乾燥が引き起こす痒み!

イメージ画像

毎年冬になると痒みが……

お年寄りが冬になると身体のあちこちをポリポリ掻いて、歳をとると身体が痒くなることが多いと嘆くのは昔からおなじみの光景です。でも、最近は若い方でも、冬になると痒みに悩まされる…という人が増えてきました。

痒みの発生は、肌が「勘弁して下さい」と悲鳴をあげているのだとわかってあげることが大切です。肌に危険が迫っている信号の一つです。ボリボリと爪を立てて無意識に掻いているようだと、肌の健康を保つことはできません。もちろん、美しくしなやかな肌は期待できないと言うことです。

痒いところを掻く時の快感は否定しませんが、痒みの発生しない肌を目指して下さい。その方が快適だし、健康な美肌を目指す王道です。

痒みの多くは肌の乾燥が原因

肌の痒みは、表皮の基底部分まで伸びてきている痒み神経が刺激されることによって発生します。

乾燥(=肌の水分減少)が痒み神経を育てている!?

乾燥させると痒くなる……これはもう常識となっています。ところが、困ったことに肌が乾燥すると、なぜか表皮細胞がこの痒み神経を育ててしまうカラクリが働き悪循環のループに乗ってしまうことはあまり知られていません。

延伸する痒み神経のイメージ

肌を乾燥させると、スルスルと角質層(バリア層)直下まで痒み神経が伸びてくるのです。物理的な刺激が神経に作用すると痒みを感じるのですから、角質層まで延びてきた痒み神経はとても外界の刺激を受けやすい状態になります。

乾燥した肌(角質層)は硬くなりますから、肌そのものが容赦なく神経を刺激しやすい状態になるわけです。硬くなった肌(角質層)が動くだけで痒み神経を刺激することになるのですから、これはたまりません。

痒みは悪循環を起こし、新たな痒みへと拡大していく

痒み神経に痒みをもたらすのは、上のような物理的な刺激だけではありません。もう一つ、化学的な刺激といえる存在があり、痒みの拡大を促す仕組みに繋がっています。

肌が乾いて硬くなると表皮細胞自身が痒み神経に信号を出し痒みを増幅、さらに痒みを覚えた痒み神経がさらに信号を出し、真皮層のマスト細胞にヒスタミン(信号)を放出させる、このヒスタミンがさらに痒み神経を刺激し奥深い痒みへと増幅していく、こんなメカニズムが働くのです。

神様、仏様はどうしてこのような悪循環の拡大が起こるようにされたのでしょうね。肌の乾燥が引き起こす問題の重要性を示唆しているように思えますが……。でもここでボリボリと掻いてしまったら、バリア層は壊され、ますます乾燥しやすい肌状態を作り、悪循環はさらに拡大するのですから「うーん?」と考え込んでしまいます。

だからといって、危険を知らせる感覚が痛みだったら辛いですし、逆に快感であれば危険です。不快ではあっても、まだ痒みが一番まし?かなとも思います。とにかく、痒みは身に迫ったリスクを知らせる合図であることは間違いありません。愛の警告信号と受け取り、智慧ある対処が求められていると解釈すべきでしょう。

乾燥の原因は様々…間違ったケアや習慣を一つひとつきっちり潰していく

痒みの出発点が乾燥であるなら、乾燥させないようにすればいいわけです。ところが、「良いと言われることは何でもしてるのに、良くならない」こんな人が多いのも事実。これは、肌を乾燥させる原因が様々にあり、対策してるつもりが穴だらけの対策だったというケースが多いからです。

十分な保湿と保護のケアを

肌を乾燥させる原因

  1. 乾燥しやすい環境に居ることが多い
  2. 風に吹かれることがよくある
  3. 化粧水や美容液(ボディローション)等での保湿ケアの不足
  4. 乳液やクリーム(ボディクリーム)による保護ケアの不足
  5. 紫外線対策には無頓着である

まず、基本を挙げましたが、これだけなら、「1・2は十分注意してるし、3・4・5の基本的なケア対応も、しっかりしてるつもり」という方は多いでしょう。

でも、例えば、紫外線対策をはしっかりしているつもりの人でも、そのツールが耐水機能が強化された製品であれば、気づくことなく乾燥肌を進行させていきます。気づいた時は乾燥肌を通り越して敏感肌……というのも珍しくありません。

  1. 洗浄剤の選択誤りと、テクニック上の洗い過ぎが隠れていないか

不適切な肌洗浄は、じわじわと乾燥肌を進行させます。でもこれは、解説しなくていいですね。よく解らない方は、サッポー美肌塾のバックナンバーアーカイブを散策してみましょう。

参照:「洗顔」テーマの講義一覧

  1. 熱い風呂が大好き…は、肌を乾燥させる

40℃のお湯でも、長風呂が習慣になっていたら、乾燥肌作りには十分な温度です。41℃や42℃の湯温は短い時間の入浴でも、習慣になっていたらリスキーです。

参照:「入浴の効用と弊害」

  1. カイロ、コタツ、床暖房、ホットカーペット、電気毛布…熱を発する物に注意!

利用方法の巧拙と程度の問題です。熱すぎると、肌との長時間接触は低温火傷を繰り返し、乾燥が進行するだけでなく、敏感肌に転落します。しかし、低温火傷に繋がらない適度な暖かさでも、発熱体のあるところは超乾燥空間を作っていることに注意が必要です。素肌を超乾燥空間におくのですから、着実に肌を乾燥させるのです。コタツの中でも靴下や衣類での保護は重要です。汗が乾燥を和らげてくれるからです。

以上、直接肌を乾燥させる事項を挙げましたが、6・7・8などは、もしかすると乾燥肌の進行とは関係しないと思っていた人も多かったのではないでしょうか?いずれか一つでも該当していたら、他の事項が大丈夫でも、いずれ、乾燥肌が進行していく重要テーマばかりです。

  1. 肌に接触する繊維の質に注意!

これは枝葉のテーマになりますが、既に痒み神経が角質層直下にまで伸びており、痒みに悩まされている肌には重要なテーマというべきかもしれません。ちょっとした繊維の硬さが痒み神経を刺激するようになっているからです。

直接肌に接する繊維は綿のように保水性の高くて柔らかい物が安心でしょう。

冬の痒み発生と、きっぱり縁を切る

顔の肌に不満があると、すぐ大騒ぎしますが、身体の場合は案外無頓着に放置しているケースがよく見られます。肌状況の悪化が進行していても、そう困らないからでしょう。痒みもその一つです。

痒みが時々出るようになっている肌は、それが深刻なものでなくても、肌の水分量は減少していることが多くなっていると判断しましょう。つまり、乾燥肌が進行しているのです。同じ生活スタイル、生活習慣でいると、状況はさらに悪化していくと考えるべきです。

望むべきは早期対処です。対処の基本を考える材料は今日の美肌塾で提供しました。あとは読者の生活スタイルに合わせて考えましょう。迷ったら、サッポー美肌塾相談室に相談ください。

痒みが消えたら、それでOKとしないで、めったに痒みなど感じない肌になるまで、育った肌を目指しましょう。少なくともそこに至るまでは、スキンケア製品も利用すべきです。代替品でもかまいません。身体の肌は、顔よりは環境に恵まれています。対処しやすいはずです。

このようにして育った肌は、悪い習慣さえなくなっていたら、痒みの発生ときっぱり縁を切ることができます。


コメントは受け付けていません。