角質が貯まり、新陳代謝が悪くなって……

 
S》》
サッポー先生

サッポーです。

サッポーが推奨しております「肌が育つケア」は、別の観点から表現すると、「角質ケア」です。
もう少し丁寧に言いますと「育った角質に育てるケア」です。

しかし、読者の皆様になじみ深い「角質ケア」と言えば、古い角質や見映えの良くない角質を取り除き、肌をきれいに見せるケアが一般的です。

S》》

でもサッポーは、「見映えの良くない古い角質やザラザラ・カサカサする角質でも、大切にして剥がれないようにしましょう」……などと言うものですから、肌は直ぐにはきれいになれません。

S》》

きれいに見せるケアと、直ぐにはきれいになれないケアとの狭間に迷い込んだ読者や、サッポーをお始めになったばかりのご愛用者に迷いが生まれます。

そんな経験はありませんでしたか?

S》》

今日はそんなお一人“Yuki”さんの疑問にお答えする中で、読者の疑問解消にも役立てば、一石二鳥。
サッポーは本望です。

 
 

新陳代謝が悪くなると、角質が貯まりやすい……ウソ?ホント?

 
 

■ “Yuki”さん の疑問

> よく、年をとると若い時と違い新陳代謝が悪くなり、角質がたまっ
> て剥がれなくなるので、ピーリングをしたら肌が綺麗につるつる
> になると聞きます。
> サッポーのいう角質を剥がれないようにすると、新陳代謝が悪い
> のに、ますます角質が貯まって肌が汚くなるのではないでしょう
> か……・。
> 毛穴が目立ち、白いものが詰まってるのは、新陳代謝が悪くて
> 角質がうまく剥がれず、ずっと貯まった状態だからではないので
> しょうか?
> 新陳代謝が悪いのに、綺麗な角質が育つと、自然に古い角質は
> 剥がれてくれるものなのでしょうか?
> どうも、自然に剥がれないのではないかと思ってしまいます。


 
 
S》》

いかがですか?“Yuki”さんの疑問。
あなたも“Yuki”さんと同じように思いませんか?

実は、“Yuki”さんの引用された表現はとても良く出来ていて、ウソがないのです。

「えっ?ウソがないって……それじゃあ……(?_?)」

「サッポーの勧める、角質を大切にし、剥がれないようにするケアは間違いなの!?」

「やっぱり、角質は取り除いた方がきれいになれるの?!」

S》》

“やっぱり”と言うところが少し引っかかりますが、ここはぐっと押さえて、説明してまいります。

“Yuki”さんの引用された表現に誤りはないのですが、美肌が育つにも、肌の健康が育つにも、やはり角質は不自然に剥がしてはいけないのです。

S》》

見映えの良くない角質でも、大切にして剥がれないようにしてあげることが、1ヶ月・2ヶ月あるいはそれ以上と言った長い視点で見ると間違いなく、健康で、しかも美しい肌に育っていく条件なのです。

「表現にウソはないけど、導かれる結果は間違いだというわけね。」

S》》

その通りです。
それでは、読者が迷われないように、一つひとつ解説していきましょう。
だって行うケアが正反対で、導かれる結果も正反対なのですから、答えを知っている肌にとっては大きな迷惑です。

 
 

年を取ると角質がたまって剥がれなくなるのでピーリングを……

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

> よく、年をとると若い時と違い新陳代謝が悪くなり、角質がたまっ
> て剥がれなくなるので、ピーリングをしたら肌が綺麗につるつる
> になると聞きます。


加齢と共に、皮膚も代謝活動が悪くなるのは事実です。
しかし、保湿したり乾燥や紫外線から保護をするケアが当たり前に行われるようになった現在、加齢による極端な代謝の悪化を取りあげる必要はありません

硬い見映えの良くない角質がなかなか剥がれずに肌に留まりやすいことは事実です。
その結果、角質が貯まっていることも事実です。

しかし、その真実の姿は、皮膚トータルの意味でのターンオーバーが遅くなっているわけではありません。
逆に早くなっているのです。
しかし角質の最後の働きの段階で、剥がれるのが遅くなり留まる姿を見せているのです

言い換えると、早く未熟に育った角質は剥がれていく能力が不足しており、角質の層を厚く見せているのです。
未熟で乾きやすく直ぐに古びて見える角質に変質するのですが、育ちが悪いために直ぐに剥がれないのです。
だから剥がれる時は数層ずつ剥がれていくターンオーバーになっています。

ハイ、いかがですか?「角質が貯まって剥がれなくなる」という部分にウソはありませんね。

そして困ったことに、このような状況にある肌が、「ピーリングをしたら肌が綺麗につるつるになる」というのもホントなのです。

それはそうでしょう。
古びて見える見映えの良くない角質を取り除くのですから、その場では、きれいに見えます。

未熟だけど、まだ傷みの少ない乾きの少ない角質がきれいさを見せてくれると言うわけです。
保湿と保護のケアをしっかりしていたら、明日になってもまだそこそこきれいさを失っていないかもしれません。

でも明後日以降の見映えまでは保証しませんよ。
だって、ピーリングしたおかげで、以前よりもっと未熟な細胞が角化せざるを得なくなるわけですから、これから現れてくる角質はもっと痩せた角質として現れてくるのです。

端折って言うと、その都度きれいになりながら、次第に汚くなっていくと言うことなのですね。

 
 
S》》

この項はこれ位にしておきますね。

でも、新陳代謝から始まり、角質が貯まり、ピーリングしたら肌がつるつるになる話、全部ホントだったでしょう。
でも、けっしてやってはいけないケアだと言うこと、ご理解頂けましたか?

ハイ、それでは次にまいりましょう。

 
 

サッポーの「肌の育つケア」ではますます肌が汚くなる……?

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

> サッポーのいう角質を剥がれないようにすると、新陳代謝が悪い
> のに、ますます角質が貯まって肌が汚くなるのではないでしょう
> か……・。
> 毛穴が目立ち、白いものが詰まってるのは、新陳代謝が悪くて
> 角質がうまく剥がれず、ずっと貯まった状態だからではないので
> しょうか?


これは、“Yuki”さんの率直な推定ですね。
でも都合の悪いことに、これもホントなのです。

角質が貯まって見える肌は、例外なく未熟で痩せた角質が積み重なっていますから、先ほど言いましたとおり、剥がれにくくなっています。

ところが、サッポーの「肌が育つケア」は、その剥がれにくくなっている角質達をさらに剥がれないように大切にしてあげるというのですから、見映えの悪い、しかも痩せて硬い角質達がさらにたくさん肌に残る状況となります。

間違いなく汚く見えます。
だから情け無いことにホントなのです。

でも、だからこそ、表皮細胞は育つ時間が与えられ、よく育ってから角化するようになっていくのです。
ところがそのように育った美しい角質が肌を飾るようになるのは、ずっと先なわけです。

もう一点ありましたね。

毛穴の白いものとは、脂質化した皮脂詰まりの場合と、水でふやけた角栓の場合があります。
いずれの場合も、肌が育つケアを始めてしばらくの期間は、逆に目立つ状態が続きます

未熟で痩せた乾きやすく硬い角質が増えるのですから、一時的とは言え、皮脂も貯まり・詰まりやすくなりますし、毛穴付近に剥がれかけて居残る角栓も増えるのです。

でも、この状態下だからこそ、将来の肌は良く育った細胞が作る肌に変わっていくのです。
皮脂が詰まることの出来ない、よく育ったしなやかな肌です。
良く育った角質はさらりと剥がれていくようになるので、角栓の発生もなくなります。

だから、このような姿を見せる肌と本当にサヨナラしたいと願うなら、やはり、「肌が育つケア」なのです。

しばらくは、ますます汚く見えて、皮脂詰まりや角栓が目立つようになるかもしれないけど、既に未熟化してしまっているから、改善するには、肌の育ち度を一段レベルアップする過程がどうしても必要なのです。
突如として明日から良く育った角質が現れる……などはないのです。

一時期、汚さが増加するのは、しかたがないのですね。
必ず通過する場所なのです。

 
 
S》》

サッポーの答えは、“Yuki”さんの危惧を肯定します。
でも、角質を剥がしていては、何時まで経っても、“本当のきれい”になれないのは事実です。

いかがですか?
合点がいきましたでしょうか。

 
 

古い角質は自然に剥がれてくれない?

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

> 新陳代謝が悪いのに、綺麗な角質が育つと、自然に古い角質は
> 剥がれてくれるものなのでしょうか?
> どうも、自然に剥がれないのではないかと思ってしまいます。


そんな心配は全くの無用です。

でも、懸念された姿が見られるのは事実です。
これは時間差のトリックです。

古い見映えの良くない角質は、剥がれそうで剥がれずに居残ります。
しかし、最終的にはごそりごそりと剥がれています。
見た目は、古い見映えの良くない角質が剥がれずに居残って見えているのです。

古い角質とは、実は古びて見える角質でしたね。
本当は、まだ誕生してそんなに日にちが経過していない、年若い角質です。
でも急いで角化して角質となったため、育ちの悪い痩せた角質として完成してしまったものです。

細胞核を失い、死細胞として完成した姿が角質です。

この角質の完成度が低いと、最表層に押し上げられ、さらに一層乾き縮んだ時、放出される脂質分解酵素が不十分なため、さらりと剥がれていきません。
どこかが繋がったままになっているからです。

“Yuki”さんの危惧されたとおり、自然に剥がれにくくなっているにもかかわらず、ごそりごそりと大量に剥がれている……これが真実の姿なのです。

今よく育とうとしている表皮細胞がありますが、それらが良く育った角質として完成し、さらに肌の最上層に到るのは今日・明日の話ではないのですね。

 
 
S》》

いかがでしたか?

この時間差トリックは様々な場面で利用されているように思います。

今日を美しく見せるケアにウソはないけれども、本物の美肌を手に入れるには、明日以降を美しくするケアが必要だと言うことですね。

 
 
 
 
S》》

“Yuki”さんの疑問には、もう一つのトリックが隠されていました。
「代謝が悪いから……」「新陳代謝が悪いから……」という言葉の存在です。

S》》

「新陳代謝が悪い」とはどのような状態かが説明されないままに、理由・原因として使われていることで、あるべき答えを想像してしまうのでしょうね。

 
 

コメントは受け付けていません。