肌の改善にピーリングは有効?それともタブー?

混乱している女性のイメージ

今回は珍しくピーリングの話です。ピーリングは、医療の現場でも普段のスキンケアにも利用されます。

二つのピーリングの間に少なからぬ混乱が起きているように思います。サッポーも境界線を明瞭にして、判りやすい講義にしないといけないなと、反省しました。

サッポー愛用者の“kmky”さんもその一人。皮膚科医の説明とサッポーの理論が食い違っている……どちらが正しいの?と疑問に思われたようです。

どのしてそのように思われたのでしょうか、見ていきましょう。

皮膚科の先生とサッポー、どちらを信じるべき?

“kmky”さんの質問

通っている皮膚科でにきび跡の治療にケミカルピーリングをすすめられました。

サッポーでは角質をはがすことやピーリングはタブーとのことですが、皮膚科の先生はシミやにきびのケアにはピーリングが有効だと言います。皮膚科の先生がでたらめをいうとは思えませんがサッポーの理論も納得しています。

今にきび跡が気になっており何をしてもなかなか改善しないのでピーリングをしようかどうか迷っています。どうかよい回答をお願いします。

確かに、こんな風な提案をされたら、どうしたらよいの?と悩みますね。でも実は、皮膚科の先生とサッポーの“肌が育つケア”、どちらも正しいのです。

どちらも正しい……!?

そうです。先生のことを信用し、サッポーのことも信用して欲しいのです……これでは「えっ?」ですね。

一言で言えば、治療(cure)とケア(care)の違いでしょうか。皮膚に関しては、私達はこの二つをほぼ同意語として使用しているため、ここに大きな勘違いが生まれてしまうようです。

例えば、擦り傷が出来た皮膚、炎症を起こした皮膚は、猛烈なスピードで細胞を再生し、新しい皮膚を作って回復します。この時、通常28日周期で行われているターンオーバー(新陳代謝)が、数日になっているのです。

擦り傷のイラスト

このような皮膚が持つ素晴らしい自然治癒力を利用したのが、ピーリング剤やステロイド剤です。

医療現場では、美容に使用される弱いピーリング剤ではなく、強度のものが使用されます。わざと擦り傷や炎症を起こした肌と同じような猛烈なターンオーバーを引き起こすことが狙いです。

急速に新しい細胞で皮膚が形成されるのですから、トラブルの症状は早く消えます。しかし、傷が治ったようにきれいに見えても、肌は取り敢えずの状態を作っているに過ぎません。つまり角質細胞は未成熟なままバリアーとして完成し、肌を守っている、危うい状態です。

しかし、医師の仕事は、悪いところを治療することですから、目的は果たしたと言えます。つまり、ピーリング治療で大切なのはここからなのです。

ピーリング治療後の未成熟な肌は、環境ダメージ(紫外線や乾燥)や外部刺激に対し、とても敏感な状態になっています。そのため、使用できる化粧品で保湿して肌を整える、乾燥から油分で肌を守る、UVケアによって紫外線を防ぐ……といったスキンケアの基本が普段以上に大切です。

スキンケア以外にも、環境作りにおいて、肌が驚くようなことはしない細心の配慮が求められています。まだ傷が完全に治ったはいないからです。

肌はターンオーバーし、100%新しい細胞に入れ替わったからと言って、100%健康な状態に戻った訳ではありません。ターンオーバーを繰り返す毎に徐々に良くなっていくのです。

ここで弱くなっている肌を無視したケアや間違ったケアをしていたら、肌は良くなるどころか、階段を転がり落ちるように悪くなっていくので注意が必要です。いわば、医療現場におけるピーリングは肌の健康を取り戻すきっかけを作る荒療治なのです。

次に、普段のケア、美容目的のピーリングについて解説してきます。

ピーリングケアの繰り返しが悲劇を生む

私達が日常のスキンケアとして、使用が許されるピーリング剤は、効果が弱く、ほんの少しターンオーバーを早める程度のものです。ある意味で安全なのですが、この安全さが危険なのです。

見映えの悪い角質を取り除き、新しい角質が姿を見せるわけですから、その場、その場はきれいになったように見えます。ところが、肌のターンオーバーは治療目的のピーリング程ではないにせよ、早まり、同じようなことが起こります。

でも、その影響が少ないので、日々の変化において、マイナス面が起きているとは、なかなか気づかないのです。もう少し長い目、例えば1ヶ月毎の視点で評価すると、肌トラブルがさらに拡大しているのが判ります。

角栓や毛穴が目立つようになった……皮脂詰まりが増えた……等です。

角栓や毛穴が……?!

さらに、このトラブルを解消するために、ピーリング後のきれいに見える肌を求め、ピーリングを続けていると、次第に肌の敏感さが高まり、さらなるトラブルへ発展していきます。

でも、ここで気づいたのでは、時既に遅し!です。以前からのトラブルにプラスして、敏感肌からの脱出という難題が課せられているからです。

このように治療や美容目的のピーリングにはいずれにも希望はありますが、敏感肌に陥るという危険性大です。すると本来の目的である、毛穴やニキビトラブル解消以上の莫大な時間がかかります。

なので、サッポーではピーリングは否定しませんが、積極的にもお勧めしない、というわけです。

治療におけると言えども、先述のように適切な医師の指導だけではなく、その後は自分で適切なケアが行えることが前提条件です。これらが揃って初めて上手くいくものです。

しかしながら、目的が治療でも美容でも、その後のトラブル相談がサッポーに数多く届いているのが現実です。

ピーリングで、肌が健康になるための一部の工程を短縮できるのは、大きなメリットです。しかし、私達の理想はもっと高いところにあるはずですね。

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • ピーリング治療は効果が大きい分、施術後のスキンケアが重要
  • 美容ピーリングは効果が少ないので、続けてしまう危険性がある
黒板に注目!

編集後記

医療と美容におけるピーリングの違い、サッポーのピーリングに対する意見、ご理解いただけましたか?

ピーリングは、その場の肌をきれいに見せてくれますが、肌は必ず未熟な状態に傾いています。このチャンスを生かせたら良いのですが、なかなか難しいのですね。

「サッポー美肌塾」第426号 / 2009年7月15日 発行


コメントは受け付けていません。