ドライ&オイリー —肌の悩みと「肌が育つケア」

 
 
S》》
サッポー先生

サッポーです。

様々な肌の悩み ⇒「肌が育つケア」……戦略・戦術となる視点
今回のテーマは、「ドライ&オイリー」

  • オイリードライ(インナードライ)な肌
  • 皮脂や汗が過敏・過剰な肌
  • 混合肌

このような肌の悩みについて、「肌が育つケア」の視点で、継続して効果があるケアは何か確認していきましょう。

まずケアの正しい戦略・戦術を固めることです。

 
 

乾燥肌・脂性肌……様々な肌の状態を表す表現

 
 
S》》

ずーっと昔から使用されているのは、乾燥肌脂性肌といった言葉ですね。
でもこれでは表現不足だということで、オイリードライなどという表現が用いられるようになりました。
「脂性肌なのに、乾燥肌なの!」
これでは使いにくいからでしょうかねー。

「オイリードライな肌」……なるほどこちらの方が、いかにもそれらしくって良いかもしれません。
これと同じ状態の肌を「インナードライ肌」と名付けたコピーも随分前から登場しています。

「それなら、皮脂や汗でべたつきやすい肌はなんて言うの?」

「インナードライ肌とはまた違うの?」

S》》

うーん。そういえば、汗や皮脂が過敏で直ぐにべたつく肌について、便利な言葉(表現)はまだ創造されてないようです。
あっても良さそうに思いますが、残念ながら、サッポーは知りません。

でもなるほど、インナードライな肌には、皮脂や汗が過敏・過剰でべたつきやすい肌は多いと思いますよ。
でも少~し違うのですけどね。

「それなら、混合肌とインナードライな肌の関係は?」

「べたつきやすい肌と混合肌の関係は?」

S》》

……。

S》》

……次第に説明しづらくなってきましたね。
いや、説明は出来るのですよ。
でも良く考えてみたら、説明するのが面倒ですね。
肌の数だけ様々な肌状態があるわけで、特定の肌状態に名前を付けていくと便利になるようだけど、逆に混乱するだけのような気がしてきましたよ。

乾燥肌と脂性肌があれば普通肌だってあるべきだし、混合肌も必要になってくる。

「……脂性肌と普通肌の境界はどこにあるの?」

「……インナードライ肌はどこに位置するの?」

S》》

ほらね、終わりのない話です。
でもある程度分類しないと、スキンケアの話など出来なくなります。

S》》

ここはサッポーの「肌が育つケア」の視点で肌を見ていくことにしましょう。
収拾がつかなくなりそうな様々な肌も、割合すっきりと見えてきます。
どうしたら改善できるかの道筋が明瞭になります。

 
 

ドライ&オイリー

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

▼ 脂性肌(オイリー肌)

「オイリーな肌(脂性肌)」とはどんな肌をいうのでしょう。
皮脂が比較的多い肌のことですね。

それでは、脂性肌は肌質でしょうか?
まずここが押さえておきたい点です。
脂性肌の半分は肌それぞれの個性で、天性の性質というべき肌質です。
しかし、もう半分は、作られた肌質、作られた脂性です。
さらに踏み込んで言うならば、悩むような脂性肌はまず作られた肌質だと思って間違いありません

作られた脂性なら、変えることが出来るはずです。
表皮細胞層を構成している細胞一つひとつが未熟な細胞で出来ているため、バリアー能が弱く、この弱さをカバーするため、天性の肌質である、脂性度をちょっぴり過剰に発揮しているだけなのですから。
肌としては、肌のアンバランス(不備)を補うために、正しく働いているだけなのですね。

「それなら、どうしたらよい?」

一つひとつがよく育った細胞で肌を作り直せばいいわけです。
バリアー能は高くなり、皮脂を過剰に分泌する必要はなくなるので、脂性肌に悩むようなことはなくなります。
皆さんはどのようなケア対策をしていましたか?
べたつきやすい肌、皮脂の多い肌対策は様々に言われ、様々な化粧品の利用が勧められ、様々に対処されてきたのではありませんか?

でも根本的な解決は、育った肌を作ることにあります。
肌の育ち具合が皮脂をコントロールしているのですからね。

「それでは、育った肌に作り直す方法は?」

それはサッポーの「肌が育つケア」と言うことにしてください。
ここでその詳細をお話ししていたら、講義が終わりません。

▼ 乾燥肌

次に、「乾燥肌」とはどんな肌を言うのでしょう。
乾燥肌は判りやすいですね。
そのまんま乾燥しやすい肌のことです。
もちろん既に乾燥してカサカサ・ガサガサする肌も乾燥肌に違いありません。
要するに、乾燥した環境に肌をおくと、通常より早く乾燥の影響が現れる肌のことです。
つまり肌の水分が逃げやすい肌です。

肌の水分が逃げやすい肌、つまり、水分が蒸散しやすい肌とは生まれつきの肌質でしょうか?
……はい、乾燥肌も天与の肌質である部分と、作られた肌質である部分があります。

生まれつきの乾燥肌質とは、皮脂の少ない肌です。
つまり乾燥から肌を守る皮脂が少ないので、水分が蒸散しやすいわけです。
日々作られている肌細胞に違いがあるわけではありません。
このタイプの乾燥肌質に対するケア対策は簡単です。
乳液やクリームなどの油性化粧品を適当につけることさえ忘れなければ、悩みとなるような乾燥肌状態に発展することはまずありません。

生まれつきの乾燥肌質には、もう一つのタイプがあります。
アトピー性の皮膚です。
肌細胞の中に、一定割合で、とても未成熟な細胞が混在している肌です。
未成熟な細胞があるとピンポイントで隙間が出来やすくなります。
未成熟な細胞の周囲にはセラミド等の脂質形成が不足するためです。
所々穴の空いた蓋のようなものです。
このような肌質のケア対策も、皮脂不足の乾燥肌質と同じで、油性化粧品の適切な使用がもっとも影響を与える大切なケアになります。
この点において適切なケアがされている限り、アトピー肌体質だからといって、乾燥肌の悩みがそう特筆するような悩みになることはありません。

「ほんとに?それなら、乾燥肌で悩む人はとても少ないはず!」

そのはずなのですが、困ったことに、乾燥肌に悩む人は、予想以上に多いのが現実です。
オイリー肌同様に、乾燥肌に悩む肌の大半も作られた乾燥肌質なのです。

「ふーん。それでは乾燥肌質はどのように作られたの?」

これが不思議なことに、作られた脂性肌と同じです。
肌を作る細胞一つひとつが未成熟なままに完成し、ターンオーバーが繰り返されることによって作られています。
作られた乾燥肌質も、作られた脂性肌質も、未成熟な細胞で作られた肌であることが根本にある原因なのです。

もちろん自然にそうなっているのではありません。
日々行うケアが、肌細胞の成熟にブレーキをかけるケアになっているのです。
肌が育たないように、育たないようにしている皆さんが居るのです。
このような意味で、乾燥肌は間違いなく、皆さんが作りあげたものなのです。

▼ 乾燥肌も脂性肌も同じ細胞の未熟化が原因だとは??

「うん?・・解ったようで解らない?何かおかしいな!」

「肌の細胞が未熟化したら、脂性肌か、乾燥肌か決まってないの?」

「同じ肌なのに、どちらかになってくれなくては……理屈が通らない」

「やっぱり、この説明には無理がある!(~o~)」

そうですね。
肌細胞が未熟化したら、ある場合は乾燥肌になり、ある場合は脂性肌になる、というのは不思議ですね。
でもホントは不思議でも何でもありません。
それには法則があるのです。

  • ⇒ 脂性肌質になる部分は、必ず皮脂線の発達した部位
  • ⇒ 乾燥肌質になる部位は、必ず皮脂線の未発達な部位

はい、これでいかがですか?
「あっ、なるほど」でしょう?
現れ方が異なるだけで、いずれも細胞の未熟化が背景にあるのです。

次のセクションを見れば、さらに理解が深まります。

 
 

オイリードライ(インナードライ)な肌

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点
  • “脂性肌なのに、乾燥肌”
  • “皮脂でべたつきやすいのに、乾燥しやすい肌”
  • “ある時はべたつき、ある時はカサカサする”
  • “べたつきを感じるのに、同時に乾燥してる感覚がある”

イヤー、これは何とも複雑な肌ですね。
別々の部分ではなく、同じ部位の肌が正反対の状態を示すのですからね。
このような肌について、様々に説明がなされ、様々なケア対策が読者の皆さんの知識にもインプットされているのではありませんか?
でもいつも、もう一つすっきりしなかった。
納得していなかった。
……そうではありませんか?

でも前のセクションの延長で考えると、解りますね。

≪オイリードライ(インナードライ)な肌≫

皮脂線の発達した部位に限って現れる現象。
つまり、Tゾーンであり、頬の一部だけに見られる現象。
乾燥肌と同じ細胞の未熟化が進行しているのだが、皮脂の存在に左右され、皮脂の存在が多い時は脂性肌を感じさせる。
皮脂が少ないと乾燥肌が現れる。
皮脂が多くなる夏季において、冷房空間で過ごすことの多い肌に顕著に見られる現象。
しかし、夏季に限定して現れるわけではない。
未熟化が進行していたら、一年を通じて見られる肌状態である。

細胞一つひとつの育ち度が高くなってくると、このような現象は消えてしまいます。

「なるほど、そうだったのか?」

「サッポーの『肌が育つケア』が根本的な解決になるわけが、よく解った。」

その通りです。ご理解頂けましたね。

「いや、ちょっと待って!混合肌との関係はどうなってるの?」

「例えば、Tゾーンはべたつくだけで、ドライということはないもの。」

 
 

混合肌

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

混合肌は定義しなくても、ご存知ですね。

皮脂線の発達した部位、Tゾーンの皮脂が活発で脂性を示すのに対し、こめかみを含めたいわゆるUゾーンは乾燥肌の状態です。

ところが頬は、人により脂性を示したり、乾燥肌であったりと様々なケースが見られます。
これはTゾーンがほぼ例外なく皮脂線が発達しているのに対し、頬の部位は皮脂線の発達度合いが人それぞれに異なっているためです。

混合肌の問題点は、その脂性度と乾燥度が次第に大きくなっていく傾向にあることです。
脂性部分はさらに脂性に、乾燥部分はさらに乾燥肌質になっていくのです。
つまり、混合肌は進行する性質を持つ?ように見えるのです。

「えっ?それは大変!」

混合肌の傾向は程度の差はあれ、どなたでも多少の傾向は見られるはずです。
しかし加齢と共に、混合肌が明瞭になっていくことを実感されている人は多いのではありませんか?

「その通り、次第に目立ってきたように思う。混合肌は進行するの?」

必ず進行するわけではないのですが、進行しやすいことは確かです。
でも、それは作られた混合肌なのです。
つまり、サッポーの「肌が育つケア」とは逆になっているケアに陥りやすいからです。
しっかり「肌が育つケア」を継続していたら、そうそう進行するものではありません。
ケア次第なのです。

そういう意味で、混合肌が進行した人は、全て作られた混合肌質ですから、これから十分に本来のバランスを取り戻すことが出来ます。
このように言うことが出来ます。
生まれつき、悩みとなるような混合肌の人はいないのですね。

ところが肌が育つケアが出来ずに、さらに肌の未熟化が進行するような肌管理になっていたらどうなるか、これがオイリードライ(インナードライ)な肌へと変化していく入り口なのです。

近年は、一年を通じて、乾燥した環境で過ごす女性が増えたためでしょう。
若くしてオイリードライ(インナードライ)な肌まで、一気に進行させている肌が増えました。

はい、これでオイリードライ(インナードライ)な肌と混合肌の関連はお判りいただけましたね。

 
 
 
 
S》》

オイリー肌、ドライ肌、オイリードライ肌、そして混合肌……と、代表的なケースを例に、その実態を見てまいりました。
いずれも、一つひとつの肌細胞の育ち度によってコントロールされていることが解りました。

S》》

このようなケースにおいて、どのようにケアしたらよいか迷った時、必ず今日の大きな視点を思い出してください。
根本的な解決、基本となるケアは、肌が育つところにあるのだということです。

S》》

世間には、全く逆のケア方法を進めているケースが見られます。
また、肌の育ちにブレーキをかけるケアに迷い込みやすい案内もよく見られます。
うん?と思った時は、「それで肌が育つのか?」と、問い直す習慣を持ちましょう。

S》》 ハイ、今日の授業はこれまで。
 
 

コメントは受け付けていません。