良かれ!と思い、犯している間違いケア

お肌のご機嫌はいかがですか?
肌は月を追い育ち度を上げていますか?
育った肌の維持は簡単なはずですが、上手くいってますか?

今回のサッポー美肌塾は、普段のケアにおいて、あまり意識していなかったテーマについて、その功と罪を見ることにします。
案外このようなケアのなかに、肌の育ちを邪魔するケアのボトルネックが隠れていることがあります。

ちょっとした思いこみやこだわりが、度を超えた加減を正当化し、肌が育つボトルネックを形成していることがあります。
本人はけっして度を超えているとは夢にも思っていません。

一つひとつのケアの長所と短所を知ることが、肌が育つケアのボトルネックをなくしていきます。

マッサージの誤解

マッサージの功と罪はあちこちで案内されたり、話題になるのでよくご存知の方も多いと思いますが、そのポイントとなるところを、一緒に掘り下げておきましょう。

サッポーの視点

まず大きな視点から言うと、皮膚に対するマッサージの効用に、直接的な良さはあまり認められません。間接的な効用として、一時的に血行を良くするので代謝活動に良い影響を与えます。お風呂に入ったほどの効用ではありませんが、簡易に即席の効果をもたらす…というのがマッサージの効用です。

一方、マッサージが、直接的なダメージを肌に与えたり、毛細血管を傷めたりしている弊害が多く見られます。

まず、角質層を含めた表皮層にとっての直接的メリットは何もないのだということを知る必要があります。大切なのは、毛細血管の血行を良くして、間接的に表皮層の代謝活動に良い影響を与える点です。

ところが、肌表層からわずか0.2mm下に、緻密な網のように拡がる糸より細い毛細血管を刺激するのに、必要以上の力を加えたり、必要のない摩擦負担を与えるマッサージになっているケースが見られます。

良いマッサージとは、できるだけ肌を傷めないように注意して行うのが基本であり、最重要なポイントであるわけです。指が肌に触れているかいないかの圧力で十分ということです。そしてさらに摩擦を少なくするために、滑りの良いクリームを使用して行うのが、失敗しないマッサージのもう一つのポイントであるといえます。

「顔がほんのり桜色になるマッサージは駄目なの?!」

肌そのものの健康と、美肌作りということに絞っていうと、毛細血管がダメージを受けただけというのが、正直な評価です。
摩擦の程度によっては肌そのものも傷んでいる場合があります。
肌にはマイナスだが、その他の効用なら、何かあるように思いますが、それはここでは取り上げません。

「力の入れ加減が判らない?」

という場合、クリームをつけて、薬指一本で軽く肌を滑らせてみましょう。その程度がよいのです。
実際のマッサージも、使う指は2~3本までにしておきましょう。

「そんなの…物足りない!」

それでいいのです。物足りない…くらいの感覚でいいのです。

「そんなのストレスが溜まる!」

という方は、すっぱりマッサージをするのは諦めた方が肌にも精神衛生上も良さそうですね。
化粧浮かしのマッサージだけでよいことにしましょう。(^_^;)

肌に良いことをしているという満足感は、心も安らぎ、肉体にも良い影響を与えます。
正しいマッサージの作法を身につけましょう。

パッティングの誤解

「化粧水をつける時、パッティングするのとしないのはどちらがいいの?」

このような質問をよくいただきます。

サッポーの視点

パッティングは、心地よい刺激の範囲であれば、血行をよくするマッサージの役割をします。また化粧水を早く肌になじませるのに効果があります。

しかし、行き過ぎたパッティングは、肌を傷め、毛細血管を傷め、時には肌が過剰反応を示す時もあります。過敏さがある、乾燥しやすい…肌の未熟化が進んでいる場合は、返ってトラブルを促進することが考えられます。パッティングをしなくても、肌の健康を損ねる事はありません。無理に行なって強い摩擦や圧迫が生じる方が肌には辛いダメージとなります。

化粧水の付け方は、撫でて頂いても、押さえるようにつけて頂いても基本的な効用は変わりません。この時に、不必要な強い力が働かなければ大丈夫です。パッティングも同じ、強く叩くのはけっしてしないで下さい。

様々なケアの作法・テクニックも、適切な方法で楽しめば、リズムを作り、良い精神状態作りに役立ちます。

冷水仕上げの誤解

洗顔したあと、最後に冷水でバシャバシャっと仕上げ洗顔することがよく勧められています。
「でも本当に冷水がよいの?」とご質問をいただくことがあります。

どのように考えるとよいか?いいことはいつも良いこと?
良い実感がないこともあるからでしょうか?
時々質問をいただくテーマです。

サッポーの視点

結論を先に

冷水での仕上げは、肌が悲鳴をあげる状況になければ、実施することにはプラスアルファの効果があります。しかし、悲鳴をあげているのに我慢して行うのはマイナス影響の方が大きくなります。

プラスアルファは、美肌作りに於ける枝葉のテーマなので、そんなにこだわる必要はありません…程度に考えたらよいのではと思います。

はい、それでは判断基準を案内します。

洗顔を冷水で仕上げる…その功と罪

冷水による肌の収斂効果

洗顔を冷水で仕上げることには、一時的な見かけ上の肌引き締め効果があります。毛細血管やリンパ管など、肌表層にぎっしり張り巡らされている結合組織が冷水でキュンと縮むので、顔の表面積が小さくなります。これが収斂効果です。

目立つ毛穴などが少しは目立たなくなり、肌理も整った感じに見えます。しかし間もなく元通りに復します。

アルコールが多めに入ったさっぱり系の化粧水に収斂効果があるのも、同じ原理です。蒸発により肌を冷やすから同じ現象が起きています。(サッポーのさっぱりタイプの化粧水に、この作用はありません。)

本当に毛穴が見えなくなり、肌理が整うのは、肌を構成する細胞一つひとつがよく育ち、大きくなることによって実現します。これは本当の肌の変化です。肌が育つケアの成果ですね。

冷水刺激が血行を促進する

健康な肌には毛細血管の収縮弛緩の良い運動となり、血行を促進します。もちろん一時的な効果ですが、毎日定期的にこのような刺激を与えるのは、朝の散歩を日課にしていることが健康に良いように、プラスアルファの効果があります。

しかし、過敏な傾向のある肌にはトレーニングとならず、逆に負担となり、肌の過敏さを育てる方向に働くので注意が必要です。

肌に赤みを作ったりしやすい肌や炎症を伴うニキビなどがある肌は、40度を超える湯温の風呂やシャワー、冷たい水の刺激などは避けるのが改善の基本です。過敏な肌がこのような刺激を毎日受けていたら、改善が進まなくなります。要注意です。

「これがよい!」とこだわりを持ってしまったり、思い込んでしまうと、「良かれ!」と思いながら、肌には良くないことを押しつけていることがあるのですね。
何事も、こだわりと思いこみは、要チェックです。


コメントは受け付けていません。