サッポーの会報紙「Winds」の人気コーナー“モーリーの美肌クッキング”のウェブ版です。「Winds」掲載の最新記事と、バックナンバー記事を閲覧できます。

様々な栄養を過不足無く摂ることは、健康な肌が育つ大前提。
おいしく、楽しく、肌の育ちを応援しましょう。
日々のお献立や、手料理のレパートリーの充実にお役立て下さい。

今月のメニュー

あさりと春キャベツのトマトスープ

春の畑と海の旬を取り合わせた滋味豊かなスープ

モーリーの
“あさりと春キャベツのトマトスープ”

写真/あさりと春キャベツのトマトスープ

花ほころぶ四月は海の幸、山の幸が出まわる嬉しい季節です。そこで今回は、まさに旬、旨みが増し身がふっくらとした「あさり」と、やわらかくて甘みのある「春キャベツ」が主役の具だくさんスープをご紹介します。

2つの主役を組み合わせて食べることで、あさりに多く含まれている鉄分、造血のビタミンと呼ばれているビタミンB12と、春キャベツに豊富なビタミンCとを一緒に摂取できるため、鉄分の吸収がより高まり貧血の予防、改善にとても効果的な一品となります。血行不良で肌がくすんで悩んでいる方にもおすすめです。

旬のもの同士は栄養分の相乗効果があり、味の相性も良いと言われます。季節の変わり目で体調を崩しやすいこの時季、旬の食材を上手くメニューに取り入れ美味しく食し、健やかにお過ごし下さい。

≪材料(2人分)≫

あさり(殻つき)※
200g強
白ぶどう酒
大さじ2
こしょう
少々
春キャベツ
150g強
玉葱
100g
セロリ
30g
にんにく
小1片
パセリ
適量
カットトマト(缶詰)
200g
トマトケチャップ
大さじ1
コンソメ顆粒
3g
しょう油
小さじ1/2
塩、こしょう
オリーブ油
小さじ2
カップ2

※あさりは砂出ししたものを使います

≪作り方≫

  1. あさりを鍋に入れ火にかけ、こしょう少々をふりかけ白ぶどう酒を加えふたをします。口が開いたらあさりを取り出します。
  2. の鍋に残っているあさりの蒸し汁をふきんで漉します(残っている砂をきれいに取り除き、美味しいスープに仕上げます。このひと手間が大切!)漉し汁で使うのでとっておきます。
  3. 春キャベツは一口大に、玉葱セロリは薄切りに、にんにくはみじん切りにします。
  4. パセリはみじん切りにした後、布巾に包みぎゅっと絞って水気を取り、パラパラの状態にしておきます。
  5. 鍋にオリーブ油を熱し、にんにくを炒めます(弱火で)。香りがたってきたら、玉葱セロリを加えしんなりするまで炒めます(中火の弱火で)。
  6. カットトマト(缶汁ごと)トマトケチャップ2のあさりの漉し汁を加え、全体をなじませるように混ぜながら火を入れます。
  7. コンソメ顆粒を加え、強火で煮ます。フツフツしてきたらアクをきれいにすくい取ります。
  8. 春キャベツを加え火を弱め、柔らかくなるまでコトコトと煮ます。
  9. 1のあさりを戻し入れ、しょう油を加え軽く煮ます(煮すぎるとあさりの身がかたくなるので、注意しましょう)。味をみて塩、こしょうで調えます。
  10. 器にをよそい、4のパセリを散らします。