洗顔後の肌に、白いものが……!?

イメージ画像

今回取り上げるのは、タイトルにある洗顔後の肌に現れる「白いもの」についてです。

肌が育つケアを始められた方だけでなく、まだ本格的に始められていない方からも数多く相談を頂いております。

誰にでも起こりうるこの現象は、一歩対処を誤ると、肌が育つチャンスを知らず知らずのうちに逃してしまうことになるのです。

相談室にお寄せいただいたYumiさんの質問を基に「白いもの」について解説していきます。Yumiさん、よいテーマをありがとうございました。

アカかカスのような白いものが?…Yumiさんのご質問

Yumiさんのご質問・相談

「白いもの」のイメージ画像

洗顔をしてタオルで水気をとったあと、アカかカスのような白いものが肌についているのですが、これは何なのでしょう。アカスリの時にでるアカの白いバージョンといった感じのものなんですが……。

こすったり、力を入れたりせずに優しく洗顔しているのにこのようなものが出るので心配です。もしかして、乳液がカスになっているのでしょうか。今のところ何も対策をしていません。

肌が育つ途上で現れる白いのは肌改善の証し…“相談室”からの回答

スキンケア相談室からのアドバイス返信

今のところ何も対策をしていません。

それでいいのですよ。何もしなくていいのです。これらが出ないようにごしごし擦って洗うなどは決してしないでくださいね。またタオルでゴシゴシもしてはいけませんよ。

ご覧になっている白いものとは巨大な(たくさんの)角質細胞の塊です。乳液ではありません。

垢と言ってもいいですが、垢になる前の角質と言った方が角質に失礼でないような気もします。水でふやけた状態の角質で、タオルで肌を押さえ水分を吸い取ると白っぽい垢が肌についているように見えます。垢になりきっていない未熟な角質達の集まりで、まだ肌とつながっているのです。

しばらくして肌が乾くと、小さく小さくなって、ほとんど見えなくなります。何が起こっているのでしょうね。

これは、未熟化が亢進していた肌や角質剥がしを平気でしていた肌が、角質を大切にする洗顔やスキンケア(=肌が育つケア)を始めると必ず発生する現象です。

角質が速いテンポで剥がれていた肌は未熟な角質で作られた肌になっています。ところが、角質を大切にするケアに変わったことで、未熟な角質達が、もう一日長く肌に留まるようになるために現れる現象です。これは肌が育つ成果の現れ始めた証しなのですね。

今までのケアだと、剥がれそうになっていたものは、洗浄力や摩擦などで、残らず剥がされ洗い流されていたのです。それが今、肌に残りかけているのです。角質塊の一部は肌につながり、一部は肌から離れているという中途半端な状態で、見映えは良くないのですが、育った角質が角質層の多くを占めるようになるまで、しばらくこのような状態が続きます。

サッポーは肌が育つケアの『過渡期の現象』と呼んでいます。

垢がボロボロ・白いプニョプニョ・トゲのような角栓

だいたいの様子はお解りいただけたでしょうか?
おさらいのために少し言い換えてみます。また類似の現象も紹介していきます。今から肌が育つケアを始めようと思っている方も、心得として抑えておきましょう。

肌が育つケアを始めると、今までどんどん剥がれていた角質が肌に残るようになります。しかし実際には未熟な角質達ですから、傷みやすいため半分剥がれそうになっているのです。これから表へ出てくる角質達も当分の間は未熟な角質達ばかりですから、同じような状況がしばらく続きます。

垢がボロボロ!?
垢が出るからと顔をこすっていませんか?

肌が育つケアを始めたある日、お風呂の湯に浸かり何気なく指で顔の肌を擦ったら、ボロッと垢がよれて取れた!慌てて他の部分も恐る恐る擦ってみたらボロボロ取れる!?

「わぁーっ大変!垢だらけ?」などと、不安になって洗い直す人もいれば、垢すりでもするように、擦り落とすことに夢中になる人もいます。しかし、このようなことをすると、元の木阿弥(もくあみ)です。

先ほどのYumiさんのケースと同類の現象なのですね。

白いプニョプニョが!?…こんな例もあります

洗顔後の毛穴のあちこちに、白いプニョプニョしたものが!?なんだろうということで、気になりタオルで擦ってみたらきれいになった。やっぱり何かついていたのだ。これからはきちんと洗うようにしよう。…というように角質剥がしに戻ってしまう人がいます。肌が育つケアから遠ざかる行為です。

白いプニョプニョが、トゲのような角栓に育っていく!?

毛穴に白いピンピンとしたトゲのような硬い小さな突起がたくさんできる。これが角栓か?これに皮脂や油脂、さらに汚れがついて大きくなっていくの?昼間はそんなに目立たないけど、湯船に浸かっているとふやけて白いプニョプニョが目立つ。

「うーん、この角栓は無理にでも取るべきか、取らないべきか……」なんて悩むかもしれませんが、絶対に取らないでください。取らないでいつも通りのケアを続け、いつの間にか小さくなり、そのうち消えてしまう……これが成功パターンです。

代表的な3つのケースを紹介しましたが、どの程度の未熟肌から肌が育つケアをスタートするかによって、いろんな角質の現れ方があるのですね。

ただし、いずれの場合も正しい知識がないと、ほとんどの方がこの「白く見えるもの」や角栓が乾いた時の「ザラザラブツブツ」に対しては取り除く行動を選択しがちです。これではいつまでも、これらトラブルが起こり続けます。肌(角質)が育たないからです。

程度により改善の期間は様々ですが、見映えや肌の感触を余り気にしては失敗します。今少し肌が育つまでの過渡期の現象、好ましい気持ちにはなれないが良い傾向なのだと考えましょう。忍耐の時です。

肌が育つケアに切り替えると、未熟化が進行していた肌には、このような付き合いたくない現象が現れます。見栄えの悪さがもたらす不安やストレスと闘わなければならない時が訪れます。

肌が育つ途上にはこのような現象が起こることを、しっかり知っておいてくださいね。知ってさえいたら、間違ったケアに迷い込まずにすむのですから。

下記のページも読んでみましょう。
肌が育つケアや過渡期の現象について理解が深まりますよ。

参考:「肌が育つケアの壁!?“過渡期の現象”」

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • 垢やプニョプニョ、角栓も、角質の一形態
  • 肌が育つ途上に、見栄えの悪い時期が訪れる
黒板に注目!

編集後記

サッポーの“肌が育つケア”に取り組んだ人なら、経験する可能性が高い『過渡期の現象』をテーマにしました。

今回の相談者Yumiさんは、スキンケア相談室を利用したことで、安心して今後のスキンケアも続けていかれることでしょう。でも、相談をせず、過渡期の現象も知らず、無理に取っていた人も意外に多い!?本当によく見られるケースなので、この減少はぜひ知識として持っておいてくださいね。

「サッポー美肌塾」第223号 / 2005年6月10日 発行


コメントは受け付けていません。