アルコールと香り

 
 
S》》
サッポー先生

サッポーです。

サッポーの化粧水で、しっとりタイプの香りがリニューアルされました。(※配信当時)
今回はアルコールと香りにまつわるお話をします。

S》》

サッポーは「香りのある方が良い」という主義で、香料を使用していますが、化粧品の香りは香料だけが香っているわけではありません。
原料の臭い(匂い)とのハーモニー?でもあるわけです。

S》》

そして、もう一つ香りに特異な影響を与えているものがあります。
アルコールです。
化粧水の成分表示を見ると、エタノールとか、変性アルコールなどと表示されているのが、化粧品に使用されているアルコールです。

S》》

アルコールには優れた機能がある一方、欠点もあります。
一定の条件が満たされると、刺激物として働いてしまうところです。
この欠点が、アルコールに対する様々な誤解を生んでいます。

S》》

もう一つ、欠点か長所かは判りませんが、アルコールには、香りを変えてしまうようなところがあります。
実際に香りそのものが変わるわけではないのですが、アルコールの配合加減によって、香りに強さと広がりを与える点です。

S》》

アルコールと香り、見ていきましょう。

 
 

アルコールの効用と弊害

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

大半の化粧水には、アルコールが基材として使用されています。
そのもっとも大きな目的は、様々な成分が配合される化粧水において、それらの受け皿として溶かし込む性質が利用されているものです。

この様な意味で、アルコールは化粧品の安定した品質と、化粧品としての完成度を高める優れたツールの一つです。

しかし、アルコールには溶剤以外にも様々な効用があります。
消毒用にアルコールが使用される通り、清浄にする作用殺菌作用、あるいはまた、肌を収斂させる作用や、肌を乾燥させる作用があります。

これらの作用は、上に効用と書きましたが、裏返してみると、リスクにもなるような効用です。

例えば、注射する時に消毒用に使用されるアルコールのように、濃度が70%もあるような場合、確かに殺菌力も強いし、マジックインキなどもある程度溶かすような掃除力だってあります。
しかし、これらの能力もつけ過ぎるとマイナス作用が大きくなります。
この様な濃度のアルコールをつけた脱脂綿で2~3度皮膚をこするだけで赤くなったりします。
アルコールには刺激があるのです。

同じアルコールでも、濃度が15%程度しかない、ワインや清酒では、殺菌力に多くは期待できません。
掃除力だってお水と変わりません。
刺激を感じることもまずないでしょう。

ところが、15%位の濃度でも、収斂作用や肌を乾燥させる作用は少し感じることが出来ます。
アルコールの蒸発する作用が、肌温を引き下げ、肌を引き締めてくれるのです。
そして、同時に肌の水分をも一緒に気化させるので、さらりとした状態を肌に提供してくれます。

さっぱり系の化粧水には、丁度この程度(15%)のアルコール濃度が多用されています。
一方、しっとり系の化粧水には、そのような作用が発揮できない、10%程度の濃度が多用されます。

アルコールが及ぼす作用のおよそのところは上の通りに理解していたらよいのですが、それだけでは裏切られることがあります。
肌の状態によっては時に小さな牙をむき出し引っ掻くことがあるからです。

肌の状態とは、肌の育ち度が低い段階にある場合と、乾燥ダメージを受けた肌状態です。
つまり、バリアー能力が低下している肌状態の時です。
肌がこの様な状態にあると、アルコール濃度が例え15%程度でも、アルコールが直接生きた表皮細胞層に入り込むため、肌が炎症反応を起こしてしまう時があるのです。

いつもは気持ちよく使っていたのに、ある日化粧水をつけると、少しピリピリしたなと思っていたら、肌が全体的に赤くなってしまった……など、経験のある方は多いのではありませんか?
しばらくすると赤みは引いていくので、たいていの場合は事なきを得るのですが、肌状態によっては、翌日以降に炎症反応を引きずる場合だってあります。

紫外線や風に当たり、肌が乾燥ダメージを受けてしまった時などに、突然この様な不意打ちに会いやすくなります。

どうやらアルコールがこの原因らしい……と判ると、「アルコールの配合された化粧水は使用しない」という決断をする人も出てきます。
アルコールの配合された化粧水は肌に良くないと思いこんでしまうわけです。
無理もありません。
事実、肌が反応してしまったわけですから……。

アルコールのこの様な特徴が消費者サイドにおいては、化粧品ジプシーを生む要因の一つになっているようです。
逆に供給者サイドにおいては、アルコールフリーを売りにした化粧品を用意する動きとなるのでしょう。

サッポーの考え方は、この様な極端に振れるのではなく、「アルコールには欠点もあるが、化粧水本来の良さを高める長所もあるのだから、欠点を小さくし、長所は使うべきだ」……というものです。

サッポーのしっとりタイプ化粧水のアルコール濃度は標準的な10%にほぼ合わせているのですが、さっぱりタイプの化粧水については、標準的な15%前後ではなく、その約1/3の濃度―しっとりタイプの1/2、つまり5%程度にまでアルコール濃度を低下させています。

これは、サッポーをモニターされた方より頂いた膨大なアンケートの集計結果から、脂性肌には、肌の過敏な人が圧倒的に多いことが判ったからです。
もっと踏み込んで表現すると、肌を未熟化させ、バリアー能力を低下させている人がきわめて多いためでした。

ある程度以上に肌の育ち度が高まった人には、関係のない話ですが、肌の未熟化をある程度進行させてしまった人には切実な問題になっていることも多いのです。

 
 
S》》

いかがでしたか?
アルコールの長所と欠点、また欠点が表れる場合を知っておくことは大切ですね。

 
 

アルコールと香り

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

アルコール濃度と肌状態の関係はだいたいおわかり頂けたと思います。
それでは、アルコールと香りの関係はどうなっているでしょうか。

アルコールが影響を与える香りとの関係は、香りの感受性が人様々であるために、よく判らない微妙さがあり、残念ながら明確な説明が出来ません。
しかし、誰もが共通に感じる作用があります。
アルコールの気化作用が、香りを引き立てる点です。
香りを強く感じさせるように機能します。

例えば、微香であるはずのサッポーの香りも、化粧水をつけると強く感じます。
化粧水をつけてしばらくの間は気化作用が働いているからです。
時間が経過すると、微香に変わっているのですが、最初の香りの印象が強く残ります。
アルコールを使用した化粧水には、この様に香りが変化する特徴と、香りを印象づける特徴があります。

また、嗅覚の優れた人の中には、アルコールそのものの香りをかぎ分ける人もいます。
この場合は、香りが引き立つと言うよりアルコールの刺激臭として感じるわけです。

従って、その化粧水本来の香りではなく、化粧水をつけた最初にアルコールで強く香る“かおり”を化粧水の香りだと錯覚してしまう場合が出てきます。
アルコールが配合される化粧水にはこの様な香りの特徴があります。

※参考→ 「香料・香りについて

 
 

PR:サッポーの化粧水(しっとりタイプ)……香りをリニューアル

 
 

サッポーのご愛用者より、サッポーのしっとりタイプの化粧水について、その香りが強すぎるというご意見を、時々頂戴しておりました。
アルコールを感じていらっしゃるのだなとは、推定していましたが、ほんの少し時間が経てば変わるから……というわけで(はないのですが)、我慢して頂いていました。

しかし、一方で品質を落とさず、アルコールの刺激臭をなくすことが出来ないかを、一年前(※配信当時)より試行錯誤を始めておりました。

アルコールの減量に合わせ、数種の保湿系成分の配合を微妙に調整して、仕上がりを試していく繰り返しです。
最初から刺激臭など感じない人達と、微量のアルコールの存在でも嗅ぎ分ける人達を交えての試行錯誤です。

本当は香りそのものは何も変わっていないのですが、ようやくこの範囲なら、上の両者に満足頂ける。サッポーの化粧水としての本質は何も変わらない……という状態に完成しました。

サッポーの化粧水、新しい香り?をまずはお試し下さい。
どんなお声が聞けるか、楽しみにしています。

「何も変わらないのでは……?」

「あら?違う化粧水みたい!」

……という、二つのお声を聞かせて頂くことを期待しています。

 
 

コメントは受け付けていません。