太陽と風が美肌を育てる

 
 
S》》
サッポー先生

こんにちは、サッポーです。

今回の内容は、
「太陽と風を受け、健康な美肌を目指そう。」
というお話です。

S》》

「えっ!?いつもの‥サッポーの話と違うのでは?」

その通り、違っています。

S》》

紫外線は大きな破壊力を持つダメージであり、風は肌を乾燥させる元凶です。
ところが、視点を変えると、太陽も風も肌にとって素晴らしい効用があることが判ります。

S》》

限られた範囲の話ばかりしていると、何かとても大切なことを忘れているのではないか……この様な危惧を感じました。
だって、美肌塾の読者が「太陽にあたらず、風の中で行動しない生活が良い」なんて思うようになったら、これはサッポーの本意ではありませんからね。

 
 

太陽と風が美肌を育てる?

 
 
S》》

サッポー美肌塾にても、敏感肌のお話を何度か致しました。

アレルギー、アトピー、炎症ニキビ、湿疹、赤み、ぴりぴり、ヒリヒリ、かゆみ、つっぱる肌……等々、些細なものまで含め、肌を敏感だなと感じることがある方はとても多いようです。

S》》

以前に集計しておりました、サッポーのお客様から頂いた20万人を越える肌についてのアンケートにおいて、約7割近くの方が「敏感~敏感なところがある」肌質だと見ておられました。
これは驚くべき割合ですね。
でもそのおかげでこのサッポー美肌塾も、話の種が尽きません。

S》》

しかし、サッポーが詳しく見たところでは、本当の敏感肌は10%はおろか、5%にも満たないのではと考えております。
これはいったい、どういうことでしょう。

美肌塾読者の方々の集計をしても、きっと同じ結果だと思いますから、読者の6割以上は、敏感肌ではないのに敏感肌だと思っている‥と推定されます。
逆に言うと、残りの敏感肌ではないと思っている30%弱の方々だって、いつ「あれ、敏感肌では!?」という状態に陥らないとも限りません。

S》》

そうなんです。
敏感肌~敏感な肌状態というのは、ほとんど全ての読者に訪れることですよ……というお話です。
それも困ったことに、その様なきっかけから、本当の敏感肌になりきってしまう方もいます。
また頻繁に過敏な状態が訪れる肌になったりもします。

S》》

つまり、現代人は免疫システムの不調を起こしやすくなっていると言えましょう。

この対策が、「太陽と風に親しみましょう」‥という内容なのです。
太陽と風が敏感肌を作らない決め手になっている‥というのです。
太陽と風が健康で美しい肌を育てるポイントだよ‥というお話です。

S》》

ハイ、見ていきましょう。
眉に唾を付けなくていいですよ。

 
 

太陽は厳しい破壊の光であり、私達を育む慈愛の光でもある

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

▼ 朝目覚めたら、窓を開け、太陽の光を目に入れる

直射日光でなくて良いのですよ。
明るい陽光を眼にするのです。
一日のリズムがこれによって決まります。
この後14・15時間経過すると、眠くなってきます。
朝の太陽光が覚醒・睡眠の安定した一日のリズムを作り、日々リセットしてくれているのです。
体内時計という言葉を聞いたことがありますね。

知ってましたよね。
それならもう一つ、セロトニンやメラトニンってご存知ですか。

脳の奥深くにある松果体からメラトニンというホルモンが分泌されます。
夜間にたくさん分泌され、睡眠を促し、身体を休ませています。
そしてこのメラトニンの原料となっているのが、セロトニンという神経伝達物質です。
セロトニンは極めて重要な働きをしています。
私達の神経や心、そして肉体の興奮を抑え、穏やかな覚醒した状態を作っています。セロトニンが少なくなると鬱状態になります。
このセロトニンは太陽の光が目に入ることによって作られているのです。

朝に目覚めて、明るく晴れていたら何となく嬉しいですね。
元気が出てきます。
朝に太陽光を浴びることは、確かに心と体のリズムを整えているように思えますね。

でもこれだけでは、それがどうした?って話です。

▼ 明るい昼間にも15分以上、出来れば30分、太陽の下で過ごす

セロトニンは上に挙げた穏やかな覚醒した状態を作るだけではありません。
また睡眠や覚醒のリズムをコントロールするだけでもありません。
食欲、生殖、運動、体温、呼吸、消化、心臓などにも密接に関わっています。
肉体が健康であること、引いては精神的にも健康であることに大きくかかわっているのがセロトニンです。

肌の健康や美肌と直接関係しないようですが、そうではありません。
続きがあります。
眼からはいる太陽の光が視床下部を経て脳幹の縫線核というところでセロトニンを作り出すのですが、この視床下部こそ身体全体のホルモンバランスをコントロールしているところに他なりません。

ところが、肉体的ストレス、精神的ストレスが大きくなると、ホルモンバランスが崩れ、免疫システムが機能低下します。
身体の好不調に大きく影響します。
もちろん肌の安定性も損なわれるというわけです。
過敏に反応しやすい肌状態に陥る、バックボーンとなるものです。

日々生活する中で、様々なストレスを受けるのは当たり前と考えた方が、自然です。
これらのストレスに抗する上で、セロトニンは肉体的にも精神的にも重要な役割を果たしています。

朝の目覚めの時だけでなく、強い光のある昼間に、15分~30分、戸外で目に光を感じさせることが、ホルモンバランスを整え、免疫システムを正常に維持するというわけです。

太陽の光は、恐い厳しい破壊の面と、私達を育み命を与える慈愛の両面を持つもののようです。

 
 

外気が自律神経を整え、副腎を鍛える

 
 
S》》

“自律神経”というのはよく聞く言葉ですね。

自律神経には交感神経と副交感神経があって、それぞれ拮抗する関係で作用し、身体を統御している。
自律神経は身体のあらゆる臓器・器官(皮膚もそうですよ)に及び、それらを支配している。
……この様に説明されています。

「交感神経は興奮させ、活発化させる。」
「副交感神経はリラックスさせる。」
……等といった何となく判りやすい説明もあります。

S》》

例えば、体温調節機能を支配しています。
呼吸機能、血液循環機能、消化吸収、排泄……からだが持つ全ての機能に及んでいます。
全てといっても私達の意のままにコントロールする機能ではなく、意識することなく働いている機能のことですね。
とにかくあらゆる病気や障害に関係していると見て良いでしょう。

S》》

えっ、肌と関係あるのかですって?

もちろん、あります。
いつもポイントとなる説明が後になるので、サッポーの解説は読むのに疲れるなんて、時々お小言を頂戴します。
もう少し辛抱してくださいね。

S》》

自律神経が支配するものに、ホルモンを分泌している内分泌腺支配がよく知られていますが、それだけではなく、どうも免疫システムをも支配しているようなのです。
支配するだけでなく、逆に影響を受けている面も大いにあるようです。

S》》

ホルモンバランス、免疫システムに影響しているとなると……身体の恒常性を維持する重要な仕組みですが、同時に肌との関係も見えてきます。
シミ、ニキビ、炎症、皮膚湿疹、赤み、過敏肌……ほらね、いくらでも肌に関係するトラブルが出てきました。

S》》

この重要な生命維持システムと言える自律神経システムが正常に働き機能していることは、肌にとってもすこぶる重要なことなのです。
ところが肌が命にかかわる問題を起こすことが少ないため、余り注目されないだけなのですね。
肌から見ると、自らの健康を支え、美肌作りの背景となる根幹システムであることに違いありません。

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

▼ 外気に触れることが自律神経システムを正常に整えているキー

この自律神経の働きを正常にしてくれるのが、外気に触れることなのです。
とても簡単ですね。

  • 外気とは風です。
  • 外気とは暑さです。
  • 外気とは寒さです。
  • 外気とは明るさ・暗さです。
  • 外気とは予測できないものとの出会いです。
  • 外気とは緊張とリラックスをもたらすものです。

つまり、自然の刺激に触れることが自律神経を鍛え、正常に機能するシステム維持の秘訣になっているというわけです。

自律神経システムが本来の機能を維持し働いていると、ホルモンバランスも、免疫システムにも良い影響を与えていることになります。
健康な美肌作りにはとても大切なバックボーンであるわけです。

現代における日本人の生活は、外気に触れることが少なくなりました。
職場においても、家庭においても冷暖房システムが整い、環境が一定に維持される空間での生活が多くなっています。
快適な環境には違いありませんが、その様な快適さだけに身体や心を馴染ませてしまってはいけないようです。

戸外での生活場面を意識して確保し、自律神経が大きく揺さぶられる生活パターン、生活習慣を持つことが大切です。
スポーツも良いですし、散歩するだけでもいいのです。

▼ 外気に触れることがアトピーっ子、アレルギー肌の増加を防ぐ

この20~30年ほどの間にアトピーっ子の激増が話題になり、現在もその傾向は止まりません。
この様なアレルギーによる皮膚症状に悩むのは子供ばかりではありません。
成人した大人においても激増しています。
治療にはステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)が多用され、効果を上げていますが、同時に非常にリスキーな面も持っています。

アレルギーによる炎症を鎮め、ターンオーバーが早くなり肌の修復を早めてくれます。
肌はきれいになりますが、同時に未熟な細胞の肌になっています。
一歩間違うと恐い局面を招くのはこのためです。
また、この様な成果は免疫機能を抑制することによるものであるため、長期使用や間違った使用は取り返しのつかない肌状態に追い込みやすくなります。

ステロイドホルモンは薬として使用するのではなく、本来、副腎で作られ、総合的なホルモンバランス、自律神経系システム、免疫系システムの調和されたシステムの中で機能すべきなのです。

副腎は寒さ刺激によって働き、活発化します。
小さな子供の頃から、外気に親しませ、自然の持つちょっと厳しいゆりかごで遊ばせることが、副腎機能を鍛え、様々なアレルギー症状の発生を減少させていきます。

 
 
 
 
S》》

今回はここで終わらせて頂きます。
太陽と風、違った面が見えてきたでしょうか。

S》》

太陽と風との正しいつきあい方、方向が見えてきましたら幸いです。

免疫システム、自律神経システム、内分泌システム……この関係にはまだまだ面白いところがたくさんあるのですが、またの機会にしましよう。

S》》 ハイ、今日の授業はこれまで。
 
 

コメントは受け付けていません。