メイクしたまま乾燥対策!スティック美容液vs化粧水ミスト

イメージ画像

冬の冷たい空気、春秋の爽やかな風、室内の冷暖房……私達の肌は一年を通じ、乾燥した空間で過ごすことが多くなっています。

鏡に映った自分の顔に、乾燥による化粧崩れを見つけた時、どうしているでしょうか。

家ならクレンジングで化粧を落として本格的な化粧直しができるけど、職場や出先では時間がないし、顔を洗うような環境も整っていない。

でも、こんな顔を人には見せられない……焦るばかりです。このような乾燥による化粧崩れ、これが今日のテーマです。

スキンケア相談室へ届いた相談を元に、簡単な化粧直しの方法論を探ってみました。

S・Cさんからのご相談

昼間会社にいると、エアコンで乾燥し、カサカサを通り越して、肌がバリバリしてきます。見た目も気になります。

でも激務のため、化粧直しの時間も場所もありません。こんな時どうしたらよいのでしょうか。

メイクの上からでも使えるスティック美容液というのを見つけたのですが、この商品は大丈夫でしょうか?とても気になっています。

S・Cさんは元々目の周りと口周りが乾燥しやすく、時間と共にベースメイク(下地作り~ファンデーションまで)が崩れてしまうようです。

程度の差はあれ、同じ悩みを抱えた肌も多いと思います。さて、どうすればよいのか。見ていきましょう。

スティック美容液(保湿スティック)はどんな製品?

スティック美容液のイメージ画像

S・Cさんが期待を寄せるスティック美容液は、保湿スティックとも呼ばれています。

リップクリームやコンシーラーのような形状をした製品で、使い方も似ています。乾燥し化粧が崩れた部位に塗るだけの簡単なものです。

現在、流通している製品をチェックすると、大きく二つのタイプに分けられました。

  1. 水分をたっぷり含んだ油脂類のスティックになっている(成分の構成比で「水」が最も多いのが特徴)。崩れた部分に塗ると、バラバラになっていたファンデーションが水分によって元に戻り、ベースメイクが再生するタイプ。
  2. 水分は含まず、様々なロウ類や固形脂質を混合した100%油脂のスティックで、崩れた部位に塗ると、下地が再生するタイプ。

まず1のタイプを使ったら、その使用感と仕上がりに感激するでしょう。でも、サッポーはお薦めしません。油脂類にはシリコン油が多用されています。使い続けると、肌は耐水機能の悪影響(汗を弾くため、水分が肌に供給されなくなる)を受け、さらに乾燥しやすい肌に変わっていくからです。

2のタイプはシリコン油以外の油脂を使用しているため、1のような弊害はありません。弱い部分の乾燥保護の強化になります。ただ、上から油分を塗るだけなので、使い心地と仕上がり感は、もう一つかもしれません。でも、間に合わせとしては十分とも言えます。下地を整えるだけなので、ファンデーションの塗り直しが必要です。

使用するなら、1は避けましょう。さらなる悲劇を呼びます。

そもそも乾燥による化粧崩れを起こすのは、肌の育ちが悪く、乾き縮みやすい状態になっているからです。このような肌にさらに水分が不足すれば、そのうち赤みを伴うようになり、炎症を起こしやすい敏感肌に陥ります。今日は良くても、肌の未来を否定するようなことはしてはいけません。

最後に、サッポーがお薦めする、乾燥を防ぐ簡易な化粧直しを紹介することにします。

化粧水ミストの働きには仕掛けがある

サッポーがお薦めする方法、それは乾燥によって化粧崩れを起こしやすい部位に、化粧水のミストを噴霧するという、至って簡単なものです。

肌にシューッと吹きかけるだけで、化粧崩れそのものが起こらなくなります。かさつかないし、もちろんバリバリ・モロモロとベースメイクが崩れることもなく過ごせます。

用意するもの

  • サッポーの美容液
  • サッポーのさっぱり化粧水
  • 化粧水用の噴霧器(電動のものが便利)
イメージ画像

朝のスキンケアで、乾燥しやすい肌部位に、化粧水の後に美容液をたっぷりとつけておきます。これが仕掛けです。後はいつも通りのケアを行います。

肌の乾燥を感じ始めたら、携帯していた噴霧器を取り出し、さっぱり化粧水を吹き付けます。化粧水がじわりと行き渡り、肌上でしっとり化粧水に変化します。

化粧したままでOKです。肌そのもの保湿能を高め、化粧崩れを事前に防ぐことができます。一日に何度行っても大丈夫です。

噴霧器と化粧品について

噴霧器は様々なものがありますが、細かいミストが出る電動のものが良いでしょう。そして化粧水は、保湿力の高いしっとりタイプだと粘り気があるので噴霧に向きません。またじわりと肌になじんでいくのにも向いていません。

サッポーのさっぱり化粧水「スキンコントロールローション」は、粘り気がないので、噴霧に向いています。アルコール配合量も控えめで、一般的なさっぱりタイプの約1/3なので、肌にも安心です。

サッポーの美容液(モイスチュアエッセンス)と指定しているのは、美容液には様々な製品があるためです。サッポーの場合、厳密にいうと、美容液そのものに保湿力はありません。しかし、汗や化粧水の水分と結びつき、しっとり化粧水を肌上で作り続ける特性があります。つまり保湿効果が長時間持続するのです。

朝のケア状態が復活します。ぜひお試しください。

美容液のさらに詳しい解説はこちら
肌が求める化粧品…美容液編

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • 昼間に乾燥し、化粧崩れを起こすのは肌の育ちが良くないから
  • 美容液スティックよりも、サッポーのお薦めは化粧水ミスト
黒板に注目!

編集後記

スティック美容液を最初に見たときは、手軽でおっ!いいかも?と思ったのですが、様々な種類があるのですね。他の化粧品と同じで選び方がポイントとなってくるようです。

私も乾燥気味の肌なので、デスクには噴霧機を置いて時々使っています。モイスチュアエッセンスとスキンコントロールローションの組合せは最強ですので、お試しあれ!

「サッポー美肌塾」第690号


コメントは受け付けていません。