サッポーの会報紙「Winds」の人気コーナー“モーリーの美肌クッキング”のウェブ版です。「Winds」掲載の最新記事と、バックナンバー記事を閲覧できます。

様々な栄養を過不足無く摂ることは、健康な肌が育つ大前提。
おいしく、楽しく、肌の育ちを応援しましょう。
日々のお献立や、手料理のレパートリーの充実にお役立て下さい。

今月のメニュー

カラフルピクルス

酸味と野菜で夏バテ予防!

モーリーの
“カラフルピクルス”

写真/カラフルピクルス

八月、九月は初秋、仲秋と呼ばれ、暦の上では「秋」となりますが実際は暑い盛りです。こんな時季は、さっぱりと口当たりの良いものが食べたくなりますね。

そこで今回は、米酢のまろやかな酸味でお箸が進む「カラフルピクルス」をご紹介します。調理方法は簡単です。多めに作っておくと、サラダに酢の物に漬け物代わりに、また洋食・和食のつけ合わせとして、食卓に出せる重宝な一品です。

漬け込む野菜のビタミン・ミネラルやピクルス液の米酢に含まれている酢酸、クエン酸、アミノ酸には疲労回復や美肌作りの効果があります。暑い時は肉や魚はもちろんのこと、酢や野菜も努めて摂取し、夏バテを予防すると同時に、厳しい日差しからお肌を守りましょう。

≪材料(2人分)≫

パプリカ(赤・黄)
各50g
セロリ
60g
人参
50g
大根
100g
きゅうり
100g
茗荷
2ヶ
小さじ1
ミニトマト
4ヶ
ローリエ
2枚
赤唐辛子
2本
黒粒こしょう
10粒ほど
ピクルス液
米酢
カップ3/4
カップ1/2
砂糖
大さじ2
小さじ1

≪作り方≫

  1. 鍋にピクルス液の材料を入れ弱火でゆっくり加熱し、砂糖を溶かします。フツフツしてきたら火を止め冷まします。
  2. パプリカは種とヘタと白いワタの厚い部分を取り除き、太めの棒状に切ります。セロリの筋と人参大根の皮は、皮むき器でむき、長さ5~6cmの太めの棒状に切ります。きゅうりも長さ5~6cmの太めの棒状に切ります。茗荷は縦半分に切ります。
  3. ミニトマトは皮を楊枝で5~6ヶ所穴を開けます。
  4. ボウルに2の野菜を入れ、塩を振ります手で軽く混ぜ1時間ほどおきます。途中2~3回ボールを返し、なじませます。(塩を振って、野菜から水分を出すことで、しんなりと食べやすくなると同時に、漬け込むピクルス液の味が、しみ込みやすくなります)
  5. をザルに上げ、水けをしっかり切ります。
  6. ボウルに5の野菜3のミニトマトを入れ、1のピクルス液を注ぎます。ここにローリエ赤唐辛子黒粒こしょうを加え全体をざっと混ぜ合わせます。味をみて塩で加減します。
  7. 漬け込み容器にを移し、冷蔵庫で味をなじませます。漬かりは浅いですが2~3時間後からOKです。冷蔵庫に入れて3~4日は美味しく食べられます。