サッポーの会報紙「Winds」の人気コーナー“モーリーの美肌クッキング”のウェブ版です。「Winds」掲載の最新記事と、バックナンバー記事を閲覧できます。

様々な栄養を過不足無く摂ることは、健康な肌が育つ大前提。
おいしく、楽しく、肌の育ちを応援しましょう。
日々のお献立や、手料理のレパートリーの充実にお役立て下さい。

今月のメニュー

新じゃが芋と鶏もも肉の蒸し焼き

爽やかな五月の休日のブランチに

モーリーの
“新じゃが芋と鶏もも肉の蒸し焼き”

写真/新じゃが芋と鶏もも肉の蒸し焼き

青葉、若葉の鮮やかな緑に目が洗われ、木もれ日が気持ちの良い季節です。でも気になるのがこの時季からだんだん強くなる紫外線です。そこで今月は、紫外線対策に有効なビタミンCを効果的に摂取できる一品をご紹介します。

じゃが芋のビタミンCは、でんぷん質に囲まれている為、加熱しても壊れにくい特徴が有り、また仕上げに使うレモンは加熱をせず絞りかけるためビタミンCの損失が抑えられます。すなわち今回は、無駄無くビタミンCがとれる嬉しい一皿になります。化粧品による外からのケアと、食事でビタミンCをとる内からのケアとの両輪で美肌効果を高め、シミも防ぎましょう!

≪材料(2人分)≫

新じゃが芋
300g
鶏もも肉
200g
少々
黒こしょう(粗びき)
少々
きぬさや
5~6枚
パセリ(みじん切り)
大さじ1
にんにく
小2片
ローリエ
1枚
レモン(くし形切り)
2切れ
オリーブ油
大さじ2
白ワイン
大さじ2強
少々
黒こしょう(粗びき)
少々
バルサミコソース(作りやすい分量)
バルサミコ酢
大さじ1
エキストラバージンオリーブ油
大さじ2
しょう油
小さじ1
みりん
小さじ1/2
こしょう
少々

≪作り方≫

  1. 新じゃが芋はよく洗い、皮付きのまま(新じゃが芋の皮は薄いので食べやすく、香りや食感も味わえます)半分に切ります。
  2. をラップに包み、電子レンジ(600W)に4~5分間かけます。(新じゃが芋の大きさにより時間は加減してください)
  3. 鶏もも肉は、3~4cm角に切り、黒こしょうをふります。
  4. にんにくは、2~3つに切ります。きぬさやはさっと色良く茹で、斜め半分に切ります。パセリはみじん切りに、レモンはくし形に切ります。
  5. フライパンにオリーブ油大さじ1とにんにくを入れ、中火の弱火で炒めます。にんにくの香りがたってきたら3の鶏肉を加え、火を少し強めて両面を色良く焼きます。焼き色がついたらにんにくと共に取り出します。
  6. 5のフライパンオリーブ油大さじ1を足し2の新じゃが芋を加え、時々向きを変えながら切り口や皮がこんがりするまで焼き(中火で)、塩少々をふります。
  7. 6のフライパンの余分な油を紙タオルでふき取ります。ここに5の鶏肉とにんにくを戻し入れ、白ワインローリエを加えざっと混ぜ、ふたをして5~6分蒸し焼きにします(弱火で)。じゃが芋に竹串がスッと通るくらい柔らかくなったらOKです。
  8. のふたを取り、火を強め水分を飛ばし、黒こしょうで味を調えます。4のきぬさやとパセリを加え、ざっと混ぜ合わせ火を止めます。
  9. 皿にを盛り、くし形に切ったレモンを添えます。食べる時にレモンを全体に絞りかけます。
  10. バルサミコソースはボールに材料を入れよく混ぜ合わせます。皿の周りに飾るとおしゃれです。蒸し焼きによく合います。