ソバカス・肝班(かんぱん)が濃くなった!~肝班編~

そばかす少女

ソバカスの解説

径が2~3ミリから5ミリくらいまでの色素斑。形は不規則で、淡い褐色から黒褐色まである。紫外線の多い夏期に鮮明化、冬期には目立たなくなる。赤毛や金髪の白人に多発。優性遺伝によるとされ、メラニンを作るメラノサイトが局所的に大型化し、機能が亢進しているもの。日焼けしても黒くならないタイプの肌に見られる。幼児期に発症するが、思春期に特に目立つようになる。鼻を中心に目の下や頬に散在する。日本人には少なく、形状が似ていると、老人性色素斑(紫外線等によるシミ)をソバカスと誤解している例も多い。

肝斑の解説

女性ホルモンと関わりがあるとされる

シミの一種だが、目の下や頬あたりに多発し、大きさは様々、左右対称に現れるのが特徴。境界は明瞭だが色は淡い褐色のものがほとんどである。通常のシミの最大原因は紫外線であることがほとんどだが、肝斑の原因は外部刺激ではなく内因性によると考えられている。30代、40代での発症が多く、妊娠や避妊薬が誘因になったりするので、女性ホルモンとの関係が深いとされている。薬で改善することも可能だが、真因がなくならない限り再発する。知らないうちに消えていることも多くある。

前回はソバカス、今回の講義は肝斑について解説していきます。

肝斑とのつきあい方・対処法

まず見分け方ですが、これがなかなか難しいのです。左右対称といっても曖昧で、姿や形は本当に様々。また、片方は目立っても、もう片方は薄くて目立たないこともあります。あるいはまた、小さい色素斑が多く散在していると、ソバカスを肝斑だと勘違いしたり、肝斑なのにソバカスだと思い込んでいたりすることもあります。

いずれにしても、そのシミが肝斑であった場合、紫外線のダメージとは全く関係なしにできているのですから、通常のシミ対策や予防策とは全く別次元の対策が必要となります。ところが、現在医学においても、内因性で女性ホルモンのバランスが関係するらしい、心身の状態が様々に影響を与えているらしい……程度のことしかわかっていません。一定の目星をつけた治療を施すも、確立した治療法はないというのが現実です。でも、何かの理由で心身の調子が整えば急速に消えていくというのも事実です。

肝斑の見分け方
  • 紫外線ダメージを受けた記憶はなく、物理的なダメージや湿疹等による炎症性のシミでもない
  • 紫外線ダメージとは関係なく、長い期間で見るとシミが濃くなったり薄くなったりしている

UVケアやスキンケアが適切なら、上の二つのようなケースは肝斑の可能性が高いと言えます。また、ソバカスなら薄くなり、冬になるとほとんど目立たなくなるので違いがわかります。

  • 見た目は肝斑だが、色素斑の濃さが変わらず安定

最初は肝斑として現れたが、UVケアを疎かにしていた結果、いつの間にか通常のシミになっていた可能性が高いケースです。この場合、肝斑の真の原因が解消されてもシミは消えません。

肝斑の対処法
  • 紫外線が原因ではないが、UVケアは当たり前にしっかり行う
  • 肌に原因はないが、スキンケアをして、肌の健康を心がける

肌が良い状態であるということが、心身の不調和が解消された時に、すぅーっと肝斑が消えていく条件になるのです。

  • 様々な精神的・肉体的ストレスを負担に思うのでなく、前向きに捉えていく

肝斑についてサッポーが一番言いたかったのは、この対策です。スキンケアとは違う分野になりますが、意味は理解できますね。

心身を健やかに保つことが一番の対策

心身に影響するストレスは全ての人にあるものです。しかし、これを負担とするかしないかで、心身への影響は大きく変わります。同じストレスでも、心身ともに疲れ果てる人もいれば、ストレスのおかげで強くなっていく人もいるものです。つまり、ストレスと向き合う姿勢に対処の秘密があるように思います。

その他の対処法
  • 女性ホルモンのバランスが大きく変わる妊娠時に肝斑を発症する人は多い

何も心配する必要はありません。いつも通り、UVケアやその他のケアをきちんと続けていたら、出産を機にホルモンバランスは元に戻り、肝斑は自然に消えていきます。つまり、普段通りでいいわけです。

  • 美白化粧品の利用や、一部レーザーによる治療は?

一時的ですが、シミが薄くなる効果は期待できます。しかし、真因が解消するわけではありませんから、必ず再び濃くなってきます。肌にとってはリスクが増えるだけなので、サッポーは積極的にお薦めしません。

  • 肝斑の処方薬や、市販薬の利用は?

薬をきっかけに肝斑が消えてしまう可能性があります。但し、本当の原因が解消されるわけではありませんから、また同様の原因が現れると再発します。でも、薬の効果でシミが消えたことをきっかけに心身の状態・姿勢も一変、本当に肝斑からサヨナラできる人もいるでしょう。試す価値はあるのかもしれませんね。

いかがでしたか?

肝斑について、輪郭が掴めたでしょうか?
心身不調の解消が、本当の肝斑対策なのでしょうね。

サッポーは、明るく爽やかに自分と向き合うことだと考えています。
どんなことにも前向きに対処する習慣は、美肌にも通じるのでしょう。

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • 紫外線に心当たりがなければ、肝班の可能性大
  • 肝班の解決方法は、心身の調子を整えること
黒板に注目!

「サッポー美肌塾」第561号 / 2014年6月4日 発行


コメントは受け付けていません。