肌と冬の風

 
 
S》》
サッポー先生

サッポーです。
寒くなりましたね。(※配信当時)
でも、これが本来の冬の寒さ。

外を歩くと、以前は気にならなかったのに、今は風の冷たさが表情を強張らせます。
思わずバッグに眠らせていた大判マスクでガード!

S》》

ぴーんとした冷たさは、ちょっと風を受けただけで、私達に注意を促してくれます。
しかし、近年の温暖な冬に慣れてしまっていた私達には、防御の心が薄れ、知らず知らず乾燥の影響を多めに受けてしまっていたかもしれません。

S》》

暖かい冬の空気はもっと肌を乾燥させ力を持つのですからね。

「えっ?」「なぜ?」……ですって?
いつか話題にしませんでしたか?

  • 暖かいと無防備になりやすい
  • 風を受けても、そう気にならない
  • 冬の空気は暖かいほど湿度が低い
S》》

こんなロジックでした。
覚えてましたか?
冬の風は冷たくても冷たくなくても、要注意、防御ですよ。

 
 

冬をノーダメージで乗り切ると、肌が年をとらない!?

 
 
サッポーの
シンボル/サッポーの視点
視点

上のタイトルはちょっと言い過ぎかもしれませんね。

でもこんなタイトルを付けたくなるほど、冬の風は、肌に過酷な影響を与えるものなんです。
10分もまともに受けると、肌は大きなダメージを受けてしまいます。

  • まず肌が乾燥する。
  • 表皮下に広がる毛細血管は縮み、血行が悪くなる。
  • バリアー層に隙間が出来、洗顔時に刺激を感じるようになる。

この様な現象の延長上に何があるのかは、美肌塾の愛読者ならずとも、誰もが手痛い目にあった経験があるので、よくご存知のことばかりです。

肌が硬くなる……カサカサ……ガサガサ……肌が脆くなる……毛穴が目立つ……棘のような角栓が……洗顔時に刺激が発生……皮脂詰まりが増加……化粧品がしみる……赤みが発生……湿疹が発生……炎症ニキビがひどくなる……アレルギーだって出やすくなります。

様々な悩みを持つ肌に、それぞれが怖れていた兆候・現象が現れてきます。

肌を乾燥させる冬の風は、バリアー層(角質層)を縮ませ硬くします。
角質層の表層部分では壊れたり、剥がれかける角質が多くなります。
既にある程度の未熟化が進行していた肌では、乾燥で縮むと、あちこちにポツポツと隙間が出来、異物が入り込みやすくなるものだから、過敏な反応を起こしやすくなるのです。

これは手指に起きるヒビ・アカギレと同種の現象なのです。
角質層が超弩級に厚い手のひらや足の裏は、この現象が目立つ姿で現れているだけです。

冷たい風を頬に浴び、「今日は肌が凍り付いてしまったから、お風呂上がりにマッサージして肌を元気にしてあげなくては!」……なんて考え方は絶対にしてはいけないのですよ。

冬の風を受けた肌のバリアー組織(角質層)は縮んで硬くなったあと、入浴してふやけて柔らかくなったものです。
これって、角質というタイルを敷き詰めた床が、地震ででこぼこに捲れ上がり不揃いになったものを水をかけて並べ直したようなものでしょう。
これをマッサージするなんてとんでもない!ということなんです。

こんな時の適切な対処は、優しく保湿して、乳液かクリームをそっとつけて、安静にしてあげるのが優しい扱いというものです。
この様な状態でのマッサージは、肌(角質層)の気づかない亀裂や隙間を表面化させてしまうだけなのです。
その結果が、痒みの発生や、ちょっと化粧品がしみた……で済む内はいいですが、亀裂や隙間がたくさん起きていたり、その範囲が広いと、肌は炎症反応を起こします。
赤み・湿疹・かぶれ症状……です。

マッサージがけっして悪いと言ってるのではありません。
しかし、乾燥ダメージを受けた肌のお風呂上がりの肌の柔らかさは、軟弱さといった方がよい状態です。
といって、肌が硬い状態は、硬さが作るもろさのある状態です。
マッサージは表皮層が元気な時――良く育ち、しなやかさのある状態で行うものです。
肌状態を選びなさいということですね。

……なんだか、マッサージの話になってしまいました。
今回のテーマ「肌と冬の風」に戻ります。

この様に、冬の乾燥は冬の風に影響されている割合が最も大きく、パターンとしては次のようになります。

  1. 防御が多少不足気味で、日々少しずつ乾燥ダメージの影響を拡大させ、バリアー層(角質層)の劣化(未熟化)を進行させている。
  2. 一気に強い乾燥ダメージを肌に与え、ごっそり角質が剥がれる原因を作ったり、肌に見えない亀裂や隙間を作る破壊的バリアー層(角質層)の劣化(未熟化)につながっている。

あなたの場合は、どちらの要素が大きいでしょうか?
その防止法は、くどくど説明する必要はありませんね。
何れも日常ケアの防御度を一段上げておくことを心がけ、風に対処する防御策をいつも用意しておくことです。

たいていの方は、1.の徐々に傷める傾向が少しはあり、冬季の間に一度や二度は、2.の大きな失敗をする。
この様な冬の時期を経て、肌の育つ効率が高くなる春・夏に進んでいきます。

冬にダメージを受けた肌が徐々に体力を取り戻し、本格的に肌が育つ体制を整えるのは、春も終わり、夏が近づいてきた頃……というケースも珍しくありません。
もったいないですね。
暖かくなった時に、すでに肌の育つ体制が整った肌と比べたら、大きな機会ロスです。
時間が奪われているのです。

 
 
S》》

年を追うごとに、肌も年をとっていく……。
ある程度は仕方ないことなのですが、上手に管理してあげることが出来たら、ホントはそんなに老化は進行しないのです。

S》》

「冬をノーダメージで乗り切ると、肌が年をとらない!?」

……ちょっと大げさでしたが、半分は、間違いなく真実の話なんです。
読者の皆様、チャレンジしましょう。
肌年齢は心がけ次第と言うことです。
冬は毎年やってきます。

 
 

コメントは受け付けていません。