サッポーの会報紙「Winds」の人気コーナー“モーリーの美肌クッキング”のウェブ版です。「Winds」掲載の最新記事と、バックナンバー記事を閲覧できます。

様々な栄養を過不足無く摂ることは、健康な肌が育つ大前提。
おいしく、楽しく、肌の育ちを応援しましょう。
日々のお献立や、手料理のレパートリーの充実にお役立て下さい。

今月のメニュー

豚肉と生野菜の手巻きサラダ

夏の疲れを吹き飛ばす元気メニュー

モーリーの
“豚肉と生野菜の手巻きサラダ”

写真/豚肉と生野菜の手巻きサラダ

七月の中頃には梅雨が明け、太陽の光がまぶしい季節です。昼は猛暑、夜は熱帯夜という日が続くと、暑さで体がだるく、ぐったりしてしまいます。

そこで今月は、疲れやストレスを感じた時におすすめの元気が出るメニューをご紹介します。この「豚肉と生野菜の手巻きサラダ」は、疲労回復ビタミンと呼ばれているビタミンB1が多い豚肉と、アリシンが豊富なねぎやにんにくとの組み合わせで、ビタミンB1を効率良く吸収でき、体のリフレッシュにつなげる一品です。にんにくや豆板醤がきいたこくのあるタレが食欲をそそります。

調理に手間がかからず火を使う時間も短いので、暑いこの時季にピッタリ。一度お試し下さい。

≪材料(2人分)≫

豚バラ肉(うす切り)
4~6枚
(ロースやモモのうす切り、しゃぶしゃぶ用などもOK)
ねぎ
適量
しょうが
適量
サニーレタス(サラダ菜、サンチュなどもOK)
4~6枚
きゅうり
30g(長さ4~5㎝)
ねぎ
30g(長さ4~5㎝)
人参
20g(長さ4~5㎝)
かいわれ菜
1/2パック
にんにく(みじん切り)
小さじ1
豆板醤
小さじ1/2
しょう油
大さじ2
みりん
小さじ1
砂糖
大さじ1/2
小さじ1/2
ごま油
小さじ1/2
ラー油
小さじ1/2
※タレは作りやすい分量で記載しています
パセリ
適量

≪作り方≫

  1. サニーレタスは洗って水けをきります。
  2. きゅうりねぎは細切りにします。(ねぎの芯の部分は、豚肉を茹でる時に使うので、とっておきます)人参は皮をむき、きゅうりやねぎよりもやや細めの細切りにします。
  3. かいわれ菜は、根を切り落とします。
  4. ボールにaの材料を入れ、よく混ぜ合わせタレを作ります。
  5. 鍋に水とねぎ(2でとっておいた芯の部分)しょうがを入れ、火にかけます。フツフツしてきたら豚肉をしゃぶしゃぶの要領で一枚ずつ火を通します。(肉が固くなるので火の通し過ぎに気をつけましょう)
  6. 2と3のそれぞれの野菜の1/4~1/6量ずつ5の豚肉で巻きます。これを4~6つ作ります。
  7. 皿にサニーレタスを2~3枚敷き、6の豚肉の野菜巻きを2~3つずつ盛り、パセリを飾ります。小さな容器に4のタレを入れ、添えます。
  8. 豚肉の野菜巻きをサニーレタスで包むように巻き、タレをつけて食べます。

※注:茹でた豚肉は、冷蔵庫に入れると、脂が固まり味が落ちるので、冷やさないように。