唇の乾燥・皮むけ

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

■ “Sachi”さん のご質問・相談

>  最近ずっと気になっているのが唇の乾燥です。
>  唇の皮がよくところどころむけて、口紅を塗るとみすぼらしい状態
>  ということがあります。
>  顔全体のお手入れをする時に、唇はなぜか避けている気もするの
>  で、保湿が足りないだけかもしれないのですが……。
>  お化粧をする時につい皮をはがしてしまいたくなりつつ、何とかが
>  まんしていますが、これがよくならないかといつも思っています。

>  何かよいお手入れ法があったら教えていただけるとうれしいです。
>  それでは、これからもメルマガ楽しみにしております!


■ サッポーからのアドバイス返信

唇には角質層が無く、代わりに粘膜があるだけで、しかも皮脂腺・汗腺が無く、ダメージを受けやすい上に、水分を保ちにくい構造です。
そのためターンオーバーも元々速い部分です。(数日周期)
このようなデリケートな唇の皮を剥いていたら良くありません。
良くなるものも良くなりません。
でも“Sachi”様はがまんなさっておられるご様子。

上のような唇の持つ弱さを思いやってケアしてあげましょう。
口紅やリップでの保護はなさっておられると思われますので、その他の唇に影響する事項を挙げてみます。
参考にして下さい。

*唇を舐める癖‥乾燥
唇を舐める癖があったとしても、本人は気づいてないことがあります。
この癖を見つけたら意識してなくしましょう。
水仕事の多い人が手荒れを起こすのと同じ原理で、乾燥を促進しています。
*唇の摩擦に注意
皮膚は摩擦に弱いのですが、よりデリケートな唇なのに、案外無視されて、ひどい扱いを受けています。
ティッシュの使い方、タオルの使い方、ハンカチの使い方、等々です。擦ってませんか?
*唇の紫外線防止
被害が表れやすいのは下唇です。
ファンデーションをつけるとき、唇にも薄くつけるようにして、紫外線防止を心がけてあげることです。
特に下唇が角度から見て紫外線を受け止めやすいのです。
メラニンを作る機能のない部分ですので、まともにダメージを受けます。
紫外線で唇を傷める人は多いのです。
唇の色も次第にくすんできます。
*唇が熱っぽい場合
唇が乾きやすいのは胃の熱と直結しているためです。
胃腸の調子によって左右されやすい人も多いですね。
また間食をなくしただけで良くなった??なんて話も聞きますよ。
*唇と胃
胃が熱を持ちやすい人は必ず唇が乾き、剥がれやすくなります。
この場合は胃の状態を改善することが先決です。
胃痛や胸やけ・胃もたれなどをよく感じる人は診て貰った方がいいですね。
胃はストレスやアルコールの摂取などでしばしば出血をしています。
そんなに心配することはない誰でも起こしている現象ですが、これが高じたり、恒常的になると重要なトラブルにも発展していきます。
胃は鈍感で多少のことはへっちゃらなだけに、少しは注意してあげないといけない部分です。
唇の熱が予報してくれていると考えましょう。
でもこれはサッポーの専門外、もし自覚するところがあれば専門医に相談された方がいいですね。
*唇の皮むけを起こす隠れた影響
口紅と口紅を落とすのに何を使用されているかも関係します。
洗浄剤を使用していないクリームタイプの化粧落としマッサージで浮き上がるタイプの口紅を使用し、石けん洗顔で容易に洗い流せることが口紅及び洗顔法の条件です。
これは大丈夫ですか。
化粧落としはオイルかクリームタイプのものをとサッポーはいつも申しておりますが、最近は界面活性剤を洗浄剤として配合したものがほとんどになっていて、純粋なオイルやクリームものはほとんど見かけなくなりました。
チェックしてみましょう。
その他、使用しているケア製品にも注意ですね。
 
 
 
 
S》》 ハイ、今日の授業はこれまで。
 
 

コメントは受け付けていません。