医薬部外品~薬用化粧品

「医薬部外品って、薬用化粧品のことでしょう?ようするに化粧品だよね。」

「いいえ、そうではありません。薬用化粧品という呼び名が慣用的に使われていますが、正式には「医薬部外品」と定義された化粧品?です。」

「やっぱり化粧品じゃないの!?どこが違うの?」

医薬部外品~薬用化粧品のお話しになると、いつもこのような混乱した会話になってしまいます。

今回はサッポー独自の視点で、この辺りの混乱に切り込んでみたいと思います。

医薬部外品(薬用化粧品)という分類は必要か?…サッポーはNoです。

そもそも医薬部外品とはなんでしょう。薬事法で、「医薬品、医薬部外品、化粧品、及び……の安全性確保のために必要な規制を行う……ことにより、保健衛生の向上を図ることを目的とする。」と定められた中に定義されている言葉です。

そして、その定義とは「『医薬部外品』とは、次に掲げる物であって人体に対する作用が緩和なものをいう。」とされ、次に掲げるものとして、「イ. 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止、ロ.あせも、ただれ等の防止 ハ.脱毛の防止、育毛又は除毛」となっています。

以上は話を単純化するため、スキンケアにかかわる部分のみを抜粋しています。薬事法による適切な規制が、安全な製品の提供となり、私達の健康と安全を守ろうとしたものです。

それでは化粧品はどのように定義されているのでしょう。薬事法では、「『化粧品』とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。」となっています。

このようにそれぞれ目的が決められているわけです。医薬品の目的は病気・疾病の治療に使われるものなので、わかりやすいのですが、医薬部外品の目的は病気や疾病の「防止?」という線引きになっています。

この辺りに、医薬部外品と化粧品の境界が怪しくなる根本原因があるようです。だってそうでしょう。化粧品の美しさ作りという目的ともう一つの「健やかに保つ」という目的は皮膚の病気や疾病の「防止」に、直接繋がっていることなのですからね。

つまり、多くの化粧品は認可を得ると、医薬部外品として取り扱うことが出来る性質を持っているということになります。医薬品と違い、効果(防止の)が期待できるというだけでOKなのですから。何か薬理作用が認められた成分を影響のない範囲で添加しておけば良いのです。しかも効果・効能は医薬品ではないから書いてはいけないことになっています。

消費者から見ると、肌を健康にする、肌を美しくすることがテーマなのであって、分類など、医薬品でも、医薬部外品でも、化粧品でも、なんでも良いわけです。

しかし、医薬品が無秩序に製造され、販売されると危険この上ない事態となります。医薬部外品も、医薬品と同様な視点で危険を防止するために分類し、規制をかけたのでしょうが、この境界のあいまいさが、かえって混乱を生み、悲劇を生み出しているよう思えるのが現代の状況なのではとサッポーは見ています。

1960年に公布、翌年より施行された法律で、もうすぐ50年が経とうとしています(※配信当時)。随時改正されていますが、根本の所は変わっていないのです。

医薬部外品(薬用化粧品)という分類は必要か?…問題点と提案

背景説明が長くなりましたが、問題点を見ていきましょう。

医薬部外品は化粧品のように全成分の表示義務がない

2001年の薬事法改正で、化粧品の全成分表示が義務づけられました。この時たくさんの化粧品が、医薬部外品に衣替えをしました。法改正により化粧品では通らないものもあったのでしょうが、大半は全成分を明らかにしたくなかった…というのが真相でしょう。

医薬部外品には化粧品よりも良いイメージがある?
化粧品の販売戦略として医薬部外品の持つイメージを利用する

良いイメージについては評価の分かれるところです。しかし、例えば、薬用○○化粧水として様々に案内されると、いつも使っている化粧水よりなんだか効き目がありそうに思ってしまうケースがあるのは事実でしょう。医薬品には薬害の不安と、治すという良いイメージの両方あるのが関係しているのかも知れません。

しかし医薬部外品のあいまいさが、販売戦略として活用されるとどうなるでしょう。化粧品でもない、医薬品でもない、でも化粧品だ、となると、化粧品の良いイメージと、医薬品の良いイメージをプラスして案内するのにとても便利な存在となります。

このような本来の医薬部外品(薬用化粧品)としての効用を売るのではなく、そのイメージを利用した販売戦術に利用される傾向が強くなっているように見受けられます。

一方の私達消費者も何らかの薬理作用があるので、薬同様に注意して利用しなければいけないという、本来の注意点を忘れているように思います。

正常な化粧品を医薬部外品扱いにした場合、常用の危険性はない
薬理作用がある医薬部外品を化粧品のように常用するのは危険だ

医薬品や医薬部外品としてしか販売できない製品を、偽って化粧品として販売することは出来ませんが、その逆……元々化粧品として開発されたものを医薬部外品の目的に合わせ認可を取り、販売することは出来るようになっているのです。

いかがでしょうか。医薬部外品と化粧品の境界があいまいになっているのを実感して頂けたでしょうか?

サッポーは少なくとも、肌のケアに関するものとしては、医薬品と化粧品の二つの分類にした方が、危険な誤解がなくなるし、イメージの悪用や消費者の誤解もなくなるのではと考えます。

今年(※配信当時・2009年)の薬事法改正で、医薬品でもスーパーやコンビニエンスストアなど一般小売業者で販売できる区分けがつくられました。本来の医薬部外品はその分類に入れたらいいのです。イメージからつくられた美しき誤解はなくなってしまうかも知れませんが、危険な誤解が生む悲劇が減少することは、サッポー美肌塾『スキンケア相談室』のカウンセラー達にとっては大いなる朗報です。

最後に書きました提案は、様々な障害があり、すぐに実現可能なことでないのは承知しています。でも悲劇の相談を受けるカウンセラーの悲鳴・愚痴として、サッポーがその意見を代弁致しました。


コメントは受け付けていません。