サッポーの会報紙「Winds」の人気コーナー“モーリーの美肌クッキング”のウェブ版です。「Winds」掲載の最新記事と、バックナンバー記事を閲覧できます。

様々な栄養を過不足無く摂ることは、健康な肌が育つ大前提。
おいしく、楽しく、肌の育ちを応援しましょう。
日々のお献立や、手料理のレパートリーの充実にお役立て下さい。

今月のメニュー

腰果肉丁(ヤオグゥオロウティン)

香りと辛みで食欲をそそる

モーリーの
“腰果肉丁(ヤオグゥオロウティン)”

写真/腰果肉丁

六月、七月は梅雨入りから梅雨明けへと季節が進み、気温、温度ともに高く過ごしにくい日が多いですね。当然、食欲もにぶりがちになります。その上、細菌が繁殖しやすく食中毒にも要注意。そこで今回はスパイスを効かせて食欲をそそるとともに、しっかり加熱調理することで食中毒の不安も取り除いた一品「腰果肉丁(カシューナッツと豚肉のさいの目炒め)」をご紹介します。

食材のカシューナッツ、豚肉、野菜には健康や美肌作りに効果的なタンパク質、ビタミン、ミネラルがバランス良く含まれていて、栄養的にも優れたメニューです。

カシューナッツの香ばしさと歯ざわりが味を引き立て、刺激のある花椒(中国の山椒)の香りと辛みにお箸がすすみますよ。

≪材料(2人分)≫

豚肉(厚さ1cm トンカツ用)
100g
少々
小さじ1
しょう油
小さじ1/2
溶き卵
大さじ1
片栗粉
小さじ2
サラダ油
小さじ1
カシューナッツ
40g
ピーマン
1個
赤ピーマン
1個
たけのこ(茹)
50g
白ねぎ
50g
花椒(ホワジャオ)
小さじ1
赤唐辛子
2~3本
土生姜
15g
サラダ油
大さじ1
揚げ油
しょう油
大さじ1 1/2
小さじ2
小さじ2
砂糖
小さじ2
小さじ2
こしょう
少々
片栗粉
小さじ1
小さじ2

≪作り方≫

  1. 豚肉は1cm角切りにし、しょう油で下味をつけます。
  2. ボウルに溶き卵1の豚肉を入れ軽く混ぜ、片栗粉をまぶしサラダ油をふり混ぜます。
  3. ピーマン赤ピーマンたけのこは1cm角切りに、白ねぎは1cm長さに切ります。
  4. 赤唐辛子は種を取って小口切りに、土生姜はせん切りにします。(赤唐辛子の半量は飾り用にとっておきます)
  5. ボウルにaの材料を入れてよく混ぜ、合わせ調味料を作ります。もう一つのボウルにで水溶き片栗粉を作ります。
  6. 中華鍋を火にかけ、揚げ油を入れ、低温でカシューナッツを色づく程度に素揚げします。(色づきやすいので、油の温度に気をつけましょう)
  7. 6の揚げ油2の豚肉をほぐすように混ぜながら揚げます。
  8. 豚肉を揚げた後の油をボウルに移し、中華鍋を空にします。
  9. 8の中華鍋弱火にかけサラダ油を入れ、4の赤唐辛子の半量花椒を加えゆっくり炒めます。油に香りと辛みがついたら、赤唐辛子花椒は取り除きます。
  10. 4の土生姜を入れて炒めます。火を強めて3の野菜を加え軽く炒めます。ここに7の豚肉5の合わせ調味料を加え全体に炒め合わせ6のカシューナッツも加え、さっと混ぜます。最後に5の水溶き片栗粉を様子を見ながら加え、全体を混ぜ合わせて火を止めます。
  11. 10を器に盛り4の飾り用赤唐辛子を散らします。