サッポーの会報紙「Winds」の人気コーナー“モーリーの美肌クッキング”のウェブ版です。「Winds」掲載の最新記事と、バックナンバー記事を閲覧できます。

様々な栄養を過不足無く摂ることは、健康な肌が育つ大前提。
おいしく、楽しく、肌の育ちを応援しましょう。
日々のお献立や、手料理のレパートリーの充実にお役立て下さい。

今月のメニュー

鶏肉のバーベキューソース焼き

手作りソースで、ごちそう風

モーリーの
“鶏肉のバーベキューソース焼き”

写真/鶏肉のバーベキューソース焼き

十二月、一月は日々の仕事の他に年末年始の挨拶や集まりが多く、多忙な時季です。

さて、今回ご紹介するメニューは、そんな慌ただしい時に手軽にできる「鶏肉のバーベキューソース焼き」です。ソースに鶏肉を漬け込んで焼くだけで、風味良く仕上がります。普段のメインのおかずはもちろんのこと、“ごちそう感”があるので、パーティー料理としても役立つ一品です。

バーベキューソースは肉類、魚類、野菜などを直火で焼きながら食べる「バーベキュー」の時に、食材のマリネ用や添える調味料として使用されるソースです。家庭によく有る材料で簡単に作れます。一度お試し下さい。

トマトケチャップやトマトピューレーをベースに調味料や香辛料を自分好みのものに代えて、味のアレンジも楽しめますよ。

≪材料(2~3人分)≫

鶏もも肉(1枚)
300g強
レタス
適量
ベビーリーフ
適量
ミニトマト
4~6個
レモン(くし形)
2~3切れ
サラダ油
小さじ1
a(バーベキューソース)
トマトケチャップ
大さじ5
たまねぎ(すりおろし)
大さじ1強
りんご(すりおろし)
大さじ1
しょうが(すりおろし)
小さじ1/2
にんにく(すりおろし)
小さじ1/2
ウスターソース
小さじ1
しょうゆ
小さじ1
米酢
小さじ1
タバスコ※
小さじ1/2
粗びきこしょう
少々

※量は好みで加減して下さい。入れなくてもOK

≪作り方≫

  1. 鶏もも肉は、余分な脂と筋を取り除きます。厚い部分に切り込みを入れて開き、フォークで全体に穴を空けます。一枚を2~3等分します。
  2. レタスベビーリーフは冷水でパリッとさせます。レタスは食べやすい大きさにちぎります。
  3. ボウル(保存袋でもOK)にaの材料を合わせてよく混ぜ、バーベキューソースを作ります。
  4. 3のバーベキューソース1の鶏肉を入れ軽くもみ、2時間ほど漬けておきます。
  5. フライパンにサラダ油を熱し、バーベキューソースをぬぐい取った4の鶏肉を皮目を下にして並べ入れ、中火の弱火で焼きます。皮目に焼き色がついたら、ひっくり返しフタをして、弱火で蒸し焼きにします。
  6. 残ったバーベキューソースを加え、肉にからめ火を止めます。
  7. 6の鶏肉をソースごと皿に盛り(食べやすい大きさに切ってもOK)、2のレタス、ベビーリーフくし形レモンミニトマトを添えます。