サッポーの会報紙「Winds」の人気コーナー“モーリーの美肌クッキング”のウェブ版です。「Winds」掲載の最新記事と、バックナンバー記事を閲覧できます。

様々な栄養を過不足無く摂ることは、健康な肌が育つ大前提。
おいしく、楽しく、肌の育ちを応援しましょう。
日々のお献立や、手料理のレパートリーの充実にお役立て下さい。

今月のメニュー

前菜 三種盛り

おせち料理にお酒の肴に

モーリーの
“前菜 三種盛り”

写真/前菜 三種盛り

2017年がスタートしました。今年も栄養価が高く経済的な旬の食材を使い、食卓を豊かにし美容と健康に役立つメニューをお届けしたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

今年最初にご紹介する料理は、おせちにおもてなし料理に、お酒のおつまみやお弁当のおかずにと、いろいろ活用できる三種の前菜です。

かまぼこに少し飾り包丁を入れるだけで見栄えがする「手綱かまぼこ」をはじめ、他の二品も身近な旬の食材で簡単に作れます。是非、一度お試し下さい。

≪材料(2人分)≫

錦巻き
1個
少々
白菜の葉の部分
適量
かにかま
4本
サラダ油
だし汁
小さじ2
小さじ1
みりん
小さじ1/2
薄口しょう油
小さじ1/2
大根の南蛮煮
大根
200g
ごま油
小さじ2
赤唐辛子
1本
だし汁
カップ2
濃口しょう油
大さじ1 1/2
みりん
小さじ2
砂糖
小さじ1/2~1
手綱かまぼこ
紅色かまぼこ
1/2枚

≪錦巻き 作り方≫

  1. ボールにを入れ、溶き卵を作ります。フライパン(直径14cmを使用)にサラダ油を熱し、薄焼き卵を2枚焼きます。
  2. 白菜の葉の部分を、熱湯で茹で、ざるにあげます。しっかり水気をきります。(水気が残っていると、水っぽくなり味が落ちます)
  3. 巻きす(ラップでも可)を広げ、1の薄焼き卵を1枚のせ、その上に2の白菜1/2量を重ねます。手前にかにかま2本を横一列に並べ、クルクルと巻きます。同様に、もう1本作ります。巻きす(又はラップ)の上から形を整え、巻き終わりを下にして落ち着かせます。
  4. ボールにbの材料を入れ、よく混ぜ合わせて、かけ酢を作ります。
  5. の両端を少し切り落とし、適当な大きさに切り分けます。

≪大根の南蛮煮 作り方≫

  1. 大根は皮を厚めにむき、長さ4~5cmの太めの拍子木切りにします。赤唐辛子は種を除き、薄く輪切りにします。
  2. 鍋にごま油を熱し、弱火でゆっくり赤唐辛子を炒めます。(辛みがよく出ます)辛みが出てきたら1の大根を加え、軽く炒めます。(中火で)
  3. を加え強火にし、煮汁がほとんど無くなるまで煮ます。

≪手綱かまぼこ 作り方≫

  1. 紅色かまぼこを厚さ1cmほどに切ります。
  2. の山の部分を紅色にそって2/3ぐらいはがし、中央に切りこみを入れます。
  3. はがした端の部分を切りこみにくぐらせ、元の位置に被せます。飾り切り図解

≪盛り付け≫

  1. 皿に、南天や菊の葉を敷き、「錦巻き」「大根の南蛮煮」「手綱かまぼこ」を盛ります。
  2. 錦巻き」にかけ酢を少しかけます。