夏痩せした肌、初秋のスキンケアでリカバリーを

暑い夏が終わり過ごしやすい季節になりました

猛暑の上、湿度の高い日本の夏は、汗をかく機会が多く、肌が潤っています。紫外線にさえ気をつけていたら、肌にはとても恵まれた季節なのです。

そんな夏ですが、実はお盆の頃に湿度の転換期を迎えます。湿度の下がり始める傾向があるのです。しかし気温は高いままなので、そんなこと露程も思わず、ダメージにも無防備になっているのが現実です。

秋風が吹き始める頃、微妙な湿度の変化に肌の夏痩せを感じられるのでしょう。スキンケア相談室への相談も増えます。

夏の間にダメージを受け、夏痩せした肌の特徴とは?

  • 毛穴が目立つようになった
  • ガサガサ・カサカサするようになった
  • ニキビ(皮脂詰まり)が増加した
  • ピリピリ・チクチクすることがある
  • 痒みを覚えることがある

肌はこのような姿を見せます。今まで調子が良かったのに……なぜか急に肌の様子がおかしくなった??と思われる方が多いようです。

秋の肌に一体何が起きたのでしょうか。

夏にふやけた肌に“縮み”が生じている

夏の間、乾燥からの保護ケアを怠っていた、冷房の乾燥で傷めた、紫外線で傷めた、汗でふやけた状態が多く角質剥がれが進行した……等々、このような悪影響があると、肌を作る細胞一つひとつのレベルが低下してしまいます。

秋になって肌の変化に戸惑う女性のイメージ

汗の量が多く、そのおかげで肌の安心が作られていたため、多少傷めても気づきません。それどころか、傷んで痩せていても、汗によって、ふっくらとし、バリアーとして働いていたというわけです。

ところが秋になって、湿度が下がると、肌の乾燥が進みます。すると肌の細胞がさらに大きく縮みます。すると肌は硬くなり、かさついたり、毛穴が広がったりし、皮脂も詰まりやすくなります。

またバリアーも「疎」の状態、つまり隙間だらけの状態になるため、化粧品や肌上の汚れなどが、肌内部まで侵入して刺激となります。この結果、ピリピリ・チクチクしたり、痒みを感じるようになるのです。

これらは、「なぜか……」ではなく、必然的に起こっているのです。私達自身は何も感じなくても、肌はこの微妙な変化を過敏に感じ取っているのですね。

まだ汗の多い時期が改善のチャンス!

お彼岸の頃までは、昼間は暑さと初秋の乾燥が同居する季節です。晴れた日の昼間は、暑さもありますが、湿度は下がっています。そして、湿度は夜には平常に戻るのです。

昼間と夜のスキンケアを工夫してみましょう。もちろん、個人によって過ごし方や環境は違うので私の場合は……でアレンジしてみて下さいね。

具体的には、

昼間のケア
スキンケアを行う女性のイメージ

保湿力控えめで、アルコール配合量の少ない化粧水
保湿力の高い美容液はおやすみ
乳液よりも油性度が高く、べたつきにも乾燥にも強いクリーム

  • 保湿力控えめで、アルコール配合量の少ない化粧水
  • 保湿力の高い美容液はおやすみ
  • 乳液よりも油性度が高く、べたつきにも乾燥にも強いクリーム
夜のケア

保湿力のある化粧水や美容液
基本は乳液で十分。でも既に乾燥を感じている肌はクリーム

  • 保湿力のある化粧水や美容液
  • 基本は乳液で十分。でも既に乾燥を感じている肌はクリーム

いかがでしたか?
思ったよりも、ケアは簡単ですね。

これで、安心して深まる秋を迎えることができます。初秋の頃からトラブルが続出していますので、みなさん気をつけて下さいね!

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • 夏の肌は、汗のおかげでダメージを感じにくい
  • 昼間と夜のケアを工夫して、夏痩せを回復させよう
黒板に注目!

編集後記

秋の気配を感じても、スキンケアを変えるのが面倒でつい怠りがちですが、簡単なアレンジで、肌は変わって行くのですね。

秋の間に肌を傷めてしまうと、乾燥本番の冬や春に後悔することになりますから、今から!始めるのがいいですね。

「サッポー美肌塾」第433号 / 2009年9月2日 発行


コメントは受け付けていません。