擦るだけが摩擦ではない!あれもこれも……肌への物理的ダメージ

イメージ画像

物理的ダメージとは、何かの力が加わったり、何かのエネルギーが働くことによって生じます。

例えば、頬をつねると、痛みを感じます。叩いたあとは赤くなります。でも、誰も好んでこのようなバカなことはしません。

ところが、このような極端なことでなくても、物理的ダメージによって肌の美しさや健康を損なっている人はたくさんいます。どうしてでしょう?

それは自覚できないダメージだからです。ダメージとも思わない程度の物理的な力が、肌に影響を及ぼしている場合があるからです。

どのようなことか見ていきましょう。

気づいていない物理的ダメージ

肌への物理的ダメージは、圧迫・引っ張り・摩擦などです。力が加わることで肌を傷めています。

具体的には、マッサージ、パッティング、洗顔、拭き取り、化粧品をつける、パフやブラシでのメイク……等々です。

「常識」「普通」は実は人それぞれ

つまり、肌が何かと接する場合は全て力が加わり、ダメージを与える可能性があります。もちろん普通に、常識通りにこれらが行えていたら、物理的ダメージの心配がないものもあります。

問題なのは、この“普通に”とか、“常識通り”の程度が人により異なることです。基準となる“ものさし”が無く、それぞれの感覚に委ねられているからです。

かといって、一つ一つの程度をお伝えしようとすると、話が長くなり、収拾がつかなくなります。ここは他のサッポー美肌塾講義に委ねることにします。

参考:良かれ!と思って……でもそのケア、間違ってない?マッサージ・パッティング・冷水洗顔

参考:拭き取り化粧水は危険!汚れは落とさねば……という常識の嘘

参考:その摩擦がくすみや乾燥の原因に? 肌と触れる道具を見直す!

次は、具体的にサッポーのアイテムで物理的ダメージを紹介していきます。

例えば、サッポーのクレンジングクリーム

サッポークレンジングクリームの商品写真

サッポーのクレンジングは、化粧をはじめとする汚れを浮かせることに特化したクリームです。乾いた肌につけて、クルクルと優しいマッサージを行うことで、効率よく汚れが取れます。

6種の保湿成分と12種類の油脂成分がほどよく乳化された柔らかいクリームが肌と手指の間の潤滑油となります。クルクルは心地よく、よほど強く力を加えない限り、ダメージとなるような摩擦は生じません。

1分ほどクルクルしていると、指滑りが重くなってきます。クリームが汚れを捉えたサインです。その内に指滑りがふわっと軽くなります。これが汚れが肌から浮いた合図。湯水で流して、気持ちよくクレンジングを終えます。

ところが指滑りが重くなった時、自然に指に力が入ります。無意識に指滑りの良いクルクルを求めてしまうのでしょう。

この時、圧迫や引っ張りが強まり、摩擦係数も上昇……皮膚組織を傷めたり、摩擦で角質を剥がれやくなります。毎日繰り返されることですから、与える影響は大きいはずです。でもそんな悪影響など想像もしません。

「洗浄剤がない、洗い過ぎることもない、肌が育ってる♪」と気分良くクルクルを続けることになります。

上の例で何が言いたいかというと、一定の成果と目的は達成していますが、「もっとよくなる」「もっと美しくなる」と言う面においてロスを生じているのです。アクセルを踏みながらブレーキも踏んでいる状態です。とてももったいないですね。

なので、サッポーでは指滑りが重くなった時は、指に力を入れるのではなく、力を緩めるように案内しています。すごく簡単そうに思いますが、これがなかなか難しいようです。

本人が意識して力加減を変え、さらにそれを習慣化して初めて肌が変わります。良い習慣が続けば、今まで知らなかった肌の美しさを知ることになります。

クレンジングのクルクルを例に取り上げましたが、タオルやあぶらとり紙の使い方、顔を触る癖等々、顔との接点はたくさんあります。これを機会に全てを見なおしてみましょう。必要以上の力が加わっていることに気付くはずです。

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • 物理的ダメージとは、肌に触れるもの全てが対象
  • 物理的ダメージには、気付かない程度のものが多い
黒板に注目!

編集後記

頬杖をつく、眠くて目を擦る……ちょっとした仕草も日常に潜む物理的ダメージかもしれません。

全て排除するのは難しいですが、ダメージになっている!と意識するだけで、回数が減ったり、加える力が小さくなるはず。まずは意識改革からはじめましょう。


コメントは受け付けていません。