いよいよ夏本番~夏のケア・まとめ

梅雨が明ければ、ギンギンギラギラ、太陽の季節の到来です。

電車の冷房にホッとするも、駅舎を一歩でるとサウナの雑踏。
汗腺よ騒ぐんじゃない!と心を緊張させ、平静を装って歩く。
職場にたどり着くと緊張がゆるむのか、どっと汗が噴き出す。

梅雨が明けるとグングン気温は上昇し、蒸し暑い夏が始まります。
思い出しましたか….昨年の夏を。

美肌よりも、暑さが気になる。
肌にとって、イイ夏?それとも危険な夏?

 
 
《《C
C子
厭だネー、今でもイヤなんだよ。それがまだまだ暑くなるのさ。
思うだけで今日の雨のように鬱陶しいね。
昼間は家で静かに暮らす夏。これで決まりだね。
《《A
A子
子供の頃は夏が大好きでした。
主人と出会うOL時代も、なぜか夏は楽しい季節のイメージが。
ところが今では、汗!汗!汗!の夏。
育児中の主婦って、目が回るほど忙しいのです。
《《B
B子
私暑いのも寒いのも大好き!いつも同じだと退屈でしょう。
汗で崩れた化粧を直すのも楽しいし、冬の帰り道、コートの襟を立てて歩くのも素敵だと思わない?
ネー、おばさん。
《《C 楽しいとも素敵だとも思わないね。聞いただけでゾッとするよ。
(ムムッ、できるなB子……旬の味わい方があたしを越えてる)
S》》
サッポー先生
ハイ、授業を始めましよう。
 
 

夏のケア・まとめに入る前に

 
 
S》》

単純明快に夏のケアのポイント・結論だけを列挙していきます。
“なぜなら”や“背景”まで考えていたら、さらに蒸し暑くなる季節です。
真夏はもう目の前。考えている時ではありません。

ケアのポイント・結論を列挙する前に、夏のケアが持つ影響だけは確認しておきましょう。
夏のケアの巧拙は、スキンケアにおける洗顔のようなもの。
スキンケアの効果に後々ずーっと影響する大切な時期なのです。

 
 

あなたにあてはまる問題点がいくつあるか、チェックしましょう

以下の10項目は、一年を通じてチェックすべき肌の症状です。
このようなトラブルの原因を作るのが夏であり、逆にトラブル改善のスタート・ベースを作るのも夏のケアにかかっているのです。

  1. 洗顔したらつっぱり感がある。年齢とともに強くなってる..?
  2. 以前は乾燥なんて気にならなかったのに、しっとりさに不足を感じるように…年かしら?
  3. どうしてこんなに乾燥肌なの?
    冬場は粉を吹く時があるし、夏だって乾燥気味。
    身体の肌は乾燥肌じゃないのに…?
  4. 「22・3才を過ぎてまだニキビができるのはあなたの管理責任」
    …と言われてもねー。できるものはできるの (>_<)
  5. 以前はニキビなんて全く縁がなかったのに……。
    大人のニキビは今の流行?..だからしかたないの。
  6. 加齢とともに肌理が粗くなったり、毛穴が目立つようになるのはしかたないと聞いたけど..違うの?ホントはね、気にしてるの。
  7. Tゾーンは次第にオイリーさが強くなり、逆に頬やフェイスラインは乾燥が進んでる。混合肌が進行してるのよ!
  8. 普通のシミなのになかなか消えてくれない。良いといわれたことはたいていしたけど。既に数年が..、諦めるべきなの?(=_=)
  9. 色が黒くなったわけではないけど……透明感がなくなってるみたい。
    そういえば、柔らかさやハリも……。
  10. 肌の健康には自信があったのに、いつからか時々肌に過敏さを感じる時がある。体質が変わったから?
 
 
S》》

いかがですか?あてはまるものがありましたか?

全て、角質のターンオーバーが速くなった肌に現れる症状です。
そう、湿度の高い日本の夏は、角質のはがれが亢進していても気づくことなく、問題を感じることもなく過ごせる、肌にとってはぬるま湯的環境の季節なのです。

あなたのトラブルも、いつかの夏をきっかけに常態化したものかも知れません。
深刻な夏のニキビを除けば、ほとんど秋・冬・春に自覚するトラブルです。
逆に夏のケアが成功すると、このようなトラブルを解消する、肌の土台を作ることができます。
乾燥が始まる秋になってからでは、大きな後れを取ることになります。
危機を作る夏、チャンスを作る夏、あなた次第というわけです。

 
 

夏のケア・まとめ~紫外線への対応

 
 
  1. SPF値やPA値にこだわるのは止め、必要な時の紫外線対策を忘れないことにこだわりなさい。
  2. 日常の紫外線対策は、肌に優しい製品であることにこだわりなさい。
    (紫外線反射剤タイプ…パウダー配合型のファンデや下地クリーム)
  3. 外出の多い人は日焼け止め下地とパウダーファンデのダブルガードを基本にしなさい。
    汗に強い、崩れにくい等にこだわってはいけません。
  4. 汗で大変な特別時は、紫外線吸収剤使用の高耐水性、肌フィット力に優れた製品を使用しなさい。
    対策製品の肌への影響より、紫外線の影響を重視する時です。
  5. 紫外線を多く浴びた日は夜の洗顔を早めに行い肌の酸化ダメージを少なくする習慣を持ちなさい。

つまり、紫外線に対しては肌に優しいもので、丁寧に、こまめにガードし続けることを本旨と心得ましょう。
しかし、特別対応が必要な時はガードすることを優先させないと、恐い紫外線の影響を受けてしまいますよ。

……美肌づくりの紫外線対策の秘訣はこのような理解でイイですね。

 
 

夏のケア・まとめ~冷房の風への対応

 
 
  1. 閉鎖空間であるビル冷房は、一般家庭の冷房に比べ、極端に乾燥した環境だと心得、保湿・保護の程度は、冬の乾燥時と同じだと考えなさい。
  2. 冷房の風は乾燥効果の高いものと心得、直接冷房風に当たり続けることは、冬の北風以上のダメージを肌に与えていることを知りなさい。
  3. 汗で濡れた肌を冷房の風で乾かすことが、最悪のダメージを肌に与えることを知りなさい。
    汗を拭き取り涼むことを、せめてもの習慣にしなさい。

夏は湿度が高く、肌が乾燥ダメージを受けていても気づくことがありません。
それだけに、実行するのが困難とも言えます。
実行できた人とそうでない人では、秋を迎えた肌に大きな差ができています。

 
 

夏のケア・まとめ~汗・あせ・汗の対処

 
 
  1. 汗を肌に貯めると角質がふやけ、剥がれやすくなり角質のターンオーバーを狂わせることを知りなさい。
  2. 汗を肌に貯めない対策は、ただただ拭き取る。こまめに拭き取る。この習慣を身につけないと、多くの汗を貯める不覚を防ぐことはできません。
  3. 汗をかいた肌の角質は傷つきやすいことを知り、優しく拭き取る術を身につけなさい。
    布を優しく肌にあて吸い取るのがベストと知りなさい。
    (擦ってもダメ、強く押し当てるのもダメ)

夏の便利製品として、汗に強い製品群がありますが、角質には優しくない製品群でもあります。
普段のケアは“角質に優しく”を徹底しましょう。
角質が良い状態に整い、維持されていたら、汗に強い化粧ができるようになります。
汗そのものが肌に貯まらなくなるからです。
目指す肌はこちらですね。

 
 

夏のケア・まとめ~洗顔の対処と心得

 
 
  1. 汗をかき、皮脂も多くなる夏は、さっぱりさせる洗顔に気持ちが傾き、洗顔料も、洗う指の力も強くなりがち。
    逆効果であることを知りなさい。
  2. 毎日の洗顔は朝夜の二回を基本とし、不必要に洗顔料を使用しての洗顔を増やすのは、角質を予定より早くはがす行為だと心得なさい。
  3. 肌(角質層)を傷めても気づきにくい季節。
    角質を剥がさないクリームタイプの化粧落としと、肌に界面活性能が残らぬ石けん洗顔が大切な時。

夏の誤った洗顔は、角質のターンオーバーを早める最大原因です。
角質が育たぬ最も大きな原因です。
育った角質は保湿能に優れ水分が多いので、夏でも爽やかな肌を維持できる…この事実をしっかり覚えておきましょう。

 
 
 
 
S》》 以上、夏に注意すべき重要な大項目を列挙してみました。
全て角質が育つ、美しい肌が育つための注意になっていましたね。
分かりにくいところはバックナンバーで細目を見直してください。
それでも分かりにくいところは、遠慮なくご質問ください。

夏の肌をどう過ごさせるか。
トラブルを改善し、美肌が育つベース(土台)を作れるか、余裕のある夏にベース(土台)を食いつぶすか。
あなたの“夏のケア”が決め手になっています。
あなたの肌にとって、ぜひイイ夏にして下さい。

S》》 ハイ、今日の授業はこれまで。
 
 

コメントは受け付けていません。