肌の声を聞く…良き習慣作り

 
 
S》》
サッポー先生

サッポーです。

これから大きく、季節が変化していきます(※配信当時)。
しかしどうしたことか、私たちの顔は季節の変化を感じ取るのは、いつも一歩遅れているようです。

S》》

例えば、既に秋風が吹いているのを感じていましたか?

朝・夕が涼しくなっているのは事実だけど、昼間は相変わらず暑いし、大汗だってかく。
様々に変化は感じているのだけど、全てにおいて一斉に秋色に染まっていくような変化は感じない。

S》》

そうですね。
「気がつくと秋が進行していた……」
顔の肌にとっての実感は、こんなものです。

S》》

毎日が連続していて途切れ目なんてないのですから。
秋が進行……どころか、秋が深まり、冬の足音が聞こえます、などと言ってるのを聞いて、「そうだよねー。」
これが顔の肌の感じ方です。

S》》

でも肌は本来、とても繊細で敏感な性質を備えているのも事実です。
身につける衣服は季節と共に素早く、そしていつもタイムリーに変化しているではありませんか。

「それはファッションに敏感だから……では?」

「暑さ・寒さは身体で感じるもの。きっと顔以外の肌で感じているのよ。」

「確かに。身震いすることはあるけど、顔震い?はしないものネ。」

S》》

汗でべたつきやすい夏も一度冷房空間に入ると、そこは別世界の涼しさがあり、汗だってみるみる乾いていく快適?乾燥空間です。
凍てつく冬も一歩室内に入ると、乾いた空気が暖かく?包み込んでくれます。

S》》

夏の乾燥、冬の乾燥がこの様な快適さの中にあるのだから、心地よい秋や春の乾燥もきっとあるに違いありません。

S》》

――この様にとりとめもなく、季節の変化と、お肌の関係に思いを巡らせていたら、一つ重要な事実に気がつきました。
顔の肌って、とても敏感なところと、鈍感とも言える強さを持っているのだと。

S》》

この敏感さと鈍感さが、健康な美肌を作りもするし、過敏なトラブル肌も作っているに違いない!
季節の変化を知ることも大切だけど、もっと大切なのは肌の変化を知ること――つまり、肌の声を正確に聞くことができたら、それこそが正しいスキンケアの答えになっているはずです。

S》》

「季節」や「環境の変化」などと言った一見判りやすそうで、実際はなんだかよく判らない変化をスキンケアの指針に据える必要などないのです。
肌は日々正確に答え(結果)を出しているのです。

S》》

ということで、今回は、「肌の声を聞く……良き習慣作り」と題して、講義してまいります。
ぜひ新しい視点を得て頂きたいと思います。

 
 

「肌の声を聞く」と言われても……?

 
 
S》》

肌の声は聞こえたりしませんね。
肌の声とは、見た目、触った感触、肌が受け取る感覚……こんなところです。
こんな声なら様々な声がありそうです。
判りやすい視点だと思いませんか?

S》》

誰かとお話ししていても、話が通じにくい人と、とても判りやすい人があります。
抽象的で曖昧な話をされたら、何となく判ったようで結局何も判らなかった、今ではその話さえ思い出せない。
こんな話し方が特徴になっている人がいます。
サッポーは苦手です。(^_^;)

S》》

そうかと思えば、話が具体的で、ちょっと理屈が合わないような時も多いけど、まあまあ楽しく会話できて判りやすいから、必要なことは記憶に残る……こんな方もいます。

S》》

美肌作りに話を戻します。例えば乾燥です。

「乾燥とは、湿度が低いことを言います。」

「うん、それは解ったけど、湿度が低いのはどうして判るの?」

……これでは判ったようで、伝わってはいないのです。

S》》

それでは、これならどうでしょう。

「湿度は60%くらいあるのが普通で、40%、50%はやや乾燥、20%、30%はもう乾燥そのもの。」

……ウン、これなら具体的です。
なんと言っても数値が入ってる。

「ところで湿度20%とはどんな乾燥なの?」

S》》

おやおや、これでもダメなんですね。
知識は伝わったけれども、「それがどうした?」にすぎない情報です。
「湿度20%」といわれてもイメージできないからです。
つまり、実感を伴って肌に繋がっていないのです。

S》》

冷房や暖房された空間では、湿度が20%、30%の乾燥した環境にあることを知識として知っておくことは大切ですが、もっと大切なのは、肌が乾燥の悪影響を受けたかどうかと言うことです。

S》》

もし、湿度が60%でも肌を乾燥させていたとしたら、どうでしょうか?
現実にいくらでもこの様な乾燥はあるのです。
例えば、風に吹かれると、60%の湿度でもしっかり乾燥ダメージを受けてしまいます
せっかくの知識もこのままでは役に立ちません。

 
 

肌の声を聞く……良き習慣作り

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

だから、「肌の声を聞く」ことが大切なのです。


朝洗顔をする。

「あれ?今日は少しばかりつっぱり感があるわね。」

「朝・晩ずいぶん涼しくなったから?」

「でも昨日は感じなかった。」

「男性ばかりの会社でいつまでもガンガン冷房してるから?」

「……少しは省エネ……CO2削減のことを……」

「イヤ、そんなことではなくて、これは乾燥させたに違いない……」

「とにかく今日は、保湿ケアの後、保護のケアは乳液ではなく、クリームにして下地を完成することにしよう」


……とまあ、この様に肌の声に正直に反応する習慣が身に付いていたら、少なくとも何らかのスキンケア行動に結びつくわけです。

結果を見て反省する習慣です。
そして反省の結果を行動に反映する習慣です。

「結果を予測して、ケアすることの方が大事なのでは?」

「ダメージを受けてしまってからでは遅いじゃない?」

確かにその通りです。
しかし、結果を予測することが出来るのは、実感のある知識に基づくからでしょう?
実感に結びついてない知識はどこかに埋もれてしまっていて、結果予測には役立っていないのです。
ということは、落とし穴だらけの予測になっているということですよ。

知識を肌の声と結びつけていく作業が日々行われ、蓄積されていったとしたら、いかがですか?
これは生きた知識になります。実感を伴う知識になっていきます。
この様な知識をあなたがおしゃべりすると、伝わっていくのです。

「肌の声を聞く」のが習慣になり、一方で「肌が育つ知識を様々に仕入れ」ていくことにより、あなたの美肌作りは確信に変わっていきます。
自由自在にスキンケアやメイクアップを考えることが出来るようになっていきます。

読者の皆様は、肌が示している結果と、持っている知識が結びついていますか?

 
 
S》》

サッポー美肌塾の今後の講義において、肌の声から入るケースを増やしてまいります。
乞うご期待!です。

S》》

読者の皆様におかれましては、肌が育つ極意、美肌が育つ術をあなたが接する人にドンドン教えてあげましょう。
あなたの家庭のカルチャーとしても、ぜひ根付かせて下さい。

そのうちに、あなたの周囲はみんな明るくて、健康な美肌の持ち主でいっぱいになります。
素晴らしいでしょう?

S》》

えっ?
「知ってるのは私だけでよい!」ですって?
それは……。

 
 

コメントは受け付けていません。