サッポーの会報紙「Winds」の人気コーナー“モーリーの美肌クッキング”のウェブ版です。「Winds」掲載の最新記事と、バックナンバー記事を閲覧できます。

様々な栄養を過不足無く摂ることは、健康な肌が育つ大前提。
おいしく、楽しく、肌の育ちを応援しましょう。
日々のお献立や、手料理のレパートリーの充実にお役立て下さい。

今月のメニュー

野菜たっぷり焼肉サラダ ピリ辛甘みそだれ

美肌を作る一皿

モーリーの
“野菜たっぷり焼肉サラダ ピリ辛甘みそだれ”

写真/野菜たっぷり焼肉サラダ ピリ辛甘みそだれ

四月・五月は暖かく穏やかな季節です。同時に紫外線が、だんだん強くなり、肌が傷みやすくなる時季でもあります。そこで今回ご紹介するのは、皮膚の新陳代謝を活発にし、美肌を作る栄養素が詰まった「野菜たっぷり焼き肉サラダピリ辛甘みそだれ」です。

タンパク質や鉄分、ビタミンB群が豊富な牛肉と、アリシンやビタミンC、A、Eなどを多く含む野菜を一緒にとることで、栄養素の吸収がより良くなり、紫外線によるシミやシワを防ぐだけではなく、肌のくすみや肌荒れの予防にも効果的です。シャキシャキした食感の生野菜と、ピリ辛甘みそだれが絡まった牛肉が口の中でうまく調和し、美味しさが広がります。

みずみずしく生食に向いている新たまねぎが旬の今、特におすすめの一皿です。一度お試し下さい。

≪材料(2人分)≫

牛肉 ※1
100~120g
塩、こしょう
少々
小さじ1
ごま油
小さじ1
片栗粉
小さじ1
サラダ油
小さじ2
新たまねぎ
50~60g
かいわれ大根
1パック
パプリカ(赤と黄)
各15~20g
菜の花 ※2
4~6本
しょうが
15g
にんにく(みじん切り)
小さじ1
ごま油
小さじ1
豆板醤
小さじ1
甜麺醤
大さじ1
しょう油
小さじ1
オイスターソース
小さじ1/2
大さじ1
大さじ2

※1…バラ、モモ、肩ロースなどの焼肉用

※2…アスパラ、絹さや、スナップえんどう、クレソンなどもいいですよ

≪作り方≫

  1. 牛肉は食べやすい大きさに切り、を順にまぶして軽くもみ、下味をつけます。
  2. 新たまねぎは繊維にそって薄切りにします。赤、黄のパプリカは長さを半分に切った後、薄切りにします。
  3. かいわれ大根は、根を切り落としてさっと洗い、ペーパータオルに挟んで水けを取ります。
  4. 菜の花は水につけシャキッとさせた後、塩少々入れた熱湯で色良く茹で、冷水にとり水気を絞ります。
  5. しょうがは皮をむき、せん切りにして水に放します。ザルに上げ水気をしっかり取ります。
  6. ボールにを混ぜ合わせておきます。
  7. フライパンにサラダ油を中火で熱し、を焼きます。火を止め取り出します。(火を通し過ぎると固くなるので、気をつけましょう)
  8. 7のフライパンを弱火にかけ、ごま油にんにく豆板醤を入れ、香りと辛みが出るまでゆっくり炒めます。
  9. を加え、木べらで混ぜながら、とろっとして照りが出るまで火を通します(コクのあるたれに仕上がります)。ここにを戻し入れ、混ぜ合わせ牛肉にたれを絡めます。
  10. 皿にを合わせて載せます。その上にを盛り、を天盛りし、を添えます。