“合成”界面活性剤

イメージ画像:何かと悪い話を聞く「界面活性剤」ですが実際のところはどうなのでしょう?

消費者をいたずらに混乱させている一つに、毎日使用される“洗浄剤”と、乳液・クリーム状の化粧品に使用される“乳化剤”、そして化学用語としての“界面活性剤”についての誤解があります。

市販されるスキンケア製品に使用される洗浄剤や乳化剤は、全て化学的に合成された様々な界面活性剤です。ところが、なぜかわざわざ頭に「合成」という飾りを付けた「合成界面活性剤」なる造語が通用し、“合界(ゴウカイ)”という通称までが一部で流通(^_^;)しています。

界面活性剤にとっては迷惑な話でしょうが、「界面活性剤はとにかく肌に良くない」というイメージがかなりの範囲で定着しているようです。

もしかすると、読者にも、「良くない」と思っている方が多いのでは…と推定しています。実際に質問や相談を頂く中に、界面活性剤を避けるために涙ぐましい努力をされている、笑うに笑えないケースが後を絶たないのですから。

もし、このような誤解によって、読者のスキンケアの選択肢が理不尽に目隠しされているとしたら、サッポー美肌塾としては放置できません。

界面活性剤を見直すことにしましょう。

洗浄剤と乳化剤と界面活性剤

イメージ画像:界面活性剤は私たちの生活とは切って離せないものです

水と油が混じらないことを私達は体験的に知っています。水と油が接触する境界面においてそれぞれの境界面の張力が異なるために混ざらないのです。グルグル混ぜても分離してしまいます。ところがここに界面活性剤が加わると、状況は一変します。水と油が混ざるのです。

界面活性剤が親水基と親油基という二種類の手を持つと説明されたりします。一つの手は水とくっつき、もう一つの手は油とくっつくというわけです。この性質が様々に利用され、化粧品もその恩恵にあずかっています。

洗顔時や入浴時、皮膚や髪の汚れを落とすのに、二種類の手を持つこの界面活性剤が洗浄剤として利用されます。台所の洗剤や洗濯用の洗剤も同じで、様々な種類の界面活性剤が活躍しています。

アイスクリームが美味しく食べられるのは、乳脂肪分と糖分を含んだ水溶性のものとを結びつける界面活性剤(乳化剤)のおかげです。混ざらないものが混ざった状態で安定するのです。ケーキやパン、チョコレート、マーガリン、豆腐…等々、加工食品の製造になくてはならないものです。

このような性質を持つ様々な界面活性剤を、洗浄に利用した場合は洗浄剤、乳液やクリームのように乳化させるのに利用した場合は乳化剤と呼び、多くの化粧品に様々に利用されています。

天然と合成、天然物と化学物質…という言葉のイメージに騙されるな!

界面活性剤を悪い成分と思わせるのに利用されるパターンの一つに、“合成”とか“化学物質”という言葉が多用されます。

合成とは、何か二つ以上のものが結びついて一つのものになることをいいますが、ここでは、いわゆる化学合成の“合成”をイメージさせる枕詞、合成○○のように利用されます。化学反応によって作られた“化学物質”であるといった意味でしょう。

化学物質は、肌に良くない、人体に良くない…といったイメージが何となく存在しているのを利用したものと思われます。

私達の日常生活でいう化学物質とは、人工的なもの、工業的に合成された物質という曖昧な認識ですが、化学用語としての化学物質とは、純粋なものであり、不純物や混合物を含まない物質をいいます。

天然物とは自然が産生したもので、不純物や混合物があってもなくても天然物なわけです。

化学物質にも天然物にも、肌に良い(悪い)、身体に良い(悪い)といった定義はありません。良いものもあれば毒になるものもあるということです。使用方法、利用方法によっては毒にも薬にもなるといえます。天然だから良い、合成だから良くない……というのは作られたイメージです。

市販される化粧品は、日本なら全て薬事法の下で製造されます。配合禁止成分リストがあり、配合可能成分リストが明示され、各化粧品の製造は承認制ではなく届け出制で運用されます。そして販売時においては、全成分の表示が義務化されています。このようにして、化粧品の安全性が担保されているわけです。

そもそも、この世の物質は、全て天然に存しているものが材料です。それらがもとになって、様々なものが作られます。化粧品の成分も同じです。自然の下でできる材料もあれば、人工的に作られる材料もあるだけです。さらに元の原材料を辿れば、全て天然由来です。

化粧品成分で大切なのは、天然とか合成ではなく、品質そのものが問われるべきです。この国で作られ、市販されている化粧品成分は、○○エキスといった微量添加物等を除き、全て“化学物質”といえる段階まで化学的に加工されたり、化学的に合成されて使われます。

合成とか化学物質という言葉に惑わされてはいけません。

本当に大切なのは、日々使用するスキンケア製品が、肌が健康に育つのに役立つ製品として完成しているか否かだとサッポーは考えます。不毛な論争に巻き込まれないようにしましょう。

参考:
「界面活性剤は危険?」
「界面活性剤、鉱物油 …読者リクエスト」
「界面活性剤が何種類も……!?」

上は別な視点から見た界面活性剤の講義です。暇を見て目を通しておきましょう。

界面活性剤が肌に影響を与えるのは、直接肌に触れる洗浄剤として利用された時です。乳化剤として利用される界面活性剤は、優れた化粧品作りにどのように役立っているかが問われるもので、直接的な肌への影響はありません。

そこで、サッポーが推奨するクレンジング料や洗顔料を通して、肌に与える洗浄法の影響を見てみましょう。

サッポーがクリームタイプのクレンジング料を推奨するわけ

サッポーがクレンジング料にクリームタイプを推奨するといっても、実際には様々なタイプがあります。サッポーが推奨するクレンジング料が備えるべき優しさの必要条件を挙げ、輪郭を掴んでいきます。

1.洗浄剤としての界面活性剤が肌に残らない(=洗浄力を持たせない=乳化剤として働く)

イメージ画像:界面活性剤の洗浄と乳化の働き

オイルクレンジングを始め、洗浄力を持たせたクレンジング料だと、洗い過ぎにつながりやすくなります。肌に洗浄剤としての界面活性剤が残るので、角質剥がれが促進されやすい環境が残るからです。毎日繰り返される作業なので、角質が剥がれ過ぎないことは肌が育つ環境作りとして、外せない大切なテーマです。

2.洗浄機能無しでも化粧や汚れが浮いて、すすぎ洗い(拭き取り)が簡単

オイルだけのクレンジングやコールドクリームタイプのクレンジング料に洗浄能力はありませんが、油相が多過ぎ、水相成分が少ないので、汚れ浮きが遅いでしょう。また肌に残った油相の拭き取りや仕上げ洗顔が大変で、結果として洗い過ぎ(角質剥がし)につながりやすいといえます。

サッポーが推奨するのは、拭き取り・洗い流しの両方が容易な、中油性の保湿成分をたっぷり多種類配合したクリームです。すすぎ洗いしてもクリームが肌に残るが、その後のケアをすることで全く気にならない残り方であることが条件です。使用感としては、モイスチュアクリームをたくさん使用するイメージです。

優しいクルクルだけで、洗浄能力がなくても、そこそこに汚れや化粧を浮かす能力がないと、どうしても洗い過ぎにつながるクルクルや洗顔をしがちなのです。ちょっと贅沢な方法ですが、サッポーが一番好きな方法です。

3.肌に侵入しにくいクレンジング料であること

洗浄力のないことが、浸透・侵入しにくい長所の一つですが、様々な汚れになじみやすく、尚、バリア層を通過しにくい油脂の組合せが理想です。クルクルで汚れは浮かすが再侵入させない工夫が、より一層の優しさにつながります。

良く育った肌なら、化粧品成分が理不尽に浸透・侵入することはないので、あまり心配しなくてよいのですが、肌の現実はそうではありません。時にはダメージを受けてバリアー能力が低下していることがいくらでも予想されます。そんな時でも、肌の育ちを後退させない隠れた力になってくれるのが、肌に侵入しにくいクレンジング料です。

以上三点、サッポーが推奨するクレンジング料が備える秘密です。肌が育つ環境を維持するポイントとなっている部分です。参考にしましょう。

サッポーが洗顔料には石けんがイイというのはなぜ?

イメージ画像:サッポーの誇る洗顔料も界面活性剤無しには成り立ちません

石けんは最初に登場した現代的な洗浄剤、もちろん界面活性剤です。なぜか“合成界面活性剤”と呼ばれることは少ないのですが、化学的に合成された界面活性剤の一つです。

なぜサッポーが洗顔に石けんを推奨するかというと、洗顔後の肌に界面活性剤が残らないからです。つまり、角質の剥がれを促進する状態を残さないからです。つまり、より良く肌が育つ洗浄が可能だからです。

洗って汚れを洗い流したあと、界面活性剤が肌に付着するところまでは、他の界面活性剤と同じなのですが、アルカリ性であることが存在条件となっている石けんの場合、すすぎ洗いでアルカリ性が消え、肌に付着した界面活性剤の活性能が消失、界面活性剤ではなくなるのです。他の洗浄剤(界面活性剤)は消失しません。

しかし、石けんには大きな欠点もあります。

  1. アルカリに反応する状態にある敏感な肌に使ってはいけない
  2. 脂質汚れの洗浄に優れているので、洗い過ぎると角質剥がしに繋がりやすい

赤みが出やすい敏感な肌、炎症を伴うニキビ他、炎症のある肌は、サッポーの推奨するクレンジング料による優しいクルクルで汚れを浮かし、すすぎ洗いするだけの肌洗浄法が、最も肌が育つ環境になります。つまり、早く敏感な状況から抜け出せるわけです。

敏感さを卒業した肌だけが石けんの良さを享受できると覚えておきましょう。

私達の皮膚は生きています。この皮膚についた汚れを落とすのがクレンジング料や洗顔料の仕事ではありますが、この汚れを落とす仕事を一番の目的にすると失敗します。肌が健やかに育ち、育った肌が維持されることを一番の目的にすべきです。

汚れがそこそこ取れて清潔になりさえすればいい程度に考えましょう。なぜなら、育った肌についた汚れは、優しい洗浄で簡単にキレイさっぱり取れていくようになるからです。


コメントは受け付けていません。