秋にしわやシミが増える?小さくてもダメージは避けよう

秋空の下で外出を楽しむ女性のイメージ

秋の紫外線は穏やかなものです。穏やかといっても、冬のように弱いものではありません。2月から4月中旬まで同じくらいです。気温はというと、4月から6月くらいです。

今日は優しそうに見える、秋の紫外線と肌管理について考えて行きましょう。

秋の陽の、こんなところに注意!

秋の陽は低くなっている

秋の太陽は、夏至の頃と比べると随分低い位置にあります。低いといっても地球に近づいているわけではありません。陽を仰ぐ角度が低くなっています。

陽が低くなるとどんな注意が必要なのでしょう。実はことのほか重要な問題を作り出しています。

それは……

  • 目尻のしわやフェイスラインのシミを促進

夏に比べ、帽子などの紫外線防止ツールの利用頻度が減少しています。このため、陽を正面に見ることは無意識に避けていても、横から浴びていても気づかないことが多くなるのです。

普通は、出っ張っている額や鼻・頬骨が影響を受けやすいのですが、秋の陽はなだらかなフェイスラインをまともに照らしています。

秋の陽は長時間浴びやすい

気候が爽やかな10月・11月は、戸外で過ごす時間が増えます。散歩・レジャー・スポーツ……汗が気になることもなく、寒くも暑くもない、何をするにも最適な気候です。

スポーツを楽しむ女性のイメージ
  • 美しい秋の景色をジッと眺めている、あなた。
  • スポーツの秋、清々しい空気に元気いっぱいの、あなた。

様々な場面が想像されますが、この時、もし、紫外線対策に油断や隙があったら……?

例えば、夏はわずか5分でも陽を浴びるのを避けているのに、秋になると陽を気にせず、平気で1時間を過ごしている。

これでは、しわやシミが増えても文句は言えません。気温が適度で陽光が優しく感じる……だからこそ、注意すべきなのです。紫外線は、破壊力の大きさだけでなく、今まで受けたダメージが蓄積されるのですね。なので、質より量に注意!!なのです。

夏と同じように、帽子などのツールや化粧品によるUVケアが無意識にできるようになりましょう。

紫外線と乾燥の相乗効果に注意

秋の肌トラブルに恐々とする女性のイメージ

夏の紫外線を下手に浴びると、赤くなる火傷症状(日焼け)を起こすだけでなく、カサカサと皮がむけてきます。しかし秋は、赤くなったり、皮もむけたりはしません。

でも、冬が近づいた頃、肌がカサカサしてくる。
このような経験はありませんか?これも秋の肌管理が影響しているのですね。

秋の紫外線は赤くなるUVBはかなり減少していますが、シミやしわの最大原因であるUVAはそんなに減少していません。また、気温が下がり、汗が減ると、肌は乾燥しやすくなります。

秋は、このような紫外線と乾燥のダメージがよってたかって、あなたの肌に痛みを感じさせることなく忍びより、ジワジワと肌(角質層)を傷め続けています。

カサカサ肌に気付いた時には、冬はもう目前!!!というわけです。
このようにならないために、今一度、秋のスキンケアを見直してみましょう。そうすれば、「毎年冬になるとカサつくの……」から決別できますよ。

サッポー美肌塾から、探してみましょう!

参考:「秋のスキンケア」の講義

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • 秋は気候ゆえ、紫外線と乾燥ダメージに無防備になりがち
  • 秋のスキンケアをきちんとすることで冬のかさつきと決別できる
黒板に注目!

編集後記

秋……過ごしやすく、とっても好きな季節です!!積極的にお出かけしたくなりますね。

この時期の肌ダメージを知り、スキンケアに手抜きしないで、後悔のないお出かけにしましょう♪

「サッポー美肌塾」第142号 / 2003年10月3日 発行


コメントは受け付けていません。