肌の乾燥は、なぜダメなの?

乾燥すると、肌の育ちにブレーキがかかる!

サッポーの視点

肌は育つことによって、健康を増し、美しさが備わっていきます。

  • 乾燥した肌は、美しさで劣ります。
  • 健康度が低下します。
  • 強さが低下します。

見映え・美しさ

  • 感触が悪くなります。
  • 硬くなります。
  • ゴワゴワします。
  • かさかさします。
  • 皮むけが起こります。
  • 毛穴が目立ちます。
  • 肌理が乱れます。
  • ブツブツ、ザラザラができます。
  • ニキビができやすくなります。
  • シミができやすくなります。

健康と強さ

  • 皮脂・汗の分泌が不安定になります。
  • 刺激に弱くなります。
  • 痒みがよく発生します。
  • 赤みが出やすくなります。
  • かぶれやすくなります。
  • 敏感さが育っていきます。

肌が乾燥し、角質層の水分が少なくなると、見映えが悪くなるだけでなく、バリア能が低下するため、表皮や真皮層における細胞の正常な代謝活動に悪影響を与えます。

日々生まれる細胞が健やかに育ち、よく育った角質を作り続ける…肌の健康と美しさの原点です。

肌にとって最も大切なこの「新陳代謝の仕組み=ターンオーバー」の障害の一つが乾燥です。乾燥によって、この肌の仕組みにブレーキがかかると、よく育たないままに、角質が完成してしまうため、肌の健康を損ない、肌の美しさが減衰していくのです。

乾燥は様々な肌トラブルを生む土壌になっています。

肌の乾燥が、紫外線ダメージや酸化によるダメージと共に、肌の老化三大原因の一つに挙げられるのは、このような仕組みが背景になっています。

次回は、肌の乾燥を防ぐ適切な化粧品の使い方について見ていきます。
意外にできていない!乾燥防止のケア

参考:講義テーマ「乾燥ダメージ」


コメントは受け付けていません。