下地って何?

 
 
S》》
サッポー先生

サッポーです。

今回のテーマは「下地」です。

S》》

でも、「下地って何でしょう?」と尋ねたらあなたはなんと答えます?
「うん、それはね、えーっと、その……」と、なりませんでしたか?
何となくイメージで理解して使用しているように思うのです。

S》》

ある範囲で使用されているので、ある程度は定義できそうですが、どうも提供者側も消費者の側も、それぞれが思い込んだ(決めた)意味を持つ言葉として使用しているように見えます。

小さな混乱が起きているのだが気にせずみんなが使用している……これはちょっと問題ですね。

S》》

ということで、サッポーの講義にだけは混乱が起きないように、サッポーも勝手な思い込みで定義することに致します。

 
 

「下地=化粧下地」ならば、下地とは?化粧下地とは?

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

世間では下地と化粧下地は、ほぼ同じ意味で使用されているのが、大半のようです。

よって、サッポーも「下地」と「化粧下地」は同じ表現だと定義します。

化粧(メイク)をする前の下地(作り)という意味ですね。

しかし、問題はここからです。

“下地クリーム”という使われ方を時々見かけます。
でも“下地化粧水”というのは聞いたことがありません。
なぜでしょうね?

ところが一方で、「下地づくりの巧拙が化粧のりを良くも悪くもする」……などと解説しているのを時々見かけます。
どうも化粧水だって下地のようなイメージです。
サッポーもこのような使い方をしています。

どうやら、混乱の元はこのあたりにあるようです。

初めてサッポーをご使用になる方の相談において、時々お互いに違う意味で使用して相談のやり取りをしていることがあります。
混乱してることに気づかず相談を進めているのです。

これって些細なことのようですけど、スキンケア相談そのものが誤解の上に成立してしまうことがありますから、怖いですよね。
……話が逸れました。ごめんなさい。

さて、下地は大きく分けて二つの意味合いで使われているようです。

  1. ベースメイクとなるファンデーションの直前につける製品だけを下地という。
    下地クリームとか、日焼け止め下地クリーム……等々の意味合い。
  2. ベースメイクとなるファンデーションをつける前のケア全てを下地という。
    つまり化粧水も乳液もクリームも下地クリームも、全て下地づくりのためのアイテム、下地製品であるという使われ方。

皆さまは、1.と2.のどちらが判りやすいですか?
あるいはどちらが混乱が少なくて済むと思われますか?

つまらない質問をしました。
どちらの使われ方もあるのですから、どうしても混乱は避けられないのが現実というものですね。

しかし、いずれかに決めなければ、サッポーの講義が混乱します。

● ベースメイク前に行うケアを全て下地(作り・製品)という

サッポーはこのように定義して講義を進めてまいります。2.の立場ですね。
読者の皆さんもサッポーに合わせて下さいね。

でも、これって無理矢理決めているわけではないのですよ。
次の段でお話ししますが、下地の目的を考えると、矛盾が起こらなくて良いのです。
1は多少無理があるのです。

 
 

「下地=化粧下地」の目的は?

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

「下地=化粧下地」の目的は、世間で言われている目的をほぼ全部合わせたものになります。
だってそうでしょう。
「ベースメイク前に行うケアを全て下地(作り・製品)という。」ということにしたのですから、全部含まれてしまうわけですもの。

それでは世間で言われている目的にはどんなものがあるのでしょう。

  1. 化粧のりを良くする。メイクの乗りを良くする
  2. 化粧の持ちをよくする。てかりや化粧崩れを防ぐ

1.2.は同じような意味、裏表の関係みたいですね。

  1. ファンデーションの吸着をよくする

あれ?これも同じですね。

  1. 肌色をよく見せたり、肌の赤みを抑えるため
  2. 毛穴やキメを目立たなくし、肌を滑らかに整える
  3. メイクがキレイに仕上がるようにするため

これらも似たようなもの……ですね。

これなら、こんなにいろいろと目的を並べなくても、一言で済みそうです。
例えば、「化粧の見映えを良くするため」。
そうですよね。

  1. 日焼けを防ぐため
  2. 肌を保護する役目を果たす

やっと違った目的がありましたね。

でもこれ位でした。
一生懸命探してみたのですが、みんな上に挙げたのと似たような目的ばかりで、サッポーがぜひ付け加えたい目的が見当たりません。
きっとどこかにあるのでしょうけど。
サッポーは捜すのを諦めました。

サッポーが付け加えたい下地製品の目的とは、

  1. 肌が育つ環境を整え、その環境を維持する

というものです。
これを付け加えないと、どうしても下地という言葉を使う時に落ち着かないのです。

だってそうでしょう。

例えば、化粧のりや、化粧持ちをよくするのにファンデーションの直前につける下地製品だけでよくなるわけではないのですから。
化粧のりを良くし、化粧崩れを防ぎ、化粧映えのする肌を作るには、スキンケア全部が関わっているのですもの。

といっても肌は一日で育つわけではありません。
しかし、たとえその日のケアだけを考えても、化粧映えのする下地づくりをしようとすれば、洗顔から影響します。
化粧水や美容液による肌の保湿加減も大いに影響します。
例えば下地クリームだけが下地だと考えていたら、化粧のりの良い下地にはならないのです。
これでは日々のスキンケアに良い影響を与えないですね。

というわけで、サッポーが定義する下地作りの目的とは、

  • 狭義:化粧のり・化粧持ちを良くし、化粧映えするベースを作ること
  • 広義:化粧のり・化粧持ちが良く、化粧映えする肌に育てること

スキンケアの目的そのものになってしまいましたね。

サッポーは、「肌が育つケア」を一生懸命お伝えしようと努力しています。
しかし、使用する言葉の中で、ただ一つの単語の意味が共有されていないばかりに、話全体が伝わっていなかったという残念なことが時々あります。

私達が普段何気なく使っている言葉の中には、とても重要な役割を果たしている言葉(単語)があるように思いました。
そういうのをその時、その時のキーワードと言うのでしょうね。

 
 
 
 
S》》 ハイ、今日の授業はこれまで。
 
 

コメントは受け付けていません。