サッポーの会報紙「Winds」の人気コーナー“モーリーの美肌クッキング”のウェブ版です。「Winds」掲載の最新記事と、バックナンバー記事を閲覧できます。

様々な栄養を過不足無く摂ることは、健康な肌が育つ大前提。
おいしく、楽しく、肌の育ちを応援しましょう。
日々のお献立や、手料理のレパートリーの充実にお役立て下さい。

今月のメニュー

さわらの洋風菜種焼き

食卓に春を告げる

モーリーの
“さわらの洋風菜種焼き”

写真/さわらの洋風菜種焼き

朝、晩はまだ冷え込むものの、日中の陽光の暖かさに春のきざしが感じられる頃です。花の便りや渡り鳥の便りと共に、食卓にも春がやってきます。そこで今月は、春先に黄色の花を咲かせる菜の花(「菜種」とも呼ばれます)になぞらえて料理名がつけられた「菜種焼き」をご紹介します。

オーブンで焼いた旬のさわらの上に、ほのかにチーズの風味がする炒り卵をのせ、もう一度軽く焼きます。お子様からご年配の方まで幅広く召し上がっていただけます。菜の花が一面に咲いたような色合いの菜種焼きに、独特のほろ苦さ、香りと彩りのある菜の花を添えたこの料理は、春を告げる一皿。おひな祭りの祝いの膳にいかがでしょうか。

※菜種焼き
材料の上に、炒り卵やゆで卵の卵黄を裏ごししたものをのせ、菜の花に見立てて焼いたもの。
今回は、牛乳や粉チーズ、マヨネーズを入れ洋風の味付けにした炒り卵にしました。

≪材料(2人分)≫

 
さわら
約160g(1切れ80g×2)
少々
こしょう
少々
白ワイン
小さじ1
 
菜の花
4本
少々
1個
牛乳
小さじ2
粉チーズ
大さじ1
塩、こしょう
少々
マヨネーズ
小さじ1
オリーブ油
小さじ1

≪作り方≫

  1. さわら塩、こしょうをし、白ワインをふりかけてしばらくおきます。
  2. 菜の花を色良く塩ゆでし、4~5cm長さに切ります。
  3. 天板にクッキングシートを敷き、その上に水気をきれいにふき取ったを身を上にしてのせます。250℃に上がったオーブンで8分間ほど焼き、火を通します。(さわらの形状により、焼き時間は加減して下さい。)
  4. ボールにaの材料を入れ、よく混ぜ合わせます。
  5. フライパンにオリーブ油を熱し、を流し入れ、炒り卵を作り、やわらかめのうちに火を止めます(見た目も食感も良く仕上がります)。ここにマヨネーズを加え、さっと混ぜ合わせます。
  6. 焼き上がった3のさわらの上に、5の炒り卵をのせ、もう一度オーブンに入れ(250℃)1分~1分半ほど焼きます。
  7. 皿にを盛り、2の菜の花を添えて供します。