えっ!こんなに多い?肌の乾燥が引き起こすトラブル

イメージ画像:乾いた大地は痩せた肌を思わせる

乾燥は、紫外線や酸化ダメージと並んで、肌の三大ダメージです。その中でも、老若男女問わず、最も多くの方が意識しているダメージではないでしょうか。

肌に良くない!と言われる乾燥……では一体、何がダメなのでしょう。

それは乾燥すると、肌の水分が減少→角質が剥がれ易くなる、からです。角質が剥がれると、肌はたちまち美しさを失い、健康や強さも失われるのです。

怖いですね。さらに詳細に言えば、

  • 肌が硬くなって、ゴワゴワ・カサカサ
  • 粉ふきや皮むけが起こる

また感触だけではありません。

  • 洗顔後に強いつっぱり感を感じる
  • 毛穴が目立ち、キメが粗くなる
  • 皮脂が詰まりやすく、ニキビができる

そしてこんな影響も。

  • シミやしわ・たるみができやすくなる

乾燥の進行が招く肌トラブル

肌の乾燥がさまざまなトラブルを招く?

もっともっと乾燥が進行すると……

  • 皮脂・汗の分泌が不安定に
  • 刺激に弱くなる
  • 痒みがよく発生
  • 赤みが出やすくなる
  • かぶれやすくなる

このように敏感さを増していきます。肌が乾燥すると言うことは、ずばり敏感肌への第一歩なのです。

乾燥が進行すると、肌のバリア能がどんどん低下していきます。外部環境の変化に弱くなったり、ちょっとしたことで刺激を受けやすくなるのです。また、表皮や真皮層では、肌の元となる角質細胞の代謝活動(ターンオーバー)にも影響を与えます。

ターンオーバーが早くなると、角質が剥がれるスピードが増します。すると、肌は早く次の角質を表皮にしようとします。しかし、次に待ち構えている角質は、表皮になるほどには成長していません。まだ準備不足な状態で完成し、バリアーとして働かされるため、傷みやすく、すぐに剥がれてしまうのです。

するとまた次の角質を……これでは、いつまでも悪循環は止まりません。肌の健康を損なわれ、肌の美しさも減衰していきます。

ターンオーバーについては、下記ページが参考になります。

参考:「ターンオーバーを正しく知っていますか?

このようなことが根底にあり、乾燥は様々な肌トラブルを生む土壌になっています。では、このダメージを避けるにはどうしたらよいのでしょうか?

次の講義では、乾燥ダメージ対処法の基本、を紹介します。

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • 乾燥は、あらゆるトラブルの元凶となる
  • 乾燥肌が進行すると、敏感肌に発展する
黒板に注目!

編集後記

私も以前つっぱり感やカサカサに悩んでいました。なので、乾燥肌で悩む気持ちが痛いほど解ります。

今はすっかり解消。“肌が育つケア”でターンオーバーが正常に戻ったのね!と自負しております(^_^)

「サッポー美肌塾」第499号 / 2012年1月4日 発行


コメントは受け付けていません。