身体の中からキレイに?酵母と酵素、肌との関係

イメージ画像

肌と酵素食品との関係については、従来より一定数の質問があります。身体に良いものであれば、肌の健康にも良いといえます。しかし、どの程度肌に影響するのか……は明確に説明できるものではありません。

また最近では、酵素を産生する「酵母」を利用した化粧水についての質問・相談が増えたように思います。このような製品で肌が健康できれいになるかどうか?といった内容です。

そこで、今回は酵母と酵素、肌との関係について、サッポーの見解をお話しておきます。

酵母と酵素、身体への働き

酵母(菌)
酵母は様々な食品に役立てられている

酵母は、単細胞の真菌類の総称です。発酵を促す触媒となる「酵素」を生み出し、様々な食品作りに役立てられています。

なじみが深いのは、ワインやウイスキー、ビールなど、いわゆる酒造です。他にも醤油に味噌、酢、納豆やチーズなども様々な酵母を利用して作られています。パン作りに利用されるイースト菌も酵母の一つです。

酵素

酵素は、生物全般が作り出すタンパク質です。発酵食品を作るだけが働きではありません。私たちの身体では、機能を維持するためにたくさんの酵素が働いていて、消化酵素と代謝酵素に大別されます。

消化酵素の働きにより、食物が分解され、体内に吸収されます。そして、代謝酵素の働きにより、身体中の細胞が代謝活動を行います。あらゆる活動・新陳代謝を続けるには、酵素はなくてはならない存在なのです。

昔は、酵素が1000種類あると言われていましたが、その数はどんどん増え、今では5~6000種類はあると推定されています。

一つの酵素は一つの役割を持つだけです。身体の機能を維持するためには、数千種の異なった酵素が触媒として働く必要があるということでしょう。

では、このような酵素を利用した食品やサプリメントを摂取すれば、身体の中で私たちが期待するような働きを行うのでしょうか?

残念ながら、そうではありません。

食物から酵素を補給しても、消化吸収される時には、全てアミノ酸に分解され、酵素ではなくなってしまいます。但し、消化酵素は身体に消化吸収されるまでの間、胃腸など消化器官内で働きます。医薬品として認められている酵素も消化酵素だけなのです。

このようなわけで、外部から酵素を補うのは身体によいといえますが、二の次、三の次とサッポーは考えています。様々な酵素を作り続ける健康な身体の維持こそが最重要であり、私達が追求すべきことです。

次に、酵母(菌)を利用した化粧品について、解説していきます。

酵母と酵素、肌との関係は?

酵母(菌)を利用した化粧品に、実際、酵母そのものが配合されているわけではありません。成分表示としては、「酵母エキス」とか、「○○(酵母)培養液」、あるいはまた「○○(酵母)発酵液」などとなっています。つまり、酵母由来成分配合、といった説明にとどまっているはずです。

これはどういうことかというと、酵母の作り出した酵素は、アミノ酸の集合体であり、保湿性能を持ち合わせていて、加工することによって、保湿成分の一つとして働いているということなのです。

なので、酵素を直接肌につけたところで、肌がきれいになる化学反応を起こす触媒としては働くわけではないのですね。

製品評価はここでは控えます。読者の皆様が実際に使ってみて判断しましょう。

食生活は、誰にも関心が高いからでしょうか、健康に良いイメージの酵母や酵素を利用した化粧品が登場したのでしょう。

健康な身体作りが肌にとって良いのは、事実です。そのような意味で、美肌の基礎は、健康な生活が生み出しているとも言えます。

心身ともに健康ならば肌もまた美しく

健康な生活とは?

  • バランスの取れた食生活
  • 適度な運動を習慣に
  • 心の平安を維持

このようなことです。

まんべんなく色んな食品を摂取し、身体にとって適度な運動と、適切な休息(睡眠等)のバランスが健康生活の維持には欠かせないことです。

また、明るくポジティブで爽やか、物事に執らわれのない心が健康な身体と生活を支えていることを忘れてはいけません。

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • 酵素は、身体のあらゆる活動に関わっている大切な存在
  • 酵素を作り続ける身体は、健康生活が基盤となる
黒板に注目!

「サッポー美肌塾」第671号 / 2018年8月22日 発行


コメントは受け付けていません。