サッポーの会報紙「Winds」の人気コーナー“モーリーの美肌クッキング”のウェブ版です。「Winds」掲載の最新記事と、バックナンバー記事を閲覧できます。

様々な栄養を過不足無く摂ることは、健康な肌が育つ大前提。
おいしく、楽しく、肌の育ちを応援しましょう。
日々のお献立や、手料理のレパートリーの充実にお役立て下さい。

今月のメニュー

ハンガリアングーラッシュ

パプリカパウダーが決め手 ハンガリー風ビーフシチュー

モーリーの
“ハンガリアングーラッシュ”

写真/ハンガリアングーラッシュ

いろいろな思い出を残して去る2018年。来る年は、どんな年になるでしょう。穏やかな年になるといいですね。さて今月のメニューはクリスマスのホームパーティーにおすすめの「ハンガリアングーラッシュ」です。

パプリカパウダーが入ったこの一品は、パプリカの主産地であるハンガリーの代表的な料理で、上品な香りがするビーフシチューです。カレーのようにご飯にかけても美味しく、またトーストしたパンにもよく合います。前日に作って一晩ねかせると味がしみ込み旨味がぐ〜んと増します。それに当日は温めるだけでOK!忙しい思いをせず、お客さまと一緒にパーティーを楽しむことができますよ。

慌ただしい年の瀬ですが、じっくり煮込んだ温かい手料理を囲んで、和やかなひとときをお過ごし下さい。

≪材料(2人分)≫

牛肉(ランプ、バラ、肩ロースなど)塊
200g
赤ワイン
大さじ2
ニンニク(すりおろす)
1かけ分
小麦粉
適量
オリーブ油
大さじ1 1/2
バター
10g
玉葱
200g
にんにく
1かけ
じゃが芋
150g
人参
70g
ブラウンマッシュルーム
4~6個
クレソン
2~3枝
カットトマト(缶詰)
200g
赤ワイン
カップ1/2
トマトペースト
大さじ1
パプリカパウダー
大さじ1
オレガノ
少々
キャラウェイシード
小さじ1
ブイヨン顆粒
1袋(4g)
カップ3~4
塩、こしょう
各適量

≪作り方≫

  1. 牛肉は2cm角に切りaでマリネします(1時間ほど)。(漬け汁につけることで牛肉がやわらかくなります)
  2. 玉葱じゃが芋人参は1.5cm角に切ります。じゃが芋は水に放しザルにあげ水気をきります。にんにくは、みじん切りに、マッシュルームは石づきを取り、大きければ半分に切ります。
  3. 厚手の鍋にオリーブ油大さじ1/2バターを熱し、2の玉葱とにんにく弱火で、玉葱が薄いきつね色になるまでゆっくり炒めます。(玉葱の甘味がでて美味しくなります)
  4. の水気を拭き取り、焼く直前に(塩をふってから時間をおくと、その間に、水分と一緒に旨味も出てしまいます)しっかりめに塩、こしょうします。(マリネ液は、とっておきます)
  5. に薄く小麦粉をまぶします。
  6. フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、5を強火で炒め、表面にしっかり焼き色をつけます(牛肉を焼きつけたこうばしさが美味しさを作ります)。焼き色がついたものから取り出し3の鍋に入れます。
  7. 牛肉を取り出したあとの6のフライパン4でとっておいたマリネ液と、赤ワインを加え、フライパンの底についた旨味をこそげ取ります。(フライパンの中身の液は9で使います)
  8. 6の牛肉が入った3の鍋に2のじゃが芋、人参、マッシュルームを入れ、カットトマトトマトペーストパプリカパウダーオレガノキャラウェイシードブイヨン顆粒塩少々を加え、全体がなじむように炒め合わせます。(じゃが芋は、煮くずれしやすいので炒め合わせた後取り出します)
  9. とひたひたの水(カップ2~3)を加え、強火で煮ます。フツフツしてアクが出てきたらすくい取り、ふたを少しずらしてかぶせ、弱火で1時間30分ほどコトコトと煮込みます。牛肉がやわらかくなったら8で取り出したじゃが芋を加え、さらに30分ほど煮ます。焦さないように時々かき混ぜ、煮つまってきたらを足して調節し、最後に塩、こしょうで味を調えます。
  10. を器に盛りクレソンを添えます。