肌の声を左右するダメージ…酸化

“酸化によるダメージ”…聞き慣れない言葉でしょうか。
スキンケアの説明や案内で、あまり使用されない言葉かもしれません。

でも、とても大切な知識です。美肌が育つ上で大きな影響を与えているダメージなんです。
紫外線や乾燥に並び、肌の老化三大ダメージの一つに数えられています。

しかし、あまり取り上げられることがないのはどうしてでしょう。

 
 
《《B
B子
簡単! 酸化ダメージは優しいダメージなのよ。
知識として知っていたら、ほとんど気にしなくていいんじゃないの?
《《A
A子
B子さんは楽天家なのね。
羨ましい。若いから?
子供ができてからの私、心配性になったのかしら?
《《C
C子
B子の場合は “盲(めくら)、蛇に怖じず” なんだよ。
その内に、若シミを作ってから本気になるのさ。
《《B えっ!シミは紫外線じゃないの?
S》》
サッポー先生
ハイ、授業を始めましょう。
 
 

肌の声を左右するダメージ…酸化

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

鉄が錆びるのが酸化でしたね。
皮を剥いたリンゴの切り口が赤茶けるのも酸化です。
酸化とは、物と酸素がくっついて変質していく現象をいいます。
もっと端的に言うと酸化とは破壊だと言えます。

私たちの肉体は60兆もの細胞でできていると言われますが、これら細胞の酸化が老化であり、ガンや脳卒中、心筋梗塞など死因のトップを占める病気だけでなく、ほとんどの病気がこの酸化による細胞破壊が引き金になっています。

しかし、酸化を単に破壊と捉えると、誤ります。
私たちが生きているのも、この酸化作用に支えられています。
酸化はエネルギー代謝の元です。
呼吸から、食物の消化吸収..、そしてエネルギーに変えていく生命活動、これも酸化作用によって可能になっているのです。

……話しが拡がり過ぎですね。肌にとっての「酸化」に戻しましょう。

酸化ダメージは、美肌づくりを損ねる最も大きな影響を与える、恐い存在です。
ところが、紫外線や乾燥ダメージと較べると、あまり話題にされません。
肌にとって、酸化によるダメージは目立たない存在なのでしょうか。
そんなに気にしなくていいものなのでしょうか。

とんでもありません。肌を老化させている三大ダメージの一つです。

酸化ダメージが肌に与える悪影響の性質と特徴をよく知っておかないと、この恐い酸化ダメージの悪影響を、気づくことなく受け続けていることになりかねません。
感覚的に捉えにくいため、案内や説明が営業向きではないだけです。

ワンランク上を行く美肌を目差すために、酸化ダメージは必須の知識です。

 
 

肌にとっての酸化ダメージ

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

酸化ダメージの元は、全ての細胞の細胞膜が脂質、それも酸化しやすい不飽和脂肪酸で、できていることにあります。
細胞膜が酸化して機能を失っていくと細胞内の活動が衰退します。
さらに、細胞そのものが劣化、果ては機能しなくなっていきます。

美肌塾がテーマにしている“肌”も細胞の集まりです。
そしてやっかいなことに、酸素はあらゆるところに存在します。
皮膚を取り巻く空気中には酸素がいっぱいだし、皮膚細胞組織そのものにも酸素はギッシリと使われています。

このような中で酸化しやすい細胞膜を護ることができるのでしょうか。
もちろん、できません。
酸化する度合いを減少させることが成果です。
肌が育つ力より小さな破壊”に押さえておくことが求められています。

ではどうすればよいのか。
酸化ダメージを二つに分けて見ていくと、解りやすくなります。

  • ラジカルな酸化ダメージ…活性酸素
  • ソフト(?)な酸化ダメージ…普通の酸素
 
 

活性酸素のもたらすラジカルな酸化ダメージ

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

活性酸素とは何かが原因で電子を一つ失い不安定になった酸素のことです。
フリーラジカルという名で呼ばれるように、とても過激な暴れん坊です。
この状態の酸素は、すぐさま何かにくっつき安定しようとします。
つまり、酸化させるわけです。

この酸化が光のような速さで行われるため、強い破壊力になっています。

どうしてこのように不安定な活性酸素が発生するのかを知ると、適切な対策が見えてきます。

▼ 生命活動である代謝過程で活性酸素が恒常的に発生している
(吸った空気中酸素の約2%が活性酸素に変化する)

これはもう、ある程度しかたないことです。
取り入れた酸素の98%は有効活用されて、わずか2%だけ活用に失敗して悪玉酸素になっているのですから、責めるわけにいきません。
また、私たちの体内で作られる活性酸素を安定化させるSOD酵素の働きが、悪影響を和らげています。
活性酸素が細胞膜を酸化させる前にこの酵素にくっついて、細胞膜の酸化を防いでくれているのです。
ところが、この酵素の生産は40歳頃を境に、急速に減少していきます。
身体も肌も、老化が進行しやすくなるわけです。

それで、このSOD酵素に代わるものとして、抗酸化作用を持つものはないのかといった食べ物捜し、栄養素捜しが始まるわけです。

▼ 抗酸化物質(=スカベンジャー)を含む食品・栄養素

抗酸化物質として有名なのは、ビタミンCやビタミンEが代表です。
しかし、抗酸化物質にも働き場所があります。
これを知らないと、せっかくの対策が効果を上げていないことがあります。

水溶性のスカベンジャー……ビタミンC
細胞と細胞の間で活躍します。レモンやトマトにキウイ…ブロッコリー、その他。
食事からだけでは不足がちなので、サプリメントでの補強をお勧めします。
脂溶性のスカベンジャー
これらは主に細胞内で活躍します。
ビタミンE・βカロチンの説明は省略。
ゴマリグナンはゴマに、リコピンはトマトに多く含まれているスカベンジャーです。
両溶性のスカベンジャー
ポリフェノール類は、細胞膜上及び細胞内外でも活躍する、オールラウンド且つ強力なスカベンジャーであるところから注目されましたが、水溶性のビタミンCと同じ弱点を持ち、活躍できるのは摂取して2~3時間。
それに対し、活性酸素は24時間発生し続けています。
幸いなことに、ポリフェノール類は植物性の食品ほとんどに含まれている栄養素なので、食事毎に多種類の植物性食品をとることを心がけることです。

「これが良い!!」といった狭いこだわりで、抗酸化対策は大丈夫と思っていたら大きな間違いです。
広く偏食のない豊かな食生活を維持することが、活性酸素対策にはベストなのですね。

対策として抗酸化作用のある微量栄養素を取り上げました。

もう一つの対策としては、「活性酸素の発生を増やしている原因を少なくするのが、元を絶つのだから有効だろう」という視点です。
ところが、ここによくおちいる落とし穴があります。

▼ 代謝活動の過程で活性酸素発生をさらに促進しているもの

  • 呼吸
  • ストレス
  • タバコ
  • 飲酒
  • 紫外線
  • スポーツ・運動
  • 大気の汚染
  • ウイルスや細菌
  • 医薬品

……等々が挙げられ、それぞれに説明がされるわけですが、「紫外線」を除き、簡単によい方策が実現できるものはありません。
「ウン、そうだなー」と納得している内に、「仕方ないか…」と、何もできないことに妙に安心して落ち着いてしまいがちです。

半端な知識がかえって弊害をもたらす…といったところです。
上に挙げたものよりも、十倍も二十倍も活性酸素の発生を促進しているものがあります。

● 腸内悪玉菌による異常発酵が生む毒素

様々な病気の原因としてよく取り上げられているのですが、活性酸素の弊害を並べる時には、意外なほど触れられていないことが多いように思います。
しかし、これが最大の活性酸素発生を促進している犯人です。

対策は、善玉菌として有名なビフィズス菌など、乳酸菌類の腸内勢力を増やす食生活をすることにあるのですが、ここでテーマにする余裕がないのでまたの機会にします。
とにかく、快食快便の健康生活を送ることが、活性酸素の発生を抑制する最高の対策です。

以上、活性酸素がもたらすラジカルな酸化ダメージと、その対策について案内しましたが、これは身体全体(もちろん肌にも)に影響を与えているものでした。
しかし、肌には特別ラジカルな酸化ダメージが待ち受けています。

 
 

肌にとって最悪の活性酸素をもたらすのは紫外線

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

紫外線が持つ破壊力の源は、活性酸素を発生させることによる酸化破壊だったのですね。
紫外線によるダメージのことを、酸化ダメージとは言いませんね。
しかし、紫外線こそ酸化ダメージそのものなのです。

ここで紫外線ダメージを詳説すると、このシリーズ(肌の声を左右するダメージ)の最初の講義と重複するので、ここでは簡単に酸化という視点からのみにしておきます。

▽ 肌が活性酸素の害で最も注意すべきは紫外線

紫外線の酸化作用は、驚くべき力で地表の存在物全てに影響しています。
このダメージを一身に引き受けているのが肌というわけです。
遮るものがなければ、真皮層の中まで侵入して、全てを破壊していきます。

▽ 紫外線による酸化破壊の進行は驚くほど早い

素肌で日を浴び続けるとわずか20~30分で肌が炎症を起こし始めているのを視認できます。
太陽が相手ですから、無限に活性酸素が作られ続けます。
対抗する体内のスカベンジャー(抗酸化物)など、一瞬で消費されてしまうからです。
活性酸素は発生した瞬間に消え去ります。
“消え去る”とは対象物に取り憑いたということ。
酸化させたということです。

▼ 紫外線対策は一に防御、二に防御

紫外線が引き起こす酸化ダメージに関する限り、身体の中からの防御など通用しません。
一にも二にも、肌に紫外線が直接あたることを防ぐことです。

“紫外線”気になる方はバックナンバーを見直してください。

 
 
S》》 肌にとっての酸化ダメージで、最も注意すべきは紫外線です。
しかし、紫外線は適切に防御していたら、そんなに恐いものではありません。
特に現代において紫外線の怖さは十分に周知され、対策するグッズや製品も揃っています。
外からのケアは皆さんの心がけ次第、ということのようです。

皆さんの心がけが十分ということを前提にすれば、ラジカルな活性酸素による酸化ダメージについては、むしろ肌内部で起きている酸化に対する対策がポイントのようです。
つまり、食生活ですね。

S》》 しかし、酸化ダメージにはもう一つありましたね。
▼ ソフト(?)な酸化ダメージ
活性酸素が急進的で過激な破壊をする酸化ダメージであるのに対し、通常の酸素による酸化はジワジワと進行します。
でも、同じ酸化ダメージです。
ソフトなダメージ進行なのですが、実はこれが恐いのです。
S》》 続きは次回ということにしましょう。

ハイ、今日の授業はこれまで。

 
 

コメントは受け付けていません。