静電気の季節…あなたの髪は大丈夫?!

これから肌が乾きやすい環境が続きます……は、前回講義での「肌」のお話でした。
しかし、乾きやすさは肌だけでなく、髪や頭皮にとっても乾きやすく水分の少ない環境であることに違いはありません。

そんな冬の有難くない名物が静電気。
肌も静電気の影響を受けますが、髪と頭皮は特に注意が必要なため、今日のテーマにいたしました。

講義の結論は以下です。

「髪はトリートメントで髪内部を充実させ水分保持力を上げておく、その後、コンディショナーの適度な保護で、しっとりさらりを演出し、髪の傷みにくい状態を維持することが大切です。一年を通じたヘアケアの基本ですが、空気中の水分が少なくなる冬は特に基本とすべきケアです。」

ところがこの基本、実行できている人は少ないのです。

なぜ?って、たぶん髪や頭皮が余り文句を言わないからだと思っています。

ただし、結果で訴えてはいるのです。
まぁー、文句を言わないと言うより、髪や頭皮の悲鳴が聞こえるわけでもなく、忘れた頃に結果が現れるから実感がないのでしょうね。

それでというわけではありませんが、ここはサッポーが美肌塾を利用して、髪の代わりに訴えることにいたします。

髪や頭皮はその場の痛みではなく、未来の態度・姿で訴える

ドアの取っ手に触れると、バシッ!ひぇー!上着を脱ぐ時のパチパチ!思わず顔を上げると、髪を逆立てた顔が鏡に…キャー!
静電気に怯える季節、冬がやってきました。

雷は超巨大な静電気放電ですが、衣類や髪の摩擦で発生する静電気は、日常の身近な存在です。
空気中の水分が少ない冬は電気の逃げ場がなく帯電しやすい環境です。
帯電して貯まりに貯まった静電気の放電が「ひぇー!」です。

サッポーの視点

静電気が細毛、抜け毛、薄毛、禿げの原因に!?

細毛、抜け毛、薄毛、禿げの原因の一つが静電気です。エネルギー量こそ小さいが、数千~数万ボルトにもなるので、髪や頭皮に悪さをしていても不思議ではありません。

静電気は摩擦によって生じます、ところがこの季節、寒いので自然と衣類を重ね着します。歩くたびに、動くたびに摩擦することになり、静電気が発生し貯まるわけですから、あちこちであらゆる機会に放電も起こります。

帯電した髪は空気中の埃をまとい、摩擦を起こしやすくするだけでなく、帯電は毛根の毛母細胞に恐怖を与えます。この恐怖ダメージが繰り返されると、毛母細胞は次第に衰退、細毛、抜け毛、薄毛、禿げ…が進行する要因となります。

一年、二年、三年……をかけて、未来の細毛、抜け毛、薄毛、禿げの姿を見せることになります。

髪が逆立ったり、パチパチ音がしても、髪や頭皮の悲鳴は聞こえません。バシッ!と指に痛みを感じる放電の刺激と違い、髪や頭皮は黙って耐えています。痛くも痒くもないからでしょうか。

指先がパシッとむち打たれたように痛む静電気には恐怖を感じますが、髪と頭皮が受けている恐怖を、私達は共有しようとはしないようです。

髪と頭皮を思いやる静電気対策

前段を読まれ、これは注意しないといけない!…と思えたでしょうか?

黙して語らぬ髪や頭皮を思いやり、意識して現状を見直してみましょう!

これはまずいかも?と思われたら、次の2つの対策を実行です。

1.ブラシや櫛の材質で静電気の発生を抑える

  • 髪と同じプラス帯電の豚毛・猪毛やナイロン製ブラシを使用する
  • 帯電の少ない木櫛(つげが有名)でコーミングする

2.帯電しにくい水分の多い髪に育て、維持する

  • 傷みの多い髪は、週2・週3頻度でヘアトリートメント
  • 健康な髪は、週1ヘアトリートメントで傷みを防止

髪も肌と同じく、良く育った水分保持力の高い状態が、健康な髪であり、美髪なのです。毛母細胞を守る状態なのです。

傷んだ髪の内部は乾燥しやすいため水分が減少しやすく、水分が減少した髪は帯電しやすくなります。
また、髪内部の乾燥は拡がっていく性質を持っているので、ますます傷みやすく、帯電もしやすくなるという悪循環に陥ります。

細毛、抜け毛、薄毛、禿げは今日の恐怖ではありません。
ヘアケアは未来投資なのです。

いかがでしたか?「私の髪、大切にしてあげよう」って思われましたか?
以下は、過去の「サッポー美肌塾」参考ページです。

参考講義:
「あなたの頭皮…健康ですか?」
講義テーマ「ヘアケア」


コメントは受け付けていません。