サッポーの会報紙「Winds」の人気コーナー“モーリーの美肌クッキング”のウェブ版です。「Winds」掲載の最新記事と、バックナンバー記事を閲覧できます。

様々な栄養を過不足無く摂ることは、健康な肌が育つ大前提。
おいしく、楽しく、肌の育ちを応援しましょう。
日々のお献立や、手料理のレパートリーの充実にお役立て下さい。

今月のメニュー

鯛のお刺身サラダ

食卓彩る美肌メニュー

モーリーの
“鯛のお刺身サラダ”

写真/鯛のお刺身サラダ

春たけなわの四月、爽やかな初夏の五月は、心地良い風や新緑に誘われて外出する機会が多くなりますね。そんな時に要注意なのが、次第に強くなってくる紫外線で、ちょっと油断している間に増えているシミやシワ。このようなことにならないために日焼け止めを塗り、帽子や日傘などで予防すると同時に、美しい肌を作るタンパク質やビタミンをしっかり摂取して、体の中からケアすることが大切です。

そこで今回ご紹介するのは、美肌作りに効果的なメニュー「鯛のお刺身サラダ」です。肌にハリをもたせるタンパク質が豊富な鯛、美白効果の高いビタミンCたっぷりの野菜、そして新陳代謝を促すビタミンEやミネラルが豊富なナッツ類を盛り込んだ一品です。作り方は簡単で、材料を切って盛りつけるだけ。いろいろな食感が楽しめ、彩りの良い一皿です。端午の節句の祝い膳や、ホームパーティーでの食卓にもいかがでしょうか。

≪材料(2人分)≫

鯛(刺身用)
100g
白ねぎ
50g
きゅうり
50g
セロリ
50g
茹で筍
50g
人参
40g
ブロッコリースプラウト
20g
うす塩ポテトチップ
20g
ピーナッツ(素焼き)
10g
アーモンド(素焼き)
10g
くるみ(素焼き)
10g
カシューナッツ(素焼き)
10g
ポン酢(市販)
大さじ3
ごま油
小さじ1
サラダ油
小さじ1
こしょう
少々

≪作り方≫

  1. はそぎ切りにします。
  2. 白ねぎ人参セロリは4~5cm長さに切ります。白ねぎは芯を取り除き、せん切りにします。人参セロリは薄切りにした後せん切りにします。きゅうりは斜め薄切りにしてからせん切りにします。それぞれの野菜は切ったそばから氷水に3~5分間放しシャキッとさせます。ザルにあげ水けをしっかり切ります

    ※ビタミンCは水に溶けて失いやすいので、長い時間水につけておかないこと

  3. は薄切りにします。
  4. ブロッコリースプラウトは根元を切り落とします。
  5. ポテトチップは粗く砕きます。
  6. aのナッツ類は粗く刻みます。
  7. ボウルにbの調味料を合わせドレッシングを作ります。
  8. 皿の真ん中に2の白ねぎを置き、その上に1の鯛を盛ります。周囲に彩りよく2の人参、セロリ、きゅうり3の筍4のブロッコリースプラウト5のポテトチップ6のナッツ類を盛ります。
  9. 7のドレッシングを添えて供します。
  10. 食べる直前に皿の上で全部混ぜ合わせ、ドレッシングを回しかけます。