ブライダルエステで失敗しないために、肌の目標と計画を立てよう!

晴れの舞台には美しい姿で臨みたいもの

ブライダルエステ、ウエディングエステ、つまり、これから花嫁になる女性に向けたエステのメニューです。結婚式の前からエステティックサロンや式場に常設された同様の施設を利用してフェイスはもちろん、全身美容に備える習慣が一般化してきました。

親族や友人が見守る中、結婚を誓い、披露宴では一番の注目飾り雛を演じる。まさに一生に一度の晴れ舞台ですから、力が入るのも当然です。

失敗が許されないことを念頭に、ここは一つ、冷静な目でブライダルエステの注意点を講義していくことにします。

エステの効果をどのようなレベルで望むのか、それを実現するにはどのようなスケジュールで臨む必要があるのか、この2点が重要な判断ポイントになってきます。

エステ効果の目標レベルとスケジュールを設定する

ここでは、スケジュールを1ヵ月から、長くても2ヵ月以内に限定して考えてみましょう。

目標は高ければ高いほどよいと言えないところが残念ですが、それなら、どの程度の目標設定をすればいいのでしょうか?これは現在の肌状態と相談ということになります。サッポー流に言えば、肌の育ち度に応じて目標設定をすることになります。

1.肌が健康で、敏感さを感じない肌

このような状態の肌は自由裁量の巾が大きく、高望みも十分できる肌です。なぜなら、肌が施術によってマイナス反応を起こす心配がほぼないからです。しかし、期間中は紫外線や乾燥などのダメージを受けないように注意することが条件です。

見映えを悪くしている角質を取り除くことも可能になります。シェービング、さらには美白効果も狙いに入れてよいでしょう。デコルテや背中、肩から腕、指先までの見映えも目標設定してOKです。その日の化粧のりと、見映えが最高のものになります。

このような贅沢なプランを立てることのできるのが、ある程度育った健康な肌です。

2.たまに敏感さを感じることもあるが、赤みや炎症とのつきあいはない肌
エステが可能な肌とそうでない肌がある??

効果的なブライダルエステが可能といえるギリギリ限界というべき肌状態です。肌の育ち度で言えば、普段は自立してる肌だけど、ちょっと油断してダメージを受けるようなことがあると、敏感さが現れてくる状態です。

敏感さが気になる部位はどの辺りかを、カウンセリング時にしっかり伝えてプラニングすることが必須条件です。

特に、角質を取り除くケア、シェービング、美白、マッサージなどは肌の様子を見ながら、施術して貰うことが鉄則です。そしてエステティシャンに任せきるのではなく、少しでも異変を感じたらその場で伝える勇気を忘れないでください。エステティシャンの理解度と技量は様々ですからね。

肌が一度マイナスの反応を始めたら、ある程度まで進行してしまうのです。元に戻るのに1~2ヵ月かかかるのが普通ですから、ガッカリでは済みません。失敗は許されないと肝に銘じておきましょう。

3.ニキビや湿疹など、赤みや炎症を伴う部位がどこかにある敏感な肌

ブライダルエステは原則として諦めるべき状態の肌です。

しかし、もしあなたに時間のゆとりがあるなら、例えば挙式が1年以上先という場合、まず敏感な反応をする肌からの脱出を計ることです。敏感な肌であることを熟知しているあなた自身が、一年を通した敏感肌脱出法を組み立ててみましょう。

大まかな目安として、

  • まず2の状態の肌にたどり着くのを6ヵ月を目標に実現します。
  • 1年後には、1の健康な肌の実現を目指します。

途中で後退することもあるでしょう。そんな時は、慌てず、何がいけなかったのかを追跡します。とにかく目的を見失わず、諦めないで続けることです。どうしたらよいか判らず不安な時は、スキンケア相談室を尋ねてください。

相談が苦手な方は、サッポー美肌塾の、敏感肌の講義を読み進めていきましょう。

参考:「まず、過敏肌からの脱出を
講義テーマ「敏感肌・アトピー・アレルギー

順調に敏感肌から脱出できたら、ブライダルエステは不要、当日のみのメイクアップだけでOK!ということも夢ではありません。

エステ効果の目標レベルとスケジュールを設定する

ある程度健康な肌を対象に、1~2ヵ月という期限内に化粧のりや見映えを良くするため、多少の無理を承知で、美しさに磨きをかけるのがブライダルエステです。角質を取り除くOK、シェービングOK、美白剤使用もOKとしたのは、肌の育ちを代償にしたものです。

敏感肌の症状こそ現れなくても、育ちの低い肌に1~2歩近づいています。ちょっぴり危うい状態と言えます。

晴れの舞台が終わったら、元の肌が育つケアで

紫外線や乾燥のダメージ防止を忘れないで、適切な化粧品を使用し、ケアを逸脱しないように心がけることが大切です。いつものケアに戻す事によって、一ヶ月くらいで払った代償を取り返すことができます。

さらに言えば、角質を取り除かなくてもきれいな肌、とりあえずの美白ではなく本物の美白、を目指しましょう。いざ!という時でもエステの必要性を感じない肌が理想です。

素敵な記念日となることを祈ります!

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • ブライダルエステは、肌状態に応じた目標設定を
  • 晴れの舞台を終えたら、再びいつものスキンケアに
黒板に注目!

「サッポー美肌塾」第595号 / 2015年9月23日 発行


コメントは受け付けていません。