洗浄力の弱いクレンジングがよい!?

洗顔する女性のイメージ

肌の洗い過ぎはよくないという常識がようやく定着してきたように思います。サッポーとしては嬉しい限りです。「洗い過ぎはよくない」という注意と解説に納得すれば、たいていの人は「そうなんだ」と、この注意を受け入れるでしょう。

でも、サッポー美肌塾に寄せられる相談のやりとりをみると、まだまだ洗い過ぎている人の多いのが実態です。

なぜでしょうか?

  • 洗浄力の弱いクレンジングを使っています
  • 洗浄力がマイルドで優しいクレンジングを使っています

このように、クレンジング料を優しいと言われる製品に変えることで、以前より良くなる肌もあるでしょう。

しかし「これでは、まだダメなんです!」とサッポーは断言します。

これはいったいどういうことなのでしょうか?

クレンジング料に洗浄力は要らない…洗浄力は肌の健康リスクを高める

サッポーが「肌が育つケア」に推奨するクレンジング料には、洗浄力がありません。洗浄力が弱いのでもなく、洗浄力をセーブしてあるのでもなく、洗浄力は「0」なのです。化粧や汚れになじみ、肌から浮き上がらせるだけのクレンジング料です。

コールドクリームのイメージ

昔、コールドクリームで化粧浮かしが行われていました。肌に塗り伸ばして、拭き取るタイプで、もちろん洗浄力はありません。このクリームは硬い・肌にべったり残る…等、今から言えば使いにくい欠点がありましたが、当時はクレンジングの主流でした。しかし、洗浄剤の発展につれ減少の一途を辿りました。より綺麗に化粧を落とせることがよいとされたのでしょう。

サッポーのクレンジングクリームはこのコールドクリームの発展型です。拭き取りも可なら、洗い流しも可能な、軟らかくて使い勝手のよいクリームです。

では、なぜこのようなタイプを推奨するのでしょうか?

ベースメイクやポイントメイクが乾くと、しっかり肌にフィットします。これは別の表現をすると肌にこびりついたとも言えます。よくいえばフィット、悪く言えばこびりつく…なのです。様々な汚れも同様です。

これら化粧や汚れを取り除くには、洗浄剤が優れた能力を発揮してくれます。簡単に化粧や汚れが溶けて洗い流すことが可能になるのですから、これは便利と言うことで多用されます。

ところが、ここに隠れた問題が潜んでいます。

肌(角質)も洗浄剤にとっては汚れの一つです。まもなく垢となって落ちていく運命にあるのだから、汚れといっても間違いではありません。問題はこの角質達が、どの程度洗い流されていくかにあります。洗い過ぎの生じた肌部位は、美しくなる機会を失ってしまいます。

まもなく剥がれる予定にある角質だけが剥がれていくのならいいのですが、洗浄剤を使用すると、予定外に剥がれる角質の量が増えるのです。それも、ダメージで傷んだ肌部位、未熟で敏感な肌部位ほど角質も傷んでいるため、剥がれやすく、洗い流されやすいのです。つまり、汚れと見なされるのです。

サッポーのクレンジングクリーム

一方、サッポーのクレンジングクリームの場合、クリームの保湿成分や油性成分が化粧や汚れだけになじみ浮かせるだけです。化粧や汚れの大部分は洗い流せるのですが、洗浄剤ほどきれいさっぱり洗い流すわけではありません。でも、衛生面や見栄えとしてはこれで十分なのです。また、予定以上に角質を剥がさないので、健康面では理想の状態が作れます。

私達が見ている肌とは、角質の層です。バリア層とも言われます。このバリア層を取れすぎないようにすることが、良い肌の未来、つまり美しさと健康を作っているのです。

クレンジング料の違いが生む肌の変化は小さくて判りません。小さな問題として隠されてしまいます。でも、クレンジングは毎日のケアです。この日々の積み重ねが、いつか大きな違いとなって、今の肌・未来の肌を作っているのです。

肌は育つことによってのみ、健康を増し、美しさと強さを作り上げていく存在です。

よく育った美しい肌は、今日の隠れた小さな1歩が積み重ねられて実現したものです。

※参考…「肌が求める化粧品…クレンジング編

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • ダメージを受けた角質、傷んだ角質は汚れと見なされる
  • クレンジング料の、洗浄力の有無が肌の未来を左右する
黒板に注目!

この講義はメールマガジン「サッポー美肌塾」第567号を再編集したものです


コメントは受け付けていません。