男性ニキビ肌にクレンジングクリーム?!

ニキビ肌に向けた洗顔体験キャンペーンを続けているからでしょうか。(※配信当時)
男性読者が随分増えました。男性のご相談に時々「あっ!ここなんだ」を教えられます。
スキンケアの情報洪水に巻き込まれていなかったが故にでしょうか。
ピンポイントの重要な視点を教えていただいております。

今日はそんなお一人、“TAISUKE”さんのご相談を紹介します。

女性読者の方も多いに参考にしてください。
皮膚としては同じ。肌改善の考え方も同じでよいのです。
習慣と環境が多少異なるので対処法が違って見えるだけです。

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

■ “TAISUKE”さん のご質問・相談

>  サッポーの化粧品を愛用している23才の男性です(二ヶ月少々
>  前から使用開始された)。にきびで悩んで色々試してきました
>  が、全然良くなりませんでした。しかし美肌塾でにきびのできる
>  根本的な原因を知り、正しいスキンケアとサッポーの化粧品の
>  おかげでずいぶんと綺麗になりました。ありがとうございます。

>  今回質問したいことというのはクレンジングについてです。僕は
>  男なので化粧はしないですが、なにかの情報で男性もたまには
>  クレンジングして肌の汚れを取り除くほうが良いと聞いたことが
>  あるのですが、実際のところどうなのでしょうか?

>  今は母の化粧落としコールドクリームで週に1・2回マッサージし
>  ているのですが、誤ったスキンケアをしているのではと、ふと不
>  安になり今回メールいたしました。もしクレンジングしたほうが良
>  いのなら、その方法もぜひお教え願いたいです。
>  お返事はいつになってもいいのでよろしくお願いいたします。


■ サッポーからのアドバイス返信

以前から殿方のご利用をチラホラと見ておりましたが、洗顔を表に出してスポンサーが広告するようになったからでしょうか。
最近は随分男性の愛用者が増えました。
“TAISUKE”さんと同じようにニキビが縁となって「うん、試してみようか。」という出会いが圧倒的に多いようです。

男性の化粧についてはいろいろと意見が別れそうですが、スキンケアそのものについては、全ての男性にもっと積極的に取り組んでいただきたいものとサッポーは考えます。
健康で元気な肌は誰にとっても好ましいですものね。

 
 

化粧をしない男性の肌に、化粧落としクレンジングは必要?

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

>  僕は男なので化粧はしないですが、なにかの情報で男性もたま
>  にはクレンジングして肌の汚れを取り除くほうが良いと聞いたこ
>  とがあるのですが、実際のところどうなのでしょうか?

▼ 化粧をしなくても、化粧落としクレンジングを使用することは肌によいことです。

結論から先に申し上げますと、肌の健康にとって迷惑な汚れは石けん洗顔だけで十分に取り除くことが出来ています。

それなら化粧をしない肌にとって、化粧落としクレンジング料の使用は全く意味がないの‥?というと、そんなことはありません。
化粧をしなくても肌には様々な汚れが付着します。
大気中のチリや金属、その他に石けんでは溶けないタイプの汚れ等々です。
これらの汚れは石けんに溶けなくても洗顔することによってたいていは肌から離れていくのですが、一部は残ります。

これらの汚れをクリームやオイルにゆっくりとなじませ、肌から浮き上がらせ、洗い流し(or 拭き取り)、石けんで仕上げ洗顔することは良いことには違いありません。

▼ 肌によいことでもほとんど役立っていないことが多い。

しかしこのような汚れが多少残っていても、肌の健康を損なうダメージを肌に与えるような状態であることは余りありません。
必ずしも、いつもそう神経質に取り除く必要はないというのがサッポーの大きな視点です。

寿命が来た角質が日々の洗顔で毎日剥がれていくわけですから、その日の洗顔で取れなかった汚れも、翌日には角質と一緒に剥がれていくのです。

しかし!しかし...です。また別の視点があります!!

▼ 化粧をしなくても、化粧落としクレンジングの実行が肌改善に大いに役立つ場合がある。

角質層の状態が著しく良くない場合、目にはよく見えませんが肌表面の角質は水分が少なく硬くなっていて、傷みの著しい肌部分の肌理や毛穴付近に付着した油脂・皮脂の酸化物が取れにくくなって、角質にこびりついていることが多いのです。

これら酸化物の汚れを放置したとしても、どうせ翌日には角質と一緒に剥がれるから良いのでは、といいたくなるところですが、この場合、実はそうではないのです。

肌にとってもっとも恐い汚れとは、これら皮脂・油脂の酸化物なのです。なぜかというと角質剥がれを促進するものだからです。
油脂の酸化汚れを放置すると角質をつなぐ細胞間脂質に酸化が伝染していき、角質が剥がれやすくなっていきます。
酸化が進行すると一日一層ずつ角質の層が剥がれていくべきなのが、部分的に二層、三層といったペースで剥がれていきます。

これでは肌が成熟した角質に育つゆとりがありません。
従って、肌の基本的な構造改善を必要としている場合、化粧をしない肌にとっても化粧落としのクレンジングを使用することは大いに意味があります。
溶かす能力はないのにクリーム(オイル)でムニュムニュとマッサージしていると浮き上がってくるのです。

一方、良く育った柔らかい肌なら、これら酸化油脂も石けん洗顔だけで簡単に洗い流せます。
洗顔料を使用しなくてもゆっくりとお風呂にはいるだけでもだいたいは洗い流せているものなのです。
しかし硬い肌にこびりついた場合、洗浄剤を使用しても取れなくなっていることが多いのですね。

「なるほど、そうか。肌の状態によっては化粧落としのクレンジング料を使用するのも良いわけだ。」

となるわけですが、ここで注意です。
使用するクレンジング料の種類によっては成果に繋がらないものが多くあります。

>  今は母の化粧落としコールドクリームで週に1・2回マッサージし
>  ているのですが、誤ったスキンケアをしているのではと、ふと不
>  安になり今回メールいたしました。もしクレンジングしたほうが良
>  いのなら、その方法もぜひお教え願いたいです。

▼ 化粧落としクレンジング料は、洗い流してもクリームやオイルのぬめりが肌に残るものを使用する。

さっぱりと洗い流せるものの使用は避けます。
逆効果です。

さっぱり洗い流せる製品は界面活性剤が洗浄剤として使用されているため、肌に界面活性能が残るのでしたね。
これではたとえ酸化油脂を洗い流せても、別の方法で角質を剥がれやすくする下拵えをしていることになります。

“TAISUKE”さんの母上がご使用になっている「コールドクリーム」が言葉通りのコールドクリームであれば、上の心配はありません。
大丈夫です。
すすぐだけではべったりとクリームの油脂が肌に残るはずです。
これなら安心です。

最近は名前だけで選択の判断をすると、思わぬ失敗をするようになりました。
クリームタイプやオイルタイプといっても洗浄剤として界面活性剤を配合し、洗い流せるタイプが多くなっているのですね。
これだと肌改善は遅々として進みません。

▼ 湯水でさっぱり洗い流せる化粧落としの日常使用は避ける。

サッポーはこの選択基準がお勧めです。
数ある界面活性剤が乳化剤として配合されているのか、洗浄剤として配合されているのかなど、いくら成分表示を見たって分からないですからね。

お尋ねの使用方法については、下記がポイントです。

  • 指が滑らかにすべる状態で使用する
  • けっして強い圧力は加えない
  • しっかりより丁寧を意識したマッサージを習慣に

マッサージそのものも、汚れをなじませるマッサージもこの三点を守れるようにしていたら、いろいろ言われている他の細かいことは、特に気にしなくてよいでしょう。
枝葉の部分です。
枝葉が本質を駆逐して間違ったケアに流れることはとても多いのです。

 
 

酸化ダメージは時間の経過とともに掛け算で拡大していく

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

>  週に1・2回マッサージしている…

▼ 肌が改善を求めているときは毎日一度は実行。
よくなったらやめてよい。

改善する必要がある肌状態なら、少なくとも一日一度、夜の洗顔時に実施することです。
間隔を空けて時々実施するのでは、肌の改善努力をかなり無駄にしていることになります。
なぜなら、酸化ダメージは絶えず増大しているダメージだからです。

※酸化ダメージとは

皮脂・油脂の酸化したものは特別な名前が付いていて、過酸化脂質と呼ばれます。
脂質そのものが他の物質に比べると酸化しやすいわけですが、過酸化脂質に変質すると連鎖的に酸化が進行していくというか、伝染していく性質を持っています。

私達女性が朝晩せっせと洗顔してるのは、ただ汚れを落とすという以上に、この酸化汚れを落とすところに大きな価値があってしていることなのです。
酸化ダメージは時間の経過とともに掛け算で大きくなっていく性質を持っています。

だから一日二度の洗顔で、その掛け算をストップさせて、一からスタートし直させることが酸化ダメージを少なくし、肌を守ることになります。

「それなら、もっと洗顔回数を増やしたら酸化ダメージはもっと減るのでは?」といえそうですね。
確かに酸化ダメージは減少しますが、今度は洗い過ぎとなり、目的にしていた大切にすべき角質が剥がれていきます。
これではいけません。本末転倒ですね。

以上のようにケアを続けて、肌も柔らかくなり、ニキビや毛穴などが気にならなくなったら、石けん洗顔だけで十分に酸化油脂は洗い流せるようになっています。
化粧落としクレンジング使用の必要性はほとんどなくなります。
やめて良いわけです。

 
 
 
 
S》》 以上がアドバイスとなります。
肌が育ち改善されるのは、ゆっくりとした歩みです。
長い目で肌を見、育っていくのを見守っていきましょう。
S》》 ハイ、今日の授業はこれまで。
 
 

コメントは受け付けていません。