フォトフェイシャルの効果と注意点は?レーザーとの違いは?

フォトフェイシャルの施術イメージ

フォトフェイシャル、様々な名称や種類が紹介されています。ある種の光を肌にあてて、効果を期待するメニューですが、一般的にエステや美容皮膚科で施術していただけます。

では、このフォトフェイシャル、肌にとってはどうなのでしょう?今回は“Mamiko”さんからのご相談を元に講義を進めて行きます。

“Mamiko”さんのご相談

最近、友達がしみやたるみでフォトフェイシャルをしています。やったあとに、シミなどになってる部分がカサブタのようになり、取れるらしいのですが...シミが濃い部分はかカサブタも濃くでるらしいのです。これは、IPLといわれるものとは、違うのでしょうか?

日頃じっくり見ていないのか、一回だけではあまり違いがわからないのですが、やった本人はくすみが取れて、薄いしみは取れたといっています。

これは、危険なものではないのでしょうか?
有効性はどうなのでしょうか?

“Mamiko”さん、よいテーマをありがとうございました。

まず、IPL(=Intense Pulse Light)ですが、これは治療に使用される光の名称です。フォトフェイシャルの一種で、写真のフラッシュのような強い光を利用するので、このような名がつけられたのかもしれませんね。

フォトフェイシャルは、レーザーと似ているのですが、大きな違いを比較すると……

レーザー
  • 単一の波長の強い光を、瞬間的に肌へ照射して治療
  • フォトフェイシャルより強力な光を使用
フォトフェイシャル
  • 複数の波長(帯域の広い光)を照射して治療
  • 強い光だが、レーザー光と比べると、はるかに弱い

このようになります。引き続き、詳しく解説していきます。

レーザーとフォトフェイシャル、さらに違いを解説

レーザー

シミのイメージ画像

単一波長(単色性)なので、一定の光に反応する性質を持っています。赤っぽいシミなら、その赤っぽいメラニンだけを破壊する光です。また照射時間を調整することにより、効果を与える皮膚の深度まで設定できます。つまり、ターゲットが明確であるのが特徴です。

治療成果と確実性はフォトフェイシャルの比ではありません。ところが、強力な分、皮膚そのものはかなりのダメージを受けます。治療後の安静・養生を間違うと、さらにトラブルを広げたり、深くしてしまうといった大変なことになります。これは自己の責任ですね。

“Mamiko”さんのお友達の場合、カサブタができてシミが良くなったとありましたが、このレーザー治療も含まれていたのかもしれませんね。カサブタは治療による炎症跡です。

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルには、脱毛に使用する光もあれば、しわやシミ、あざなど、それぞれ帯域の違う光も含んでいます。

従って、レーザーのような強い光にはできません。そんなことをすれば、悪影響の方が多くなるからです。

強力な成果は望めませんが、リスクが少なくかさぶたも作らずに、ある程度の治療効果が期待できるというものです。もちろん期間と回数は長く多くなります。

ただ、リスクが少ないといってもかなりの熱なので、肌の状態によっては、カサブタができることもあるでしょう。カメラのフラッシュよりはるかに強い光です。しかし、通常は治療したその日から普通の化粧ができる、という優しさが手軽で人気を呼んでいるのでしょう。

光治療は、対処療法……シミがなくなるわけではない

レーザーも、フォトフェイシャルも、上の様な大きな違いはありますが、同じ光治療として分類されています。

「シミを治療したいがなかなかできない」という方には、期間はかかりますが、フォトフェイシャルが向いているのでしょうね。一方、「悩みが大きくて、どうしても」という方には、レーザーで確実に…というような使い分けが良いように思います。

しかし、忘れてはならないのは、いずれも根本治療ではないということです。

例えばシミの場合、光を照射することによって、肌に存在するメラニンが破壊され、無色化します。

ところが、シミを発生させているメラノサイトの動きまで止まった訳ではありませんから、以前と同じような肌管理をしていたら、直ぐに再発するのです。

一方、肌自らシミを治した場合、フォトフェイシャルよりも時間はかかりますが、再発の恐れはありませんし、その過程における美肌上の効果は計り知れないものがあります。

サッポー流、シミ対策については、こちらを参考に。

悩み別“肌が育つケア”『シミは、本当に消えるの?

イメージ画像

光治療は、短期的な成果を求める場合、優れたものと言えますが、長い視点での美肌づくりとはまた方向の違ったものです。細胞の寿命(老化の早まり)に及ぼす影響などの結論はまだ出ていませんが、短くなるであろうことが推定されています。

しかし、悩みが深い時は、それを超えた価値もあるというものです。とにかく今のシミを見えなくして、一方で肌自身がシミが出来ないような努力を併行するという方法もあります。

美肌を目指すと言うより、悩みを先に解消したいと考えたスキンケアですね。サッポーの見解としては、悩みの深刻さに応じてこのような治療を受けるかどうかの判断をすべきだと考えます。

但し、炎症性のニキビや赤みなど、肌に敏感さがある場合は例外ですよ。失敗すれば、どんな危険が伴うか分かりません。敏感さを脱出し、ある程度良い状態が続いてから、受けましょう。

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • レーザーやフォトフェイシャルは、根本治療ではない
  • 時間がかかっても、シミの根本解消は、肌にしかできない
黒板に注目!

編集後記

レーザーやフォトフェイシャルというと、まるで悩みが解消するような期待を寄せてしまいますし、その気持ちはよく解ります。

でも、それを根本からやってのけるのは、あなたの肌だけ!なのですね。

「サッポー美肌塾」第154号 / 2003年12月26日 発行


コメントは受け付けていません。