化粧品選びの視点…購入前の判断 Part-4 UVケア製品

 
 
S》》
サッポー先生

サッポーです。

化粧品選びを大きな視点で捉え、まず大筋で間違わない、大きな失敗をしない、ということを念頭にまとめています。
今回も引き続き2番目の視点「購入する前の段階」の続きです。

S》》

「肌が育ち度を高めていく化粧品」の選択基準は

  1. 化粧品自体が角質剥がれを促進せず、角質を大切にするもの
  2. 様々なダメージからよく肌を守り、角質剥がれを防ぐもの

…これが基本となる視点でした。

 
 

スキンケア製品の種類を下地作りの働きと絡めて、角質との関係を見る

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

▼ UVケア製品

紫外線は日焼けの原因、シミしわの原因という知識が常識となり、今や日常のスキンケアにおいて、UVケアは常識中の常識のようになりました。

乾燥ダメージからの回復に比べて、シミやしわを作ってしまったら、その回復は大変だし、もしかすると回復は無理かもしれないという恐れが大きいからでしょうか。
それとも色白さが狙いかしら?

とにかくUVケアはしっかりしないと!……の意識は高いのです。

ところが、意識は高いのだけど、バランスの取れたUVケア、美肌作りに合致したUVケアが出来ているか?というと、不思議にも美肌を育てるのに不都合なケアになっているケースが多いのです。

サッポー美肌塾相談室に寄せられるご相談のやりとりをチェックしていると、様々な肌の悩みがUVケア製品の選択誤りに起因しているケースが数多く見られます。

  • 過敏な肌がよくならない!
  • 赤み等、炎症が起こりやすい
  • シミが出来やすい

これらの肌状態は紫外線ダメージに限ったことではありませんが、紫外線に対して無防備だと現れやすい状態です。
しかし紫外線対策はしっかりしていても、この様な状態が進行たり、続いているケースがあります。
この原因が、皮肉なことにUVケア製品選択に不都合のある場合がよくあります。

▽ 紫外線吸収剤を使用した製品を常用しているケース

紫外線吸収剤を使用したUV製品は安定したUV防止能があり、便利なのですが、その性質上、欠点もあります。
肌の酸化が進みやすい点です。
この様な酸化より、紫外線ダメージのもたらす悪影響の方がはるかに大きいのですが、毎日のように使用していると、肌が炎症反応を起こすようになり、前述のような肌状態に発展しやすいわけです。

一気にかぶれ症状が出るような反応ではないので、気づかずに使用を続けてしまうケースが多いのです。

▽ 耐水機能を高めた製品を常用しているケース

同様に、シリコン油を耐水機能を高めるために利用した製品があります。
○○コン、○○シロキサン……などの表示がシリコン油です。
シリコン油そのものは無害な成分で、このオイルによって肌そのものに耐水性を持たせる使い方がされると、とても便利な製品となります。

化粧は崩れにくくなるし、UVケアに利用すれば、取れにくいので、安定した紫外線防止が可能になります。
これは価値があります。

しかし、この種の製品を毎日使用すると、着実に乾燥肌に傾いていき、前述のような肌質が作られていきます。
じわじわと乾燥しやすい肌に変わっていくため、気づくことなく、常用してしまうケースが多いからです。

何れのケースも、“いざっ!”という時だけの使用になっていたら、この様な悲劇に繋がることは無くなります。
スポーツをする時や、汗をかく炎天下で過ごさなければならない時の使用に限ると、頼もしい味方になってくれますが、いつもこの便利さに頼っていると、代償を払うことになりますよ……というわけです。

 
 
S》》

いかがでしたか?
UVケア製品の選び方……普段は、チタン等の紫外線散乱剤を利用した肌に優しい製品にしておいた方が安心です。

S》》

意識の高さが災いして、乾燥肌が進行したり、過敏な肌やシミを作っていたら、これは割に合わない哀しい選択になっています。

「えっ?視点はこれだけでいいの?これだけでは選べない!」

S》》

少し舌足らずでしたか。

S》》

でも他のことは余り気にしなくてもいいことです。
日焼け止め下地やファンデーションで日常の紫外線は十分防止できます。
でも崩れてしまった時は、簡易な化粧直しでいいですから、こまめにメンテナンスしてあげましょう。

S》》

製品は紫外線散乱剤を利用したものなら、大丈夫です。
プレスした固形のファンデーションでも、クリームに練り込んだものでも、乳液状にしてあるものでも、それぞれの特徴があるだけで、これらの選択は今回のテーマにおいて問題になることはありません。
ご自由にお選び下さい。

 
 
 
 
S》》

今回はここまでに致します。
次回からは3番目の視点「使用経過を見る段階」に移ります。

 
 

コメントは受け付けていません。