UVA波とUVB波の違いから見る、紫外線対策の判断基準とは?

新緑の季節。さわやかさとは裏腹に最強クラスの紫外線が降り注ぐ時季でもあります。

5月は紫外線量の最も多い月です。7月や8月の方が紫外線の多い地域もありますが、日本を平均するとやはり5月が最大量ですね。5月→8→7→6→4→3→9月といったところです。3~4月と急速に増え始め、5月にはいきなりピークになりますので、私達の感覚が追いつかないのが現状かもしれません。

外気が爽やかで、日焼けの影響がまだ現れていないものだから、つい油断をして大きなダメージを受けてしまった経験を持つ方もいるでしょう。

紫外線は、シミ、ソバカス、日焼けの原因と言われるだけでなく、乾燥の原因ともなり、結果として、肌荒れやくすみ、肌理が粗くなる、毛穴が目立つようになる、しわやたるみを作っていく、さらに、硬い肌、ごわごわした肌に変わっていきます。最悪は皮膚がんの発症です。

紫外線の怖さは体験だけでなく、知識としても周知が進んでいます。最近はUVケアは当たり前となり、ずいぶん日本人の肌はキレイになったように思います。

はい、ここで質問です。

UV対策、出来ていますか?

「あなたは、自分のUVケアに自信がありますか?」

「大丈夫!自信があります。」と言い切れる人は、極めて少数派だと想像します。100点満点でないといけないなんて言うつもりはありません。「それぞれのケアの完成度は80点で良い」がサッポーの考え方です。しかし、意外とまじめにUVケアをしてるつもりの人が80点を取れていないことが多いのです。

今回の美肌塾は、紫外線のピーク5月になる前に、知ってるはずの紫外線対策を見直す機会としましょう。

紫外線のここが怖い!紫外線防止のポイントを知る

紫外線にはUVA波とUVB波があるのはご存じですね。

波長の長い紫外線「A波」と短い紫外線「B波」のこと。

A波の破壊力は小さいが、肌の深いところ、真皮層まで入り込み、時間をかけて肌内部を破壊、しわやたるみを作っていく。

B波は皮膚表層に影響するだけだが、破壊力は大きく短い時間でも赤くなる炎症を起こす。

いずれも怖いダメージに違いなく、皮膚は紫外線を吸収するメラニン色素を量産して紫外線から身を守ろうとする。この防御の働きが、日焼けや、時にはシミ・ソバカスとして表面化する。日焼けはその後の注意でやがて元に戻るが、シミやソバカスの解消・改善は並大抵ではない。しわやたるみとなると半ば諦めなければならないほど。だから、日常においてUVケアは大切!

こんなところが平均的な知識ではないでしょうか?

このようなことを知っているので、私達はせっせと日々UVケアに努めています。でも、もう一歩踏み込んで理解しておかないと、本当の意味で紫外線を防止できていないことが多いのです。80点越えの優れた紫外線防止になっておらず、まずは合格の60点台に甘んじるUVケアになっています。

紫外線防止の完成度60点台を80点越えにする、もう一歩のポイントとは……
それは、A波紫外線対策にあります。

  • A波紫外線はじわじわ破壊光線で、静かに肌内部の破壊活動を続けている
  • A波紫外線は無視されやすく、その悪影響に気づかないのが特徴である
  • A波紫外線のしわ・たるみを作る影響は、紫外線量×浴びた時間の長さ

何となくA波紫外線対策のポイントが見えてきますね。紫外線の強弱に関係なく、いつもUVケア対策をしていることが重要だと言うことです。その日その日は何の影響も感じないが、何年も先にしわ・たるみが顕在化するのですから。紫外線のダメージに注意しなさいと言われても、その日、その場では何もダメージを感じないというわけです。

たとえば、朝や夕は注意していますか?曇りの日や雨の日も注意していますか?5分くらいならいいか…と思っていませんか?A波は明るさに比例して量が増減しています。暗くなければ存在しているのです。曇りや雨でも、昼間の明るさは室内照明より何倍~10倍・20倍と明るいのが普通です。

しわ・たるみは一度できると、ちょっとやそっとでは消えません。一ヶ月で新陳代謝する表皮と違い、真皮層は4・5年で一度の新陳代謝サイクルだからというのが大きな理由ですが、その数年の間に毎日A波のこつこつとした破壊活動を許していたら、消えないのは当然というのが真相です。

ところが、私達が日常実感している紫外線の怖さは、B波紫外線の方です。

  • B波紫外線はA波の1割程度量だが、破壊力大なため数分で肌に炎症を起こす
  • B波紫外線はA波同様明るさに比例増減するが、増加も減少も加速度的である
  • B波紫外線は肌にダメージとして現れるのが早くわかりやすいダメージである

赤くなる、炎症性のシミ、かゆみやぴりぴり感、等々……、とにかく判りやすいので、この紫外線を避けたい気持ちが紫外線対策の習慣として根付きやすいのです。

つまり、晴れて明るいと紫外線を強く意識し、薄暗いとあまり気にならない。日常の紫外線対策もこの感覚に流されていることが多く、意識せずUVB波対策中心になってしまっているのです。

UVケアは未来の美肌への投資です

でも、これは無理もないことです。見えないもの、感じないものを恐れる必要は感じないし、さらにその防止対策を続けるなんてなかなかできることではないからです。たとえ「良くない、危険だ」という知識があったとしても、「まぁ、これくらいならいいか」の習慣が広範囲に作られ、積み重なっていくのも当たり前と言えるでしょう。

ここは一つ、育ち続ける「未来の肌」に責任を持ったケアの判断ができるようになりましょう。「未来の肌」に責任を持ったケア習慣に磨きをかけていくことです。

いかがでしたか。
あなたが行っている日々のUVケア、未来の肌に責任を持てるケアになっていたでしょうか?

他にも紫外線対策のポイントはありますが、今日は2つの紫外線の性質から見た、一歩踏み込んだUVケアの判断基準を案内しました。ここで間違っていると、いくらUV対策をしっかりしているつもりでも、穴だらけのUVケアになってしまうのですね。

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • UVA波とUVB波の性質の違いを意識する
  • 良いケア習慣で、「未来の肌」は変わっていく
黒板に注目!

「サッポー美肌塾」第559号 / 2014年5月8日 発行


コメントは受け付けていません。