サッポーの会報紙「Winds」の人気コーナー“モーリーの美肌クッキング”のウェブ版です。「Winds」掲載の最新記事と、バックナンバー記事を閲覧できます。

様々な栄養を過不足無く摂ることは、健康な肌が育つ大前提。
おいしく、楽しく、肌の育ちを応援しましょう。
日々のお献立や、手料理のレパートリーの充実にお役立て下さい。

今月のメニュー

小松菜と厚揚げのマーボー風

名コンビでカルシウムの吸収率をアップ!

モーリーの
“小松菜と厚揚げのマーボー風”

写真/小松菜と厚揚げのマーボー風

寒が明けると暦の上では“春”となりますが、実際は寒さが最も厳しい季節です。

そこで今月は冬に多い骨折(特に高齢者の方)や、骨がカスカスになる骨粗しょう症の予防効果が高く、その上、冷え込んだ体を中からじんわり温めるメニュー「小松菜と厚揚げのマーボー風」をご紹介します。

おなじみのマーボー豆腐に使う木綿豆腐を、さらに栄養価の高い厚揚げに代え、小松菜をプラスしたこの料理は、丈夫な骨や歯を作るカルシウムの体内吸収率がグ~ンとアップされたカルシウム強化の一皿となります。それに加え一緒に入れる豆板醤、しょうが、ねぎ、にんにくが、血行を良くし、新陳代謝を高め、体を芯から温めてくれます。

カルシウムがしっかり摂れ、体を温め免疫力を高めるこの一皿を、たっぷり食べて寒い冬を元気に過ごし、骨美人になりましょう!

≪材料(2人分)≫

小松菜※1
200g
厚揚げ※2
150g
豚ひき肉
100g
青ねぎ
2本
しょうが(みじん切り)
大さじ1
にんにく(みじん切り)
小さじ1
豆板醤
小さじ1
ごま油
大さじ1
しょう油
小さじ1/2
小さじ1/2
カップ3/4
大さじ1
しょう油
大さじ1
オイスターソース
小さじ1
片栗粉
大さじ1
大さじ2

※1…小松菜は、あくが少ないので、下茹で無しで手軽に使え、ビタミンCなどの水溶性のビタミンを効率よく摂取できます。カルシウムはほうれん草の3.5倍です。

※2…厚揚げは木綿豆腐に比べカルシウムが2倍、鉄が2.9倍、タンパク質が1.6倍です。

≪作り方≫

  1. 小松菜は茎と葉に分け、長さ4~2cmに切ります。青ねぎは小口切りにします。
  2. 厚揚げは、湯通しして油抜きした後(カロリーが低くなります。また、味のしみ込みが良くなります)、食べやすい大きさに切ります。
  3. 中華鍋(又はフライパン)にごま油を熱し、豆板醤しょうがにんにくを入れ、弱火でじっくり炒めます。(油に辛みと香りを移し、味を引き立てます)
  4. の香りが出てきたら、豚ひき肉を加え中火で炒めます。を加え、パラパラになるまで炒めます。
  5. 1の小松菜の茎、葉を少し間をおいて順に加え、やや強火で軽く炒めます。
  6. 2の厚揚げを加え、全体がなじむように炒め合わせ、を加えて3~4分煮ます。
  7. cの水溶き片栗粉様子をみながら回し入れ、とろみをつけます。フツフツしてきたらねぎを加え、さっとひと混ぜし、火を止めます。
  8. を器に盛り、あつあつを供します。