心地よい秋風に注意!

爽やかな空気に秋を実感される方は多いと思われます。
気温が少し下がるだけで、湿度が少し変わるだけで、私たちの肌は大きな影響を受けています。

本格的な秋を迎える前に、心地よい秋風について肌との関係を学びましょう。

 
 
《《C
C子
今日はたぶん“長い目の視点”でなく、“今を見る視点”だと思うな。
《《B
B子
スキンケアは“長~い目の視点”で見るのが良いんじゃなかったの?
前回の講義で習って、反省してたところなのに。
《《A
A子
B子さんてホントにこだわるのが好きなんですね。
あれは肌を育てる時の視点でしょう。
今日のは、きっとダメージのお話しだから、急ぐのですよ。
《《C B子が失敗しないのは、こだわり性だが、浮気性でもあるからだな。
マイナスとマイナスを足せばマイナスが増えるだけだが、掛け算にするとプラスになるんだから、不思議だね。
《《B (誉められたのよね、私。)
S》》
サッポー先生
ハイ、授業を始めましょう。
 
 

爽やかな秋の風はダメージが大きい

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

いつまで残暑が続くのだろうと思っていましたが、一転、爽やかな風が吹き渡るようになりました。
ところが、この爽やかな秋の風は、とても危険な要素を持っています。

もちろん、冬の風の方がダメージは大きいのです。
しかし秋の風はダメージを感じさせないため、確実に肌の体力を奪い、乾燥というダメージにより、意外なほど表皮のターンオーバーを早める特徴を持っています。
しかも困ったことに、このようなダメージを受けていることを、殆ど感じることができません。
少しずつ、しかし確実に、ダメージが進行する秋を過ごすことになります。

  • 皮脂に恵まれた肌は夕方になるとイヤにべたつく肌を感じる。
  • 朝の洗顔をした時、日増しに肌につっぱり感の増加を感じる。
  • 肌の乾燥に気づいた時は、もう冬が間近に迫っている。

これらが乾燥ダメージに伴う、秋という季節に肌に現れる特徴です。
秋も終わる頃になって、慌てて乾燥に注意し始めるのですが、たいていの場合、そう簡単には元の肌に戻ってくれません。
そして、冬を迎えてしまいます。

  • 肌の乾燥に気づいた時は、既に数度のターンオーバーを経た段階。
  • ターンオーバーの速い状態が続き、肌は既に未熟な角質の層に変質。

“気づいた時”では、既に遅いのです。
未熟な角質の層に変わってしまった肌を、元の成熟した角質の層に戻すには、数度のターンオーバーを経る必要があります。
まして、肌にとって厳しい環境である冬の季節に、早まってしまったターンオーバーを元に戻すのは、とても困難なことなのです。

  • 気づきにくいのに、気づいた時はダメージが深く進行している。

毎年冬になると肌が荒れたり、乾燥の影響が様々に出てくる直接原因は、冬という環境にあります。
しかし、ベースとなる肌の準備ができなかったことに、本当の隠れた原因があるのです。

これはやっかいですね。
何としてもダメージを受けていることに気づく必要があります。
気づいて対応さえできていたら、十分な備えのある肌で冬を迎えることができるのです。

 
 

爽やかな秋風、ダメージの秘密

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

爽やかで心地よい秋風が、なぜ肌にダメージを与えるのかを知ると、あなたの対策が見えてきます。

  • 夏を過ごした肌の特徴として、バリアー層の角質一つひとつが、未熟化していることが多い。そして、汗や湿度の高さに守られた夏の間、バリアー層弱体化の悪影響が現れることは殆どない。

このような傾向が一般的に見られます。
しかし、程度の差は人それぞれです。
サッポー美肌塾の知識が生かされていたら、きっとバリアー層は正常な状態を維持しているはずです。

つまり、秋風が吹き始める時、多くの人は乾燥を初めとするダメージの影響を受けやすい肌状態にあるのです。
しかし秋になったからといって、一気に冬のような乾燥が肌を襲うわけではありません。
ところが、この穏やかな乾燥の進行が実はくせ者で、みごとにターンオーバーを気づかないうちに速めてしまうのです。

気づかずダメージが進行する秘密は、次のようなところにあります。

  • 気温が下がり過ごしやすいが、寒さを感じるほどではない。
  • 環境としての相対湿度は変わらないが、気温が低くなった分だけ、体温の影響で肌の水分は蒸散しやすくなっている。
  • 冬の寒さが気になるまで、上記環境は快適な環境と感じ、平気で肌を風にさらすことが多くなる。

日本列島の気候における湿度を単純に平均値を見ると、一年を通じ60%を越えており、肌にとって有害な要素は少なく見えます。(冷暖房による悪影響は除く)
しかし、湿度の一日の変化を見ると、結露する朝は90%程度あり、気温の上がる昼間は50%くらいとなります。
時には40%台、30%台になっています。
それでも今日の湿度は、例えば67%などと表示されます。

新聞を見て「湿度は十分だから安心。冷暖房に注意すれば大丈夫。」などということはできないのです。
特に戸外で爽やかな風を楽しむ時などは、要注意というわけです。
あなたが秋の爽やかさを満喫する時間帯は乾燥している時が多いのです。
まして、肌の温度と気温の階差が大きくなり出す秋は、常に露出している顔の肌には、特に注意が必要とされます。

  • ▼ 保湿・保護のケアがおろそかになりがちな秋

…ということですね。

もう一つ、大切なことを強調するのを忘れていました。
今日のテーマ、爽やかな風、風の影響です。

  • ▼ 風は乾燥のダメージを何倍にも拡大する。

これは秋に限ったことではありません。
室内の冷暖房の風だってそうですし、冬の風の影響は、身をもって皆さんが体験しているはずです。
風があると洗濯物がアレッと思うほど早く乾くのは、誰だって知っています。
しかし、身に付いている注意力が発揮される時は、サッポーもそんなに心配しません。
秋の爽やかさは、そんなことを忘れさせるほど、危険な、肌に心地よい、良い季節なのです。

 
 
 
 
S》》 いかがでしたか。
肌の改善は長~い目で見ることが大切でしたが、肌が受けるダメージについては、その日その日、今その時…が、大切な視点となります。
ダメージを受けてしまってからでは遅いのですね。

あなたの美肌づくりの視点、長い目の視点、今その時を見る視点、何れも大切な視点です。
これらの視点が習慣となり、無意識に判断している目に育った時、あなたのケアは自由自在に、そして美肌は安定したものとなります。

S》》 あっ、それから……爽やかな秋は大いに楽しんでください。
サッポーも爽やかな日本の秋風は大好きです。
S》》 ハイ、今日の授業はこれまで。
 
 

コメントは受け付けていません。