酸化ダメージの軽減策

酸化によるダメージは、紫外線や乾燥と並び、三大老化ダメージの一つだから、何か大変なダメージのように思えるのですが、そんなダメージを受けている実感はありません。肌の育ちを妨げる隠れたダメージといえます。

※紫外線ダメージも実は酸化ダメージなのですが、ここには含めず、紫外線ダメージとして別扱いとします。

肌の酸化とは

肌を構成している細胞や脂質が酸素と結びつき変質していくことをいいます。早くいえば壊れていくわけです。しかし、細胞も脂質も絶えず新しいものに入れ替わっています(ターンオーバー)。

この創造と破壊のバランスが取れていたら、酸化ダメージは恐くありません。
しかし、酸化による破壊の方が少しでも大きいと、知らない内に肌の劣化・老化を促進しています。つまり、肌が育たないわけです。

酸化ダメージの特徴

肌の酸化ダメージは脂質・皮脂・油脂の酸化によって発生します。

酸素は肌の内外にたくさん存在するので、酸化は避けられないダメージですが、紫外線や乾燥ダメージのように一気に肌を壊すような、破壊的なダメージではないので、自覚症状のないことが大きな特徴です。

細胞膜の脂質、角質と角質を繋ぐ細胞間脂質、皮脂による膜、化粧品の油脂、これらが酸化して過酸化脂質ができると、酸化が伝播していき、肌そのものの劣化(変質)が進行していきます。

この酸化の伝播で注目すべきは、酸化は時間と共に加速しながら進行するという特徴を持つことです。いつも肌を浸食しており、気づかないダメージですが、放置すると次第に大きなダメージに成長していきます

酸化ダメージの軽減策

基本は、洗浄によって酸化した皮脂・油脂・脂質を取り除くことです。これで、加速していた酸化伝播のスピードがリセットされます。これでいいのです。

けっして「酸化する材料である油性化粧品の使用をカットする」なんて間違いを犯してはいけません。乾燥ダメージや紫外線ダメージを避けることの方が大切だということを押さえておきましょう。

つまり、酸化ダメージを「0」にするのではなく、軽減するわけです。
肌の新陳代謝(ターンオーバー)の成果の方が酸化ダメージより優位になりさえすればいいわけです。

しかし、ここで、このようなケア対処の上手下手が関わってきます。

サッポーの視点

酸化ダメージ軽減の秘策…ポイント

1.朝と夜の洗顔間隔の偏りを小さくする

酸化は時間と共に加速して大きくなるのですから、洗顔間隔を短くして1日に何回も洗顔すれば、酸化によるダメージは限りなく小さくなります。しかしこれは誤りで、洗い過ぎで肌そのものを洗い流す結果になります。

1日は24時間、この間に2回の洗浄でよしとします。洗顔間隔は、厳密に12時間でなくていいのですが、それを超える時間の総計が少なくなるように心がけることです。昼間と夜間の洗顔間隔が16時間と8時間になっているなどがいけないわけです。

2.朝も夜もそれなりの洗浄法を確保する

すすぎ洗顔だけでは、酸化した皮脂・油脂・脂質はかなり肌に残ります。つまり、酸化ダメージは少しは軽減しますが、引き続き酸化が加速しやすい状態でリセットされるわけで、余り好ましくありません。

基本は、朝も夜も石けんで洗浄することです。

しかし、既にある程度未熟化が進行していた肌では、朝・夜の二度の石けん洗浄が洗い過ぎに繋がり、より敏感な肌に傾く場合があります。

3.洗浄剤を使用しないで酸化物を取り除く方法

サッポーのクレンジングクリームのような洗浄力のない純なクリームクレンジング料で酸化した皮脂・油脂・脂質を浮き上がらせ、絡め取り、すすぎ流す方法がベストです。

以上、目立たない隠れた大きなダメージ、酸化ダメージとその対処について、エッセンスとしてまとめました。あなたのケアに大きく外れたところがなければ、良しとしましょう。

しかし、「うん?」と思ったところがあれば、それは肌が育つケアの隠れたボトルネックになっている可能性大です。改善しても、すぐに効果が出るわけではありませんが、日を重ねるとよい変化に繋がっていきます。

参考視点:「酸化ダメージ」


コメントは受け付けていません。