湿度20%以下!乾燥する機内で肌が快適に過ごすには?

イメージ画像:旅客機に乗る女性

今回はご愛用者からの相談を紹介します。

近々に、海外旅行を予定されている“saya”さんから、「航空機内の乾燥対策」について。

相談を進めていく内に、機内のような乾燥空間だけではなく、普段の生活にも取り入れることができる、化粧直しの方法に話が及びました。

皆様もぜひ参考にして下さいね。

“saya”さんの相談

トライアルで使用してからサッポーを継続して愛用している者です。
悩みである毛穴の広がりも、ほんのちょっとずつですが小さくなっているようでうれしく思っています。ありがとうございます。

さて、私事ですみませんが、実は近いうちに海外へ旅行の予定があります。その際の、機内での肌のことで質問があります。今までは機内のトイレでメイクをおとすのが手間ということで、メイクをしたまま、もしくは携帯用のメイク落としでふきとって軽く基礎化粧品などをつけて……というように過ごしてきましたが、サッポーのホームページでいろいろと情報を得てみると非常に肌にダメージをあたえることをやっていたことに気付きました。

海外旅行などで乾燥した機内で何十時間も過ごす場合、どのような対策をとったらよいでしょうか?やはりメイクは空港のトイレなどで落してから搭乗するのがベストでしょうか?長時間のフライトを経験するたびに毎回肌に疲労を感じてしまいどういう対策が一番よいのか悩んでいます。

よろしければ何かご意見や注意すべき点などのコメントをいただけましたら幸いです。よろしくお願いいたします。

スキンケアや肌の知識が増えて行くにつれ、気を配るべき範囲も広がっていく……とても素晴らしいことですね。

次項で“saya”さんの質問に答えていきます。

機内はどのくらい乾燥する?対策とは?

長時間になる飛行機内の環境で、いかに受けるダメージを少なくするかというテーマを頂きました。確かにエアコンの乾燥空間などよりももっと特殊な環境には違いありません。

機内湿度:20%以下~5%

時間の短い国内線でも湿度は20%以下になります。数時間、あるいは十数時間の飛行ともなると、湿度は5%を切ってしまいます。

国内フライトでも超乾燥空間なのに、5%は超超乾燥空間です。
気温が低く、空気中の水分の存在がほとんどない空間で、機内温度は適切に保つ必要があるのですから、仕方ないのでしょうね。湿度まで維持するとなると、過大なコストがかかってしまうのでしょう。

目や喉に乾燥を感じた場合、必要に応じて、目薬と飲み物で潤しましょう。

問題は肌の乾燥ですね。

機内での乾燥対策の基本

スキンケアに関しては、化粧水は保湿力が高く、しっとりするタイプがよいでしょう。行き先によっては、保湿力が低いサッパリしたタイプも用意しておくと、きめ細やかなケアが出来ます。

ポイントは乾燥から守る保護のケアです。乳液よりも油性度が高く、保護力も強いクリームの方が安心です。乳液にクリームを重ねてもOKです。

機内で化粧直し

事前に空港のトイレでメイクを落とすのは一つの方法です。でも、フライト時間がとても長くなる場合、乾燥する機内でもメイク落としや化粧直しできるのが理想です。それが出来たら、肌は随分楽になります。

まず機内持ち込む化粧品には制限がありますので、それを守るのが前提ですよ。

ところが化粧直しするにも、機内のトイレは狭いし、洗面台も小さい……ということで、事前準備が大切になってきます。

  • サッポーのクレンジングクリーム(洗浄力のない製品)
  • 乾いたタオル二枚
  • しっとり化粧水(必要あれば美容液も)
  • クリーム(必要あれば乳液も)

※UVケアやメイク製品に関しては、ご自身の必要に応じて用意しましょう。

機内のトイレでメイク落としや化粧直しを行う方法

まず洗面台でタオルを軽く水でしぼり、顔に広げます。水性の汚れを柔らかくするために、顔を湿らせるのです。次に乾いたタオルを顔に当て、水分を吸い取ります。

その上から、クレンジングクリームを塗り伸ばし、軽~くマッサージします。滑りが少し重くなったら、一休み。もう一呼吸おいて、再度湿ったタオルで優しくクリームを拭い取ります。これで油性の汚れも落とせます。

いずれの工程も、けっして強く擦らないようにしましょう。多少化粧汚れが残っても構わない気持ちで行います。

この時、洗面台が広くおもっいきり使えるなら、乾いたタオルは拭くための一枚だけOKです。家でいつも行っているように、クレンジング+すすぎ洗いをします。

あとは肌が乾く前に、化粧水から下地づくりを始めます。以降のケアは省略します。

これで、朝の状態、飛行機に乗る前の状態にリセットされます。乾燥ダメージもリセットです。

備えあれば憂いなし

“saya”さん、これで機内の乾燥は気にせず、旅行を思いっきり楽しんでくださいね!

でも、機内のトイレは共有スペースなので、長く利用するのは気を遣いますね。余り混まない時間帯を狙うか、短時間で済ませられるように、普段から化粧直しの習慣を付けておくといいですよ。

もちろん、日常生活においても肌にとって、有益な方法です。

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • 機内はかなりの乾燥空間、一旦化粧を落とすのが得策!
  • 化粧直しのケアは、普段の生活でも役に立つ
黒板に注目!

編集後記

飛行機の中、乾燥しますよね。数字で見たら、改めてビックリしました。

仕事で飛行機に乗る機会が多い人や旅行に出かける人は、ぜひ事前準備をしておきましょう。快適なフライトを祈ってます♪

「サッポー美肌塾」第325号 / 2006年7月18日 発行


コメントは受け付けていません。