目からの紫外線がメラニンを作る!?

 
 
S》》
サッポー先生

こんにちは、サッポーです。

前回のサッポー美肌塾のテーマは「太陽と風が美肌を育てる」でした。
早速、読者の“Yumi”さんより、面白い質問を頂きました。

S》》

皆さんはご存知でしたか?

目から紫外線が侵入すると、肌のメラニン生産量が増えるって話です。
紫外線の当たらない衣服で隠れた部分でもメラニン色素の生産量がアップしているらしいのです。
つまり陽に焼けなくても日焼けするというのです。

それを知って以来、“Yumi”さんはサングラス愛用派だそうです。

 
 

目が紫外線を感じたらメラニンが量産される……日焼け止めは意味ないぞ!

 
 

■ サングラス愛用派、“Yumi”さんの当惑

>  メルマガで、朝~昼の日光を目に入れると、ホルモンバランスや
>  免疫機能が整って、結果として肌にもいいとの指導がありました。
>  それはそれで納得したのですが、高校の頃、生物教師に、
>  
>  「いくら肌に日焼け止め塗っても、目が紫外線を感じたら、
>   メラニンを作るんだから意味無いぞ。」
>  
>  と言われたことがあるのです。
>  それ以来サングラスを愛用していたので……。
>  
>  どう理解したらいいでしょうか?


 
 
S》》

目から入る太陽の明るい光が、ホルモンバランスや免疫システムを良い状態に整えてくれているのに、サングラスで紫外線カットをしていたら、せっかくの太陽光が役に立ってない?!
……でも日焼けはしたくない……。

……この様なジレンマに、“Yumi”さんは、どうしたものかと、戸惑いをお感じになったというわけです。

 
 

肌に対する紫外線対策だけでは、万全な美白対策とはいえない?!

 
 
S》》

2001年に、大阪市立大学医学部の井上正康教授(生化学)の研究チームによって、発表されたレポートです。
マウスに紫外線を照射して得られた結論だそうです。

S》》

皮膚の一部に紫外線を当てたマウスのグループと、目だけに紫外線を照射したグループのそれぞれにおいて、メラニン色素の発生を比較したところ、目にしか紫外線を当てなかったグループの皮膚にもメラニン色素が発生しており、皮膚の一部に紫外線を照射したグループのメラニン発生量とほとんど変わりがなかった……というものです。

S》》

人の場合にも同じことがいえるとしたら、これは大変です。

だって、一生懸命に紫外線対策をしていても、目から入る紫外線も皮膚で作られるメラニン量に影響しているのであれば、目に対する紫外線対策をしなければ、“Yumi”さんの高校時代の先生が、「意味ないぞ!」といったのも頷けるというものです。

S》》

井上教授によると、紫外線の炎症作用が原因だろうとのことです。
紫外線を浴びることによって目の角膜(黒目部分)が小さな炎症を起こすので、その炎症刺激が脳下垂体(様々なホルモン分泌のコントロールタワー)に伝わり、「メラニンを作って防御しなさい」という命令が全身に伝えられると推定されているようです。

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

▼ 紫外線と仲良くし過ぎると、シミができやすいわけ

目から入る紫外線がメラニンを作る……ホルモンによる指示だったのですね。

ホルモンバランスが変わる体調の悪い時、あるいは妊娠中、出産前後、毎月の生理前の週(黄体期)にもホルモンバランスが変化します。
その結果、身体を守る指令が出されるのですが、その指令を持つホルモンが同時にメラニンを作れという命令も持っているのです。シミを作りやすい時なのですね。

この様な時に少し強めの紫外線を不用意に浴びてしまい、シミを作ってしまったという話は、数えられないほど多く、サッポー美肌塾の相談室でも承っていることでした。
当美肌塾で何度も取りあげておりました。

目から入る紫外線がメラニンを作る……どうもマウスだけの現象ではなさそうで、人にも影響することは確かなようです。
でも人の場合、どの程度の注意が必要なのでしょう。
サングラスをかけると良いことは判りますが、外出する時はいつもサングラスでは、大変です。
“Yumi”さんの様に、ご自分のスタイルに取りいれられて、抵抗なくサングラス愛用派になれる人はいいですが……。

そういえば、一日戸外で太陽と親しく付き合った日の夜に、お風呂上がりに鏡を見ると、真っ赤と迄は行かなくとも、目が充血していることがよくあります。
角膜部分は黒くてよく見えませんが、同じ皮膚に違いありませんから、同じように炎症を起こしているのだろうなと、容易に想像できます。

この様な場合、ホルモンバランスが変化している時と同様に、ホルモンによるメラニン量産の指示も行われているに違いありません。
直接的な肌に対する紫外線対策と同時に、目に入る紫外線対策もする必要がありそうです。
しかし、そうそういつも対策が必要かというと、ホルモンバランスが変化している時に紫外線対策に注意すべきなのと同様に、目に炎症が起こるような紫外線とのつきあいが予想される時だけで十分でしょう。

▼ 目に入る紫外線、美白上はどうなの?どの程度注意すべきなの?

シミ予防については、以上のような心構えでポイントを押さえておけばよいと思われますが、美白対策という観点ではどうでしょうか。
目に入る紫外線の影響が大きい場合、外出時 はいつも、目に対する紫外線対策をしなければならないことになります。
美白のためとはいえ、これでは大変です。

残念ながらこの件を明らかにする、人に対するデータやレポートは見当たりませんでした。
それはそうでしょうね。
人の場合、マウスのようにそう軽々しくデータは取れませんからね。

目から入る紫外線が、どの程度メラニン生産に影響しているかを、一般常識を踏まえサッポー流に考えてみますと、そんなに神経質に考える必要はなさそうです。
何故かと言えば、私達の過去の日焼け体験を振り返ってみると判ります。

紫外線を浴び、日焼けしてしまった時、衣類によって日焼けから完全防御されていたはずの肌部分はどうでしょうか。
薄地の白っぽい衣類だけの防御だとかなり紫外線は入り込んできますので、日焼けします。
しかし、ほとんど紫外線を入り込ませない部位と比べるとどうでしょうか。
直接日焼けした部分と比較すると、大きな差が出ていますね。
少なくともマウスの実験のように、同じように日焼けしていたなどということはありません。

もしこの部位に、ある程度日焼けが及んでいたら、その程度が目からの紫外線の影響によるものと考えればいいわけです。
人の場合、実験と違って、陽の光が強いと目を細めますし、そうそう太陽を直視することもありませんから、いくら散乱しやすい波長の短い紫外線とはいえ、実験のようにそう多く目に侵入して傷つけているわけではないのでしょうね。

 
 
S》》

目に入る紫外線に対する心構えの概略は、以上のようなところで良いのではないでしょうか

 
 

もっと美白を目指したい、加えて明るい陽の光の恩恵も享受したい

 
 
S》》

もっと美白を目指そう、健康な美白を目指そうとしたら、紫外線対策も大切ですが、目からの紫外線影響も、全くの無視は出来ません。
サングラスの利用は優れた対策の一つです。

S》》

しかしここで、前回サッポー美肌塾の「太陽と風が美肌を育てる」式に、明るい陽の光を受けて、ホルモンバランスや免疫機能を整え、美肌を育てる恩恵も同時に享受したいとなると、ちょっと考え込みますね。

サングラスで紫外線カットは大丈夫だけど、明るい陽の光の恩恵まで少なくしてしまうことになります。
セロトニンが作られませんね。
美と健康の基礎となっている、身体の維持防衛システム、免疫系、内分泌系に、良い影響を与えることが出来ません。

S》》

実は“Yumi”さんから、追加の質問を頂戴していました。

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

>  紫外線を目に入れずに高い照度の中にいる方法が、サングラス以
>  外にありましたら教えてください。直射光が目に入らなければ紫外
>  線は目に入っていないでしょうか?
>  
>  たとえば、自分は日陰にいて、明るいとこを見る、は大丈夫でしょう
>  か?
>  または、晴れている日に窓際に座る、は……。 教えてください。


▼ 明るさ(照度)が2500ルクス以上あればよい

そんなに心配する必要はありません。
前回美肌塾ではお話ししませんでしたが、目から入る光が視床下部に影響し、免疫系、ホルモン系に良い影響を与えていく光とは、一定以上の照度を持つ光でさえあればいいのです。
2500ルクス以上の光が必要とされています。紫外線は関係ありません。
なくても良いのです。

ところが、いくら明るい事務所でも、照度はせいぜい400~500ルクス程度なので、やはりダメなのですね。
どんなに明るい照明でも1000ルクスを超えることは期待できません。

でも、晴れた戸外の昼間なら、軽く100,000ルクス程度あります。
曇った昼間の太陽光でも地上では35,000ルクス程度あるとされています。
室内の灯りとは照度において桁が違うのですね。

従って、日蔭でも明るい戸外なら十分な照度があるわけです。
目に光は入り、良い影響を受けています。
サングラスをかけていても、2500ルクスは十分に確保されているでしょう。
しかしサングラスなしなら多少の紫外線が目に入ることは避けられませんが、日蔭なら散乱しやすい紫外線は問題ない程度まで減少しています。

でもせっかく戸外にいるなら、サングラスはかけないで、もっと多くの光を感じたいですよね。
明るい日蔭で、過ごすことが出来たら、光の直射を受ける必要はありません。
一日に合計して30分以上その様な環境に身を置くことが出来たらよいとされています。
これなら、誰だって出来そうです。

またサングラスには、色の薄い明るさを減じないものも多く販売されています。
紫外線だけをカットしてくれるタイプのものです。
このタイプのサングラスなら、直接陽を浴びるところでも、戸外の桁違いの照度を目に感じながら、紫外線の影響は減じることが出来るのですから、とても都合が良いですね。

>  晴れている日に窓際に座る、は……。

これは有効な場合とそうでない場合があると思われます。
直接、陽の射す窓辺や、直接陽が差し込んでいなくても、南向きの窓辺なら、明るい昼間だと十分だと考えられます。
でも肌の紫外線対策は忘れないでくださいね。

ついでではありませんが、次のような事実も知っておいて損はありません。

明るい戸外といっても、日の入り前1時間の太陽光の照度は1000ルクス程度にまで減少しています。
そして日の出後1時間経過した時の照度もやっと2000ルクスに届いたところといった程度です。
その後急上昇していくわけですね。
太陽光も地平線近くにある時は、明るいように見えても、随分空気の干渉を受けて減じているのですね。
明るさも、紫外線も少ないのです。

良い意味でも、悪い意味でも、太陽とのつきあいに於ける参考になります。
小さな豆知識です。

 
 
 
 
S》》

“Yumi”さん、この度はタイムリーなご質問を有り難うございました。

S》》 ハイ、今日の授業はこれまで。
 
 

モニター試用のススメ

より健康な肌、より美しい肌を目指すにはどうしたらよいか、様々な肌トラブルを解消するにはどうしたらよいか、スキンケアに関する情報は限りなく多く、自分の肌に合った良い情報だけを集めるなど、とうていできそうにありません。

一つひとつの情報を見ると、いずれも良い情報だと思うし、良い製品にも見えます。しかし、今までの経験では、事前に期待したような成果はありませんでした。

美肌の秘密は、ターンオーバーに全てが……

肌は毎日新しい細胞を誕生させ、役目を終えると、垢として排泄する方式の新陳代謝を繰り返しています。一日も休むことなく肌を作り替えています。スキンケアの用語としてはターンオーバーでおなじみです。

もし、日々作り替えられる肌が毎月のターンオーバーの結果、ごく僅かずつでも美しくなっていたら、不満のある肌も、トラブルに悩む肌も、着実に美しい、健康な肌に生まれ変わっていきます。

タ―ンオーバーには美肌・健康肌の秘密の全てがあります。サッポーは『肌が育つケア』と呼んでいます。

モニター試用のススメ

サッポーは、毎月スキンケアモニターを限定募集し、アンケート協力者を募っています。

使用前後計2回のアンケート回答を条件に、製品5点(約一ヶ月分=13,440円相当)を手数料1,980円だけでモニターできる企画です。(回答方法は、郵送もしくはWeb)

モニター一式に同梱される「スキンケア読本」を参考書に、標準的なターンオーバーの期間である約一ヶ月の試用で、肌が美しく育つ基礎的な知識を体得できるのです。

希望者にはアンケートに基づいた個々のアドバイスが返信されるので、「私の肌に適したケア」を掴むことができます。

関連講義

コメントは受け付けていません。