まずは肌を知る!健康で美しい肌を手に入れるための「美肌術三原則」

イメージ画像

サッポーは“肌が育つケア”の基本として「美肌術三原則」を掲げています。

  1. 肌を知る(誕生・成長・完成・別れ)
  2. ダメージを知る(肌にストレスを与える環境を知る)
  3. 化粧品を知る(肌が育つ環境を作り、肌の育ちをじゃましない化粧品)

この原則を元に管理することで、肌はより健康に、より美しく育ちます。

そして、この三原則以前に大事なのが

  • 身体の健康
  • 心の健康

です。これらが維持されなければ、肌の育ちは思うように進みません。“肌が育つケア”を始める前に、もしくは進めながら整えていけたらいいですね。

今回は原点にかえり、「美肌術三原則」を1つずつ解説したいと思います。まずは「肌を知る」がテーマです。

肌を知る……肌の誕生・成長・完成・別れ

スキンケアの記事やコラムを読んでいると、下のような表皮細胞層の断面図をしょっちゅう目にします。

表皮細胞層のイメージ

実際の表皮はイラストでは描ききれないほどたくさんの細胞がある、それでいてわずか0.2mm程度の極めて薄い層です。

そして私達がふだん肌と呼んでいるのはその最表、厚みにしておよそ1/10(0.02mm)の角質層(バリア層)と呼ばれる部分です。

角質層は、細胞核を失い角質として完成した死細胞の集まりです。これを見て私達は、美しい・美しくないとか、しっとり・カサカサしているとか、キメが整っている・整っていないとか、評価をしているわけです。

この評価を左右する秘密が、肌の誕生~別れの過程に隠されています。

表皮細胞が誕生し、肌から離れていくまで

表皮の基底部分は、基底層とか基底細胞層と呼ばれています。ここで基底細胞が分裂して新しい表皮細胞を誕生させています。

誕生した表皮細胞は、真皮層から栄養などの提供を受けて代謝活動を繰り返し、必要な機能を備えながら、有棘層、顆粒層へとどんどん押し上げられていきます。その下からは次々と新しい細胞が誕生しています。

やがて成長した表皮細胞は細胞核を失い、角質として完成(角化)し、角質層の一部となります。この時の角質がいかに育っているかで、肌の健康と美しさが決まります。

角質がよく育った健やかな状態であれば、肌をしっかり守ることができます。成長過程で保湿力の高いアミノ酸を十分に蓄え、水分をたくさん保持する強靱なバリアーとなるからです。

さらにバリアーとして働く時間も長くなるため、新しい細胞の誕生や成長に必要な時間を確保することができます。

そして、このような角質は役目を終えて肌から離れるときもスムーズです。角質と角質をつなぎ止めるセラミド等の細胞間脂質を分解する酵素が十分に備わっているからです。

洗顔すれば、目には見えない大きさでハラハラと肌から離れていきます。これが表皮細胞層の本来あるべき姿です。

角質の誕生・成長・完成・別れ、これら一連の流れがいわゆる「ターンオーバー」です。つまり、ターンオーバーの仕組みを理解することが「肌を知る」第一歩となります。

こちらの講義も参考に読んでおきましょう。

肌が育つケアの必須知識

ターンオーバーを正しく知っていますか?

表皮細胞の育つ時間が不足すると……

本来あるべき姿でターンオーバーが行われていれば、誰もが健康で美しい肌でいられます。でも、なかなかそうは上手くいかないのが現実です。

トラブルを抱えている肌というのは「表皮細胞の育つ時間が不足している肌」とも言い換えられます。

育つ時間が不足すると角質そのものが痩せて小さく、アミノ酸量も少ないため、水分保持力が低い状態になります。バリアーの役割を十分に果たせず、またすぐに乾いて傷むので、バリアーとしての寿命も短くなります。

肌からすんなり剥がれる能力も低く、剥がれる時は周りの角質(まだ剥がれるべきでないものも含む)とつながったまま、目に見えるほどの大きな塊となってゴソッと……。これがカサカサやキメの粗い肌、角栓等々の正体です。

表皮細胞層のイメージ

そして予定より早く剥がれてしまった角質を補うために、基底層では急いで新しい細胞を誕生させます。しかし、この細胞達は急ピッチで押し上げられていくので、未成熟な状態で角化せざるを得ません。

こうしてまた“育つ時間が与えられなかった角質”が肌を守ることになり、同じことの繰り返しになります。

この繰り返しを止めようと思えば、

  • 肌が育つ時間を奪ったのは何か?
  • 肌が育つ時間を奪い続けているのは何か?

を知る必要があります。それが「美肌術三原則」の2つ目、

  • ダメージを知る

です。

肌にストレスを与え負担となる存在、これらを排除すれば肌が育つ時間が確保できます。

次回の講義で解説していきます。

いかがでしたか?
「肌(の仕組み)を知る」ことができたでしょうか。

肌は健康で美しくなるようにプログラムされています。これは細胞一つひとつの遺伝子情報に組み込まれていて一生変わりません。

どれだけ傷んでも、育つ時間が奪われても、元の美しい姿に戻ろうとしている健気な存在なのです。

そんな肌に育つ環境を作るための第一歩が「肌を知る」です。

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • 表皮細胞に育つ時間が十分与えられると立派な角質に成長する
  • 「肌を知る」には、ターンオーバーを理解しよう
黒板に注目!


コメントは受け付けていません。