サッポーの会報紙「Winds」の人気コーナー“モーリーの美肌クッキング”のウェブ版です。「Winds」掲載の最新記事と、バックナンバー記事を閲覧できます。

様々な栄養を過不足無く摂ることは、健康な肌が育つ大前提。
おいしく、楽しく、肌の育ちを応援しましょう。
日々のお献立や、手料理のレパートリーの充実にお役立て下さい。

今月のメニュー

あじの唐揚げ ねぎソースかけ

ねぎたっぷりでピリ辛

モーリーの
“あじの唐揚げ ねぎソースかけ”

写真/あじの唐揚げ ねぎソースかけ

梅の実の青さが冴える季節です。そんな今月のメニューは、香りとピリッとした辛さが食欲をそそる、ねぎソースたっぷりの「あじの唐揚げ ねぎソースかけ」です。

主役は良質なたんぱく質が豊富で、生活習慣病の予防効果があるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)を多く含む“あじ”です。初夏から7月頃は、脂がのって旨味も栄養価も増し、その上、値段が安い!と三拍子そろっています。味付けや調理法を変えながら食卓に並べ「旬」を楽しみたい食材です。

脇役のねぎ、しょうが、青じそ、みょうがは、香味が効き、香ばしいあじの唐揚げをひきたてています。蒸し暑い日が多くなり、食欲がにぶりがちな梅雨時に、さっぱりと食べやすいこの一皿をお試し下さい。体の中から元気になりますよ。

≪材料(2人分)≫

あじ※
4切れ(2匹分 約200g)
しょう油
小さじ1
小さじ1
片栗粉
適量
揚げ油
ねぎ(みじん切り)
大さじ3
しょうが(みじん切り)
小さじ2
キャベツ
100g
人参
15~20g
青じそ
3~4枚
みょうが
1個
大さじ1
しょう油
大さじ1
砂糖
小さじ1 1/2
だし汁(又は水)
小さじ2
ごま油
小さじ1
ラー油
小さじ1

※ぜいごを取り三枚におろしたもの

≪作り方≫

  1. あじは腹骨と小骨を取り、一口大に切ります。
  2. をふりかけ10分~15分間置き、下味をつけます。
  3. ボールにbの材料を上から順番に入れ、よく混ぜ合わせます。
  4. ねぎしょうがのみじん切りを加え混ぜ合わせ、ねぎソースを作ります。
  5. キャベツは芯の部分を取り除きせん切りに、人参は皮をむき、できるだけ細いせん切りにします。ともに冷水に放し、ざるにあげ水気をしっかりきります。
  6. 青じそは、縦に巻いて端から細く切ります。みょうがは縦半分に切り、斜め薄切りにします。それぞれを冷水に放し水気をしっかりきります。青じそは絞った後、手でほぐしておきます。
  7. を合わせ、よく混ぜます。
  8. 2のあじ水気をキッチンペーパーできれいに拭きとり(余分な粉がつかず余計な油の吸収を防ぎます)、片栗粉を薄くまぶし、170℃の揚げ油でカリッとするまでじっくり揚げます。
  9. 器にを敷き、その上に揚げたてのを盛り、アツアツの内に上から4のねぎソースをかけます。(あじに、ねぎソースの味がしみ込みやすく美味しく仕上がります)