どんな効果が!? ブースター美容液・拭き取り化粧水・○○導入液……

イメージ画像

ブースターには、押し上げるとか、後押しするという意味があり、これを化粧品に転用し、発売されるようになったようです。

何を後押ししてくれるかというと、化粧水をはじめとしたスキンケア製品の「肌へのなじみ」です。

このように言うと、「なんだ、それだけ?」と思いますが、化粧品のなじみが悪くなっている人にとっては、ブースター製品を使えば、使い心地がグンとよくなるので、下地作りがとても楽になったり、メイクの仕上がりがよくなって、幸せな気分になれます。

ブースター○○とか、○○導入液とか、様々な名前の商品が出ています。拭き取り○○なんて商品も同じ目的の製品です。

いずれも洗顔後、化粧水等をつけ始める直前に使用するものです。なので、プレ化粧水という言い方もされます。時々質問をいただくようになりました。サッポーの視点から解説しておきます。

化粧品のなじみの良さとは?

化粧品のなじみの良さとは、簡単に言うと、化粧水等に含まれる水性成分が角質層に早くなじむ(浸透する)ことです。

化粧品の浸透が早くなるとと、次のように感じます。

  • 肌の触感が柔らかくなり、モチモチ・プルプルに
  • 化粧水や美容液がしっかり肌に行き渡る
  • 化粧水をごくごくと肌が吸収している
  • 早くなじむので、次のケアに早く進める

いいですね。肌にとって、すごく良いイメージです。ブースター製品を使うとこのような感覚を味わえるのですから、多くの方が使用を始めると、手放せなくなっているのは、納得できます。

しかし、これはあくまで使い心地や使用感覚であって、肌自身が変化して、そうなったわけではありません。元々肌なじみのよかった肌だとほとんど違いは感じないでしょう。でも、何となく、肌が良くなっていく期待が持てますね。

サッポーがブースター製品を解説

いずれにしても、早く肌になじんでくれると、気分がいいものです。

それでは、「ブースター美容液・拭き取り化粧水・○○導入液……」等々はどのようなからくりで早く浸透させることを可能にしているのでしょうか?いろいろな種類がありますが、およそ次の4つに集約出来ました。

化粧品イメージ
1.変性アルコールやエタノールで肌表面の油脂や皮脂を取り除く

昔からある、拭き取り化粧水がそうですね。油脂や皮脂の多いと、化粧品が肌になじみにくく、浸透に時間がかかります。そこで、アルコール濃度の高い化粧水で油脂を溶かし拭き取ってしまう方法です。

2.角質を除去して肌を柔らかくする

角質層表層の角質を取り除く方法、つまり、ピーリングです。すると、その下層の柔らかい角質が現れ、化粧水が早くなじみます。でも、この角質は、本来まだ表に出るべき角質では無いため、弱く、すぐにガサガサします。

3.肌を一時的にアルカリ性に導き、脂質の分解と角質の軟化を導く

強いアルカリ性質を利用して、角質同士をつなぐ脂質を分解し、角質を溶かし軟化させます。上の2.と同じピーリング効果があるので、肌が柔らかくなり、化粧品のなじみがよくなります。

4.界面活性剤を利用して水性の化粧水を受け入れやすい肌状態を作る

親水基の多い(水になじみやすい)界面活性剤を利用して、より多くの化粧水を肌に受け入れるようになります。

確かにその場の、化粧品のなじみは良くなりますが、一歩間違うと、肌の育ちが悪くなる原因につながります。その日、その日はよくても、次第に成果が上がらなくなってきます。肌が受け入れる水分量が減少していきます。肌の育ちを阻害する要因になるからですね。

では、サッポーがお勧めする「なじみを良くする」方法とは?

それは、石けんが問題なく使用でき、且つ健康な肌を作ることです。

弱アルカリ性の石けん洗顔により、ある程度、皮脂や油分が洗い流されると、化粧水となじみやすい肌状態になります。また健康な肌は肌自身の保水容量が高いため、より多くの化粧水を受け入れ、強くしなやかなバリアーであり続けます。

このような肌を目指して欲しいのです。そして、これがサッポーが提唱する“肌が育つケア”のゴールです。

「でも、まだ健康な肌でない、私はどうしたらいいの?」

このような未熟な肌の中には、石けんが使えない敏感肌も多いでしょう。でも使わなくてもいいのです。

未熟な肌・敏感肌の方は、早く浸透する、早くなじむと言うことをとりあえずは諦めてください。

5分の早起きが肌の未来を左右する?

肌になじませるのには、時間がかかるものだと受け入れましょう。でも、なじませる方法はありますよ。それは、ケアとケアの間に少し時間を置くことです。せわしない朝のケアも、5分早起きして、下地作りの時間をプラスします。これでOKです。

化粧水をつける……一呼吸、二呼吸……そして、乳液をつけて……一呼吸、二呼吸……

時間をかけるとちゃんとなじんでいきます。
なじみの良さ・早さよりも、肌の未来を大切にしてくださいね。

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • プレ化粧水はその場のなじみをよくするだけ
  • なじみのよい肌は、肌が育つことによって作られる
黒板に注目!

「サッポー美肌塾」第581号 / 2015年3月11日 発行


コメントは受け付けていません。