美肌の邪魔をする「ボトルネック」の存在

ボトルネックを抜けるイメージ

適切なスキンケア(肌管理)が大切なのは当たり前ですが、知識や手法に誤り・欠落があれば、知らない内に美肌・健康肌作りを阻害している場合があります。サッポーでは、この原因を「ボトルネック」と呼んでいます。

ボトルに入った水通り道が狭いネック(首)になっていると、一定時間当たりの出る液体の量は少なくなってしまいます。このようなイメージです。

ボトルネックとは?

物事がスムーズに進行しない場合、遅延の原因は全体から見れば小さな部分が要因となり、他所をいくら向上させても状況改善が認められない場合が多い。このような部分を、ボトルネックという。(ウィキペディアより)

これからのスキンケアを含めた肌管理を有意義なものにしていただくために、今回の美肌塾では、このボトルネックについて見ていきます。

具体的なボトルネックについては、十人十色なので、サッポー美肌塾の各講義を読んで、発見して下さいね。

ボトルネック=スキンケアに潜む罠

  • 全く知らなかった大切な知識
  • 誤った知識を正しい!という思い込み

よく「サッポー美肌塾を読んで、目から鱗が落ちました……」と言われるのですが、このように、思いもよらない知識がスキンケアにはあるものです。

ネットは知識の宝庫ですが……

また、誤った知識に対して、「えっ!そうだったの?」と判れば解消しますが、本人が「これでよい!」と思い込んでいたら、気付くことすら難しいでしょう。

スキンケアの情報は無数にあり、それを皆さんは取捨選択しています。中には正しいものもありますが、一部の真実を含んでいるものの、実際には誤った情報も多くあります。正しい情報を見極め、知識としていく力も大切になってきます。

このような本物の知識を得、ボトルネックが解消されると、今までが嘘のように肌は美しさを増していきます。健康度も比例して増していきます。つまり、あなたの肌はもっともっと美肌になれる力を持っているのです。

ところが、この知識を持っていたとしても、ボトルネックに嵌りやすい罠があります。

  • 大切なことだけど、つい怠ってしまう
  • 判ってはいるけど、そこまでしない

それなりの肌管理(スキンケア)が出来ていて、そこそこ肌の美しさと健康が維持されていたら、それで満足してしまうという罠です。

これでは、肌管理のレベル・完成度は中途半端と言わざるを得ません。

多少の上下はあれど、年単位で同じ状態の肌でいれば、もうそれが「私の肌」「肌質」と思い込んでしまうものです。うっとりするような美肌の持ち主に出会っても、「いいな~」と思うだけで「私も!」とは夢にも思わなくなっています。

肌の育ち度レベルを上げてゆきましょう!

サッポーは肌のレベルを育ち度という形で%表示しておりますが、そこでは育ち度70%の肌が、自立した肌と自立できない敏感肌の分岐点だとしています。

上のような罠に陥りやすいのは、肌がある程度安定した75%~80%の育ち度にありがちです。もう少しの努力で80~90%台の育ち度が実現できる肌です。これではもったいないですね。もう一度言いますが、あなたの肌はもっともっと美しくなる力が備わっています。

皆さんも様々な罠にはまらずに、最終的には80~90%台の肌を目指して頂きたく思います。

いかがでしたか?
今回はざっくりとした解説になりましたが、ボトルネックの発見例や肌の育ち度については、下記のサッポー美肌塾を参考にして下さいね。

参考:「スキンケアが思うようにいかない!何がボトルネックに?

参考:「あなたの肌の育ち度は?

ボトルネックがうまく探せなかったり、この知識は正しいのか、と迷った時はいつでもスキンケア相談室を利用して下さい。一人でずっと悩んでいるより、良い糸口が見つかります。

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • 美肌になるには、知識とその実行力が必要
  • ボトルネックを解消し、肌の育ちを促進しよう
黒板に注目!

編集後記

ビジネス用語で使われることの多い「ボトルネック」ですが、スキンケアに当てはめてみてもなるほど!という感じがします。

サッポー美肌塾で知識を得たあとは、実行のみ!ですよ。いつしか、あなたのボトルネックがなくなることでしょう。

「サッポー美肌塾」第502号 / 2012年2月15日 発行


コメントは受け付けていません。