速いのが良い?遅いとダメ?「ターンオーバー」という言葉を理解する

巷にあふれる「ターンオーバー」に関するスキンケア知識…正しい判断を下すには?

肌が日々新しい肌を作り、日々古い肌を排泄する営みの全行程を「ターンオーバー」と呼んでいます。そしてこのことが、肌の健康と美しさ作りに密接にかかわっています。

スキンケアを解説するに当たって、ごく基本的な言葉にもかかわらず、なぜか多くの誤解を招き、様々な悲劇となる肌トラブルを生み出しています。

今回はこの辺りにポイントを絞り、「ターンオーバー」について案内してまいります。

「ターンオーバー」の誤った解釈が悲劇を生んでいる

まず、「ターンオーバー」について再確認しておきましょう。

ターンオーバーとは

表皮細胞の新陳代謝の様をこう呼んでいます。

新陳代謝は夏目漱石が編み出した俗語とされていますが、古いものが新しいものに入れ替わっていくことを意味し、現代ではあちこちで普通に使用されるようになりました。

表皮細胞は日々誕生しています。誕生した細胞は、角質になる準備を整えながら、押し上げられていきます。準備が整った細胞は平坦になって、核を消失し、死細胞の角質として完成します。このような角質が十数層も重なり、肌を護ります。最表層に至った角質は最後の勤めを終えると、垢となって肌から離脱していきます。

ターンオーバー模式図

つまりターンオーバーとは、細胞の誕生から垢となって剥がれていくまでの工程を言います。28日ぐらいのサイクルで行われている状態が良いとされ、肌の健康と美しさに重大な影響を与えています。

ここで世間では、どのように「ターンオーバー」という言葉を扱っているのか、例を紹介します。

  • ターンオーバーが速いほど、肌はきれいになる
  • ターンオーバーが遅くなって、古い角質が滞留している

これらが何となく正しいと感じた方は要注意です。既に間違ったケアに一歩を踏み出している可能性があります。どういうことなのか、見ていきましょう。

ターンオーバーを正しく知るためのポイントを解説

ターンオーバーが速い方が良い?

ターンオーバーが速くなるのは、肌(皮膚)にとって危急存亡の時です。早く新しい肌を作って、何が何でも防御態勢(バリアー)を整えておかなければいけません。ということで、肌は細胞の誕生を速め、送り出しも速めます。粗い完成品でも仕方がないというわけです。

例えば皮膚が傷ついたり、炎症を起こした時がそうです。一つひとつの細胞に機能と美しさが備わる(成熟する)ことよりも、とにかく速くたくさん角質を送り出してガードを固めなければ……応急処置をしなければ……という防衛反応です。

このような場合、ターンオーバーが速くなることは、肌にとって当然の反応と言えます。しかし、この状態が続くことは、細胞が成熟する阻害要因であり、美しい肌にはなれません。

ターンオーバーが遅いとダメ?

よく言われる表現に、「ターンオーバーが遅くなっているのは、古い角質が肌に残っているから。取り除かないといけない」というのがあります。

これは明らかな間違いです。

サッポーの言葉で適切に言い直すと、ターンオーバーが遅いのではなく、速いため、未成熟な細胞が角質となっていることが原因です。

このような角質は、紫外線や乾燥ダメージを受けると、保湿能が低いのですぐに乾き、硬くなります。

ターンオーバーの速まった肌は紫外線や乾燥に対してもろい

さらに角質同士を繋ぐセラミド等の分解酵素が不足しているため、本来自然にハラハラと剥がれていく角質が、長く肌にとどまるようになります。肌がザラザラ・カサカサするのも、このように硬化した角質の塊が残っているからです。

ターンオーバー自体は速くなっているのですが、最後の段階、つまり角質層から垢としてはがれるのが遅くなっている……という現象です。これも未成熟な状態の肌を護る巧妙な仕組みです。

「加齢によって、ターンオーバーが遅くなる」ともよく聞きますが、通常のスキンケアをしていれば、それほど大きな影響を与えるものではありません。

ターンオーバーの正常化を図るには

ターンオーバーの速い・遅いの意味は理解できましたか?では、ターンオーバーを本来のペースにするには、どうしたらよいのでしょう。

「表皮細胞に十分育つ時間を与える」

これがどのような場合においても、正解となります。

そのためには、どんなに肌の見栄えが悪くても、あるがままに大切にすることです。

正しいクレンジングや洗顔を行い、保湿ケアをし、乾燥からの保護ケアを行う。そして必要に応じUVケアを忘れない……といったことです。

具体的な内容は、長くなるのでここでは割愛します。こちらの講義を参考にしてください。

参考:「肌が育つケア」の具体的な進め方

上のように、見栄えの悪い角質は取り除く、というケアもありますが、これは肌が悪循環に陥るパターンです。もちろんサッポーとは逆方向の対策です。角質が予定より早く剥がれると、ターンオーバーは必ず速まるからです。

化粧品やスキンケアを選ぶ視点としては、

  • 今日のきれいを重視したものか?
  • 明日の美肌を目指したものか?

答えは決まっています。今日より明日の肌ですね。これから生まれる細胞がしっかり育つ環境を作ることが、美肌の原点です。

いかがでしたか?

ターンオーバーという言葉は、「知っていたつもり」の代表かもしれません。スキンケアを行うにあたって、重要な言葉なので、正しく理解しておきましょう。

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • ターンオーバーは速くても遅くても、美肌にはなれない
  • ターンオーバーの正常化は、角質層の保湿・保護が基本
黒板に注目!

編集後記

ターンオーバーという言葉はよく知られていますが、扱われ方によって大きな間違いが生じているようです。それらしく説明されると、疑うこともしません。

でも、この講義を読まれた皆さんは大丈夫ですね!ターンオーバーが本来の働きが出来るよう、スキンケアで肌を支えましょう。

「サッポー美肌塾」第144号 / 2003年10月17日 発行


コメントは受け付けていません。