肌上の脂がこっそり悪さをする?酸化ダメージの軽減策

イメージ画像

酸化は、紫外線や乾燥と並び、肌の三大ダメージの一つです。だからなのか、受けると大変!に思えるのですが、その実感はあまりありません。隠れたダメージと言えます。

肌の酸化とは、角質細胞や脂質が酸素と結びつき変質していくことをいいます。早くいえば壊れていくわけです。しかし、角質細胞も脂質も絶えず新しいものに入れ替わっています(ターンオーバー)。

この創造と破壊のバランスが取れていたら、酸化ダメージは恐くありません。しかし、酸化による破壊が少しでも大きいと、知らない内に肌の劣化・老化を促進しています。つまり、ターンオーバーが狂ってしまうのです。

酸化ダメージは、脂質・皮脂・油脂の酸化によって発生します。

酸素は肌の内外にたくさん存在するので、避けられませんが、紫外線や乾燥のように一気に肌を壊すような、破壊的なダメージではないので、自覚症状のないことが大きな特徴です。

酸化ダメージは時間との戦い

角質細胞の膜(脂質)、角質と角質を繋ぐ細胞間脂質、肌に存在する皮脂、化粧品の油脂、これらが酸素と結びついて、酸化します。すると過酸化脂質が出来ます。すると酸化が伝播していき、肌の劣化(変質)が進行していくのです。

注目すべきは、酸化は時間と共に加速しながら徐々に進行するということです。気づきにくいのですが、放置すると次第に大きなダメージに成長していきます。

では、このダメージを減らすにはどうしたら良いのでしょうか?

酸化ダメージの軽減策

基本は、酸化した脂質・皮脂・油脂を洗浄によって取り除くことです。これだけで伝播のスピードがリセットされます。

けっして酸化を避けるために、油性化粧品は使わない!なんてことはしないで下さいね。乾燥や紫外線のダメージを避けることの方が何十倍も大切です。

それに、酸化は「0」にすることは出来ませんが、軽減することは可能なのです。具体的な軽減策を2つ案内します。

1.洗顔間隔

酸化は時間と共に加速するので、1日に何回も洗顔すれば、ダメージは限りなく小さくなります。しかしこれでは、洗い過ぎで角質剥がれが一気に進みます。

洗顔は通常、朝と晩です。なので、1日24時間の洗顔間隔を半々にすれば良いのです。厳密に12時間でなくていいのですが、大きくずれないことが大事です。つまり、朝晩の洗顔間隔が16時間と8時間になっている……などがいけないわけです。

2.洗浄方法

すすぎ洗顔だけでは、酸化した皮脂・油脂・脂質はかなり肌に残ります。つまり、ダメージは少しは軽減しますが、酸化が加速しやすい状態には変わりないのです。

基本は、朝も夜も洗浄剤を利用します。サッポーは、石けんをお薦めしています。

洗浄力の無いクリームクレンジング+石けんのダブル洗顔が理想

しかし、炎症や痒みなど、敏感さのある肌では、石けんのアルカリ性に反応したり、脂質が余分に落とされるので、より敏感傾向が強くなります。

このような時は、サッポーのクレンジングクリームのような洗浄力のないクリームクレンジングがお薦めです。酸化した皮脂・油脂・脂質を浮き上がらせ、絡め取り、洗い流します。

石けんのようなサッパリ感はありませんが、怖い酸化物(汚れ)は十分落とせています。このクレンジングと石けんでダブル洗顔が出来たら、バッチリですね。

以上、目立たないが軽視できない、酸化とその対処をまとめました。ダメージが小さい分、ケアを改善してもすぐに効果が出るわけではありません。でも、日を重ねるとよい変化に繋がっていきますよ。

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • 酸化ダメージは、小さいがほっておくと加速するので注意
  • 一日2回正しい洗浄で、酸化ダメージは十分軽減できる
黒板に注目!

編集後記

酸化は目立たないダメージと解説しましたが、中にはそれを肌トラブルの全て!のように考える方もいます。多分テカリやべたつきに悩まれているのでしょう。

今回の講義は、そのような方にも参考になると思います。酸化ダメージを軽くも重くも見ないで、実情を捉えていきましょう。

「サッポー美肌塾」第501号 / 2012年2月1日 発行


コメントは受け付けていません。