サッポーの会報紙「Winds」の人気コーナー“モーリーの美肌クッキング”のウェブ版です。「Winds」掲載の最新記事と、バックナンバー記事を閲覧できます。

様々な栄養を過不足無く摂ることは、健康な肌が育つ大前提。
おいしく、楽しく、肌の育ちを応援しましょう。
日々のお献立や、手料理のレパートリーの充実にお役立て下さい。

今月のメニュー

夏野菜のエスニック炒め

コクのある味で食欲をそそる

モーリーの
“夏野菜のエスニック炒め”

写真/夏野菜のエスニック炒め

夏まっ盛りの八月、残暑の九月。共に太陽が照りつけるような暑い日が多いですね。そこで今回ご紹介するのは、その太陽の恵みを受けた夏野菜が主役の「夏野菜のエスニック炒め」です。

薬味野菜から出た香りと辛みのある油で炒めた野菜に、ナンプラー入りの合わせ調味料をからめたこの一品は、エスニック風のコクのあるしっかりした味に仕上がります。ご飯とよく合いお箸がすすみますよ。

旬の野菜は自然のパワーに満ちています。ビタミンC、カロテン、ミネラルが豊富に含まれており、暑さで弱った身体や肌の回復に役立ちます。手に入りやすく、栄養価の高いこの時季に、たっぷり食べて夏バテを防ぎ元気に過ごしましょう。

≪材料(2~3人分)≫

夏野菜
なす
2本(200g)
ズッキーニ
1本(150g)
オクラ
4本(40g)
ピーマン
2個(60g)
パプリカ赤・黄
各60g
小さじ2/3
サラダ油
大さじ2強
ねぎ(みじん切り)
大さじ1
ニンニク(みじん切り)
小さじ1
しょうが(みじん切り)
小さじ1
赤唐辛子(小口切り)
1~2本
醤油
大さじ1
ナンプラー
小さじ1
砂糖
大さじ1
大さじ1
小さじ1

≪作り方≫

  1. なすズッキーニはヘタを落とし縦半分に切り、幅1.5~2.0cmに切ります。それぞれを別のボウルに入れます。各々に小さじ1/3ずつを振り入れ、軽く混ぜ30分ほど置き、しっかり絞ります
  2. オクラはヘタの先を切り、がくをくるっとむき塩(分量外)もみし、熱湯でさっと茹で冷水にとります。水けをきり長さを斜め半分に切ります。
  3. ピーマン赤・黄パプリカは、ヘタと種を取り、食べやすい大きさに切ります。
  4. ボウルにを入れてよく混ぜ、合わせ調味料を作ります。
  5. フライパンにサラダ油大さじ1を入れ、1のなすとズッキーニを中火で炒め、フタをして蒸し焼きにします。時々フタを開け炒め合わせ、野菜に八割ほど火が通ったら取り出します。
  6. 5のフライパンに、サラダ油を大さじ1より少し多めに入れます。弱火にかけを加えじっくり炒め、油に香りと辛みをつけます
  7. 薄茶色になったら2のオクラ3のピーマン、赤・黄パプリカを加え、中火で炒めます。ここに5のなすとズッキーニを戻し入れ炒め合わせます。
  8. の全体に油がまわったら4の合わせ調味料を回し入れて火を少し強め、水気がなくなるまで炒め火を止めます。