毛穴がたるんでくる?……たるみ毛穴・帯状毛穴・涙型毛穴

目立つ毛穴がたるんできた?

今回のテーマは、ちょっと変わり種の毛穴についてです。

「“たるみ毛穴”でとても悩んでいます。」

随分前の話ですが、初めてこのような相談を受けた時、「え!?たるみ毛穴って何?」とカウンセラーの間でちょっとした衝撃が走りました。

最近では普通に使われていますが、「たるみ毛穴」とは『肌のたるみによって、毛穴が縦長(線型)に、見える現象』が通念のようです。

帯状毛穴とか涙型毛穴などの表現も目にします。進行すると、線から帯に変わり、中には涙が落ちる時のように下方に広がるケースあるからでしょう。

たるみ毛穴対策……世間では?

世間にはどのような対策が取られているのか、調べみました。

  • 引き締め効果のある化粧品
  • コンシーラで隠す
  • レーザーピーリング
  • 保湿してハリを出す
  • マッサージで顔の筋肉を鍛える
  • 冷たい水で引き締める
  • リフティング効果・アンチエイジングを謳った化粧品
  • ……等々

いずれも本質的な対策とは言えないものばかりです。その場を良く見せるだけのものから、危険なものもあります。

では、本質的な対策とは?

たるみ毛穴の原因から解説してまいります。

たるみ毛穴の原因は?

まず、どうして毛穴が目立ってくるのかを知っておきましょう。

毛穴とは文字通り、毛が生える隙間です。本来ならピッタリと閉じているのが正常な姿です。

ところがこの毛穴が目立つのは、肌を構成している角質が小さく痩せているためです。

何らかの原因で角質の剥がれるテンポが早くなると、肌は慌てて次の角質を作ります。この場合、細胞が角質に育つための時間を十分確保することができません。未成熟なまま角質として送り出されるのです。

その未成熟な角質は、水分保持力が弱く、乾くとさらに縮んで小さくなります。毛穴は目立つし、肌理が粗くなるのも当然です。

目立つ毛穴とはどういうことか

そして、一つ一つの毛穴が目立つようになると、その凹みが繋がっていきます。帯状になるのです。すると、毛穴がたるんだように見えます。

これだけでも、たるみ毛穴と呼べるのですが、表皮を支える真皮層の劣化(老化)、つまりたるみが関係しているケースが大半です。

いずれにしても、たるみ毛穴を回復させるには、普通の毛穴トラブルの解消より、長い時間が必要です。表皮層だけでなく、真皮層も絡んでいるからです。

たるみ毛穴の対策は?

「たるみ毛穴」と名前が付くと、何となく特別な対策があるように思いますが、そんなことはありません。

毛穴の目立ちと真皮層の劣化、この二つのトラブルを解消すれば良いのです。これらは別々の現象なので、対策も両面から行う必要があります。

毛穴対策

これは、肌を構成する角質そのものを大きくすれば、毛穴は目立たなくなります。

無理に角質を剥がず行為、洗い過ぎやピーリングなどを止め、乾燥・紫外線から肌を護ります。基本的なスキンケアが大切になってきます。それぞれ具体的な対策については、当美肌塾で検索してみましょう。

肌は本来の健康な姿になるために、一生懸命ターンオーバーを繰り返しています。月を追う毎に改善されていく……このようなスタンスで継続していきましょう。

真皮層の劣化対策

こちらも基本的なケアが大事なのですが、最も注意すべきは「UVケア」です。本気でたるみを良くしたいなら、昼間はいつも&室内でもUVケア!です。

真皮層の最大破壊者は紫外線です。紫外線は、表皮層を超えて真皮層にまで入り込み、コラーゲンとエラスチンで作られた線維組織を壊してしまいます。この線維組織は、肌を支える重要な役割をしているものです。

マッサージは基本的にNG

また、たるみと聞くと、すぐに○○マッサージなどを思いつきますが、本質的な対策とはならず、むしろ真皮層を壊す弊害の方が心配です。

毛穴と違って、たるみは月を追ってではなく、年を追っての改善となります。肌を信頼し、長期戦で臨みましょう。

いかかでしたか?
両方の対策、実施できそうでしょうか。

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • たるみ毛穴は、二つの原因が重なって現れている
  • 目立つ毛穴対策と真皮層の復活が、改善の鍵
黒板に注目!

編集後記

冒頭の画像、ビックリされましたか?でも心当たりがある方もいたのではないでしょうか?

たるみ毛穴は何も特殊なトラブルではなく、毛穴+たるみのトラブルと考えるべきなのですね。サッポーの“肌が育つケア”なら、どちらのトラブルにも対応できますよ!

「サッポー美肌塾」第341号 / 2007年11月14日 発行


コメントは受け付けていません。