことができない。
角質が精一杯働けるように助けてあげてこそ美肌が作られる。
明日現れる肌(角質の層)の方が大切なのだ。

このようなお話でしたね。
しかし、

  • 肌をガサつかせている古い角質を取り除き、柔らかい肌…
  • 不要な角質が肌を硬くしている…
  • 古い角質が肌をくすませている…
  • メラニンを含んだ角質を取り除けば、くすんだ肌が…

などといわれたら、「うん、その通り」と思ってしまう。

二度とこのような落とし穴に落ちないように、ここはひとつ角質の本当の姿・性質を知っておくことにしましょう。
あなた達はすぐに道を迷うのですから…。

 
 

一部に事実があれば、全体が事実だと思っていないか

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

「ミカンを食べ過ぎると肌が黄色くなるでしょう。食べるのは一つか二つにしておくのよ。」

…というのは、幼児や子供だけに通用する、親が子をいさめる言葉と言えるでしょう。
カロチンで黄色くなるのですが、三つ食べると黄色くなる?というと、その程度ではなりません。
真実を含んだ言葉での、罪のない子供の誘導です。

しかし、角質の状態が好ましくない肌の姿を作っている事実を利用し、

「汚い角質を取り除くことによって、肌が美しくなる」

といった、とても判りやすい美肌法が広まってしまいました。
しかし一歩間違うと、危険な美肌法に変身していきます。
というより、多くが美肌を少しずつ損なっていくのが実態でしたね。
このような迷路に入り込まないように、美肌を作っている角質についてどのような表現が迷わせているのか、角質についての本当の姿を見ていきましょう。

 
 

表現の中にある事実と、美肌を作る隠された角質の実際

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

例その一 << 古い角質…という表現 >>

古い角質が残っていると言われたら、早く取り除くべきと誰もが思います。
言葉が連想させるイメージを利用したのでしょう。
実際には古い角質ではなく、使い古されたように傷んだ未熟で新しい角質細胞なのです。
古いのではなく、実際は新しいのです。

早く角質になって役目を果たさなければ、肌を守れない状況に追い込まれたため、十分な保水力が育たないままに、急いで角質になったものです。
古い角質といわれても仕方がない姿で明日の美肌を作るために、働いているのです。
この忠実な努力家を古いと言って取り除けば、明日はその下の角質が同じ運命をたどるだけです。

例その二 << 不要な角質…という表現 >>

未熟な表皮細胞が角化し角質となると、水分が少ないために硬い肌、くすんだ肌になります。
こんな角質があるから肌を汚く見せている。
こんな角質は不要だからという意味で「不要」という言葉が使われているのでしょう。
このように説明されると、あなたも取り除きたくなったでしょう。

でもこれは、今すぐに美しく見せるためには「不要」という意味でのみ言える言葉のはず。
明日の肌を美しく育てるためにまだ働いているのだから、「不要」というのは角質に対して何とも可哀想な言い方です。

例その三 << メラニンを含んだ角質…という表現 >>

メラニンという言葉も悪者にされやすい言葉です。
日に焼けるのはメラニンのせい、シミはメラニンの集まったもの…それは確かに事実ですが、メラニンが悪いわけではありません。
肌を守るために肌自身が作ったものです。
このように作られるべくして作られたメラニンでも肌として美しく見せたい角質に含まれていたら取り除きたくなります。
美観上は好ましくないからです。

ゆっくりと育って角化した角質には、メラニンは本来ありません。
消えてしまっているのです。
角質にメラニンが存在するのは、肌に危機が訪れ、角化サイクルが早まり、予定よりずいぶん早く表皮細胞が角化しなければいけない時に起きる現象です。
メラニンが消える前に角質になってしまったわけです。
つまり、超未熟児な角質であるわけです。
未熟児まで送り出して、明日の美肌作りの環境を作ろうとしている肌の角質を、まだ取り除いて今日の肌を美しく見せたいというのですか。

例その四 << 古い角質が厚く蓄積し…という表現 >>

角質のはがれが亢進し、未熟な角質で肌が作られると角質層が厚くなるのは事実です。
角質肥厚などと難しい表現をしている場合も見られます。
未熟で防衛能力も未熟だけど、どんどん送り出して、厚くなって肌を守ろうとしているのです。
水分の少ない硬い角質が厚く積み重なるのですから、くすんで見えるし、ガサガサしているし、美観上は良く見えません。

未熟に育った角質は、角質同士を繋いでいる接着剤を分解する酵素が、なかなか出てこないのです。
そのおかげで厚く積み重なることができるのです。
肌自身を護るための巧妙で神聖な仕組みです。
それなのに…、醜いからと言って、柔らかくして剥がれやすくする…などと甘い言葉で、必死に働く未熟な細胞に古いという名を付けて剥がそうとして良いのですか。
これでは、いつまでもこの状態を繰り返すことになります。

いかがでしたか。角質の生の声が聞こえてきたでしょうか。

「私(角質)こそ、肌を美しくしよう、健康にしようとしているのに、私のご主人は美しくしようと言って逆のことをするのだから、なかなかきれいになれない。
ヒステリーを起こして、かぶれでも作ってやろうかと思うけど、あとで困るのは私だからね…。」

「この前は、肌が硬くなって小さなニキビ…ご主人が大人のニキビと呼んでいるものさ、それができちゃってね。
注意してくれるかと思ったら、『角質が原因だ』と言って、また剥がそうとするんだ。
原因には違いないけどすることが逆なんだ…….。
あーあ、だよ。」

ほーら、ため息が聞こえたでしょう。

 
 
 
 
《《C 何とも健気(けなげ)だね。あたしゃ角質の努力に涙するよ。
《《B 「もの言わぬ髪の声を聞く」って、いつかサッポー先生が言ってた。
そう言えば角質も同じケラチン質なのね。
お腹はいつもアキ質(空き室)で、グウグウうるさいけど。
《《A B子さんのはクウ質(空室=食う質)の間違いじゃないのですか?
《《C そんな声は聞いてやることはないな。
甘やかした結果がそれだろ。
ニキビのなくなった肌は誉めてもいいが…。
《《B ………。(私はサイレント・マジョリティー)
S》》 ハイ、今日の授業はこれまで。
 
 

角質を大事に……でも一体どうすれば?

講義はいかがでしたか?

毛穴、ニキビ、シミ、しわ、たるみ、肌のくすみ……さまざまな肌トラブルがあり、そして、これらに対処するため、専用化粧品が数多く用意されています。

しかし、ここまで講義を読まれた方はお気付きかもしれません。

こうしたトラブルへの見た目の対処、表面的な対処も大切だけど、その「根本」に目を向けなければ、いつまで経ってもトラブル解消にはならないだろう……と。
いつしか見栄えと表面的な対処だけが、私達のスキンケアになっています。

「根本」とは、健康に育った角質で肌が作られることに他なりません。つまりターンオーバーが正常に働く環境を作ることこそ、基礎となるスキンケアなのです。(サッポーでは「肌が育つケア」と呼んでいます。)

……と言っても、正常なターンオーバーと聞いて、ピンとくる人はいないでしょう。

ターンオーバーは肌表面0.2mm、ミクロの世界で行われていることです。目に見えないばかりか、イメージすることさえ難しいというのが実感です。

角質を大事するとは、実際のところ、どういうことなのか?
正常なターンオーバーの維持とは、一体どんな状態なのか?

その答えの一端は、「スキンケアモニター」で知ることができます。

踏み出してみましょう。
トラブル知らずの美しい肌が、あなたを待っています。

関連講義

コメントは受け付けていません。