ファッションだけじゃない、スキンケアも秋を先取り!

イメージ画像

暑かった夏も終盤に差し掛かりますが、肌に疲れが出ていませんか?

気温や湿度が高いのは肌にとって良い環境なのですが、一方でギラギラと過酷な紫外線、潤いを超えた多量の汗、エアコンによる乾燥にさらされた肌は、SOSを発し始めているかもしれません。

夏の終わり……そろそろスキンケアも秋にシフトチェンジです。ということで、本日はスキンケアのポイントの一つ、“季節の先取り”がテーマです。

身体も疲れが溜まってくる頃ですが、未来の肌の為に、もう一踏ん張りです!

どんなケアを先取りするの?乾燥編

乾燥に対するケアはオーバー気味に

肌の感覚として、暑い、流れる汗、ムシムシする……まだ昼間は、しばらくこのような状態が続くでしょう。エアコンがガンガン効いた室内に居ない限り、乾燥を感じることはありません。

もし夏の間にダメージを受けて肌(角質層)が傷んでいたとしても、恵まれた環境故に、私達には自覚がありません。

ところがこの状態で、空気が爽やかで気持ちのよい秋を迎えると、途端に肌は慌てることになります。

体力をなくした肌は、秋の風をいつもより大きなダメージとして捉えてしまうのです。まるで季節を飛ばして、冬の冷たく乾燥した風に当たったかののように。すると、角質剥がれが一気に亢進し、ターンオーバーが早まってしまいます。

さらに秋は深まり、体力を回復しないままの肌で冬を迎えてしまうのです。

なので、この時期のスキンケアとしては、少しべたつくくらいのケアがよいのです。「そんなのイヤ!」という声が聞こえて来そうですが、それが美肌を維持する秘訣です。

保湿ケアのイメージ画像

具体的には、保湿力控えめの化粧水から保湿力が高い化粧水に変えます。もしくは、朝は保湿力を控えめにし、夜はたっぷり保湿を行います。

乾燥からの保護ケアは、昼間は汗がまだ多いので、適度に汗を弾くクリームで続行します。乾燥からの守りも高いので、この時期もお勧めです。

どんなケアを先取りするの?紫外線&栄養素編

紫外線対策は夏を想定

ギラギラした太陽は落ち着き、陽が短くなってきました。まだまだ暑いとはいえ、気温も真夏に比べると過ごしやすくなりました。

しかし、紫外線対策は夏を想定しての注意が必要なのです。

少し過ごしやすくなると、紫外線に対しても、私達は鈍感になりがちです。

真夏であれば、バッチリのUVケアに、日傘をさし、たった10秒でも日を避け日陰を選んで歩いていたのに……少し涼しくなると、日傘も面倒になり、平気で5分、10分と日を受けている……そうではありませんか?

つまりこの時、肌が受ける紫外線量は、真夏よりはるかに多くなっています。紫外線は強さよりも、受けた時間の長さが重要なのです。今までに受けた紫外線総量が肌を作っています。紫外線は積み重なっていくダメージなのですね。

これでは弱った肌を回復させることはできません。まだまだ紫外線対策に気を抜いてはいけません。日焼け止め+ファンデーションが基本です。そして、崩れた時はメンテナンス(化粧直し)も必要です。

ビタミンC・B群を多めに摂取

暑さで減り気味だった食欲は復活してきましたか?それとも夏の疲れで食欲も減退中?

いずれにしろ、暑さが峠を越すと身体は回復期に入ります。すると、身体は様々な栄養素を要求します。肌も同じように要求しています。

でも栄養素はまず、身体の回復に使用されます。肌は後回しなのです。ここは大目に必要な栄養素を取る必要がありそうです。

様々なタンパクを作るビタミンCとB群を積極的に取りましょう。ビタミンCは還元作用が高いので、紫外線ダメージを受けた肌にもお勧めです。肌の疲れには、元気の出るビタミンB群を!

肌の栄養は食事から!

但し、どちらも水溶性ビタミンなので、体外へ排出され、体内に蓄えることができません。その上、水分摂取量はまだまだ多いので、どうしても不足気味になるのです。

排出されても、食事で足りている場合は良いのですが、なかなかその判断は出来ませんから、この時期、基本的には取っておいた方が良い栄養素です。サプリメント等の利用も考えましょう。

いかがでしたか?

季節が夏から秋に変わるとき、それは肌に気づかない危険が忍び寄るときです。しかし、見方を変えると、肌質を変えていくチャンスが提供されているときでもあります。

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • 晩夏は、乾燥対策は秋、紫外線対策は夏のケアを行う
  • 身体も肌も疲れる時期、栄養補給も忘れずに
黒板に注目!

編集後記

暑くて暑くて、早く終わって~!と思っていた夏も終わりが見えてき、でも、まだ暑い……こんな時にピッタリなケアを紹介しました。

秋だけではなく、乾燥する秋や冬も左右するのがこの時期のケアなので、失敗はしたくないですね。

「サッポー美肌塾」第88号 / 2002年8月30日 発行


コメントは受け付けていません。