とても簡単!石けんを使って、肌の健康度を知る方法

イメージ画像

みなさんは、洗顔に石けんを使っていますか?

昭和30年代、石けん以外の界面活性剤(洗浄剤)として、便利な家庭用洗剤が登場したことから、それまで主流だった石けんの消費量はグンと減りました。

しかし顔や身体の洗浄においては、今も一大勢力を保っている……というのが石けんの存在です。

ちなみに化粧品名としては「石けん」が使われ、成分名としては、固形の場合「石ケン素地」、液体の場合「カリ石ケン素地」と表示されます。

例えば「○○石鹸」「△△ソープ」などは、見た目は石けんでも本物かどうかはわかりません。成分表示に「石ケン素地」「カリ石ケン素地」があるかで判断します。

固形石けんは洗顔前に泡立てる必要があり、少々面倒です。また他の界面活性剤とは違って、洗い上がりがつっぱる……この感覚が嫌という方もいるでしょう。

このような石けんですが、他の洗浄剤にはない素晴らしいところがあります。使用することで、あなたの肌の健康度が判るというのです。

一体どういうことでしょう。まずは、石けんの性質から見ていきます。

優しさと厳しさを持ち合わせた石けん

サッポーは、クレンジングクリームのあとの仕上げ洗顔や朝の洗顔に石けんを勧めています。その理由は石けんの性質にあります。

石けんの代表的な性質3つ

確かな洗浄力

洗浄力は他の洗顔料と同様ですが、脂質を分解する能力が高いのが特徴です。角質同士を繋ぐ細胞間脂質を適度に溶かし、角質が正常に剥がれる手助けをします。

アルカリ性である

界面活性剤の中でも、唯一アルカリの性質を持っています。殺菌力があり、雑菌やウイルスの増殖を防ぎ、肌を衛生的に保ちます。手洗いに石けんが推奨されるのは、そのためです。

イメージ画像

しかし、アルカリ性ゆえに刺激を感じる肌もあります。石けん以外の化粧品が全て弱酸性に作られているのは、肌が弱酸性の環境を好むからです。

界面活性能が消える

水で流すとすぐに分解され、界面活性剤ではなくなります。つまり界面活性能(洗浄能)もなくなります。

石けん以外の洗顔料は全て、界面活性能が消えず、界面活性剤が細胞間脂質にピッタリくっついて残ります。洗い上がりにつっぱり感が少ないのは、界面活性剤が水を捉えて乾くのを遅らせているからです。一方で洗浄剤として肌上で働き続けるので、角質を必要以上に剥がれやすくします。

以上が石けんの代表的な性質です。これらは、石けんの長所であり短所でもあります。

世間では、石けんが肌に優しく敏感肌向きというイメージがありますが、優しさと厳しさの両面があるというのが真実の姿でしょう。

石けんによる健康度テストの方法と評価

健康度テストを行うには、条件があります。

  • ノーメイクであること
  • 室内にいること
  • 30分程度の時間がとれること

です。お休みの日の朝が良さそうですね。

但し、赤みや炎症(ニキビを含む)などの敏感さがある肌は、石けんの厳しい面が影響するので、このテストにチャレンジすべきではありません。

健康度テストの方法

まず顔をすすいでから、石けんを泡立てて洗います。洗い過ぎにならないよう、時間は15秒程度にします。その後、水で洗い流し、タオルドライします。

そのまま30分間、何も付けずに肌の様子を伺います。

肌は素顔の状態になり、どんどん乾いていきます。この環境がテストには必要なのです。(30分経てば、いつものスキンケアを始めてください)

さて、あなたの肌はどのように感じましたか?

  1. つっぱり感・ピリピリを強く感じる
  2. 多少つっぱり感を感じる
  3. つっぱり感を全く感じない
イメージ画像

1.つっぱり感・ピリピリを強く感じる

バリア能が低下し、すでに敏感肌といえる状態です。

強い刺激を感じたら、健康度テストはその時点で(30分を待たずに)中止し、すぐにスキンケアを始めます。当面は石けんの使用もすべきではありません。

下記ページを参考に、まず敏感肌のケアを実施しましょう。

参考:「まず、過敏肌からの脱出を
肌が求める化粧品…敏感肌編

2.多少つっぱり感を感じる

バリア能が低下傾向にある肌です。季節や環境の影響で調子が良かったり、悪かったり、フラフラしている肌が多いのが特徴です。

このような肌は、スキンケアである条件が満たされると、大幅に健康度がアップし、今よりもう一段も二段も美しくなれます。肌がフラフラすることもなくなります。

こちらを参考に取り組んでみましょう。

参考:「「肌が育つケア」の具体的な進め方

3.つっぱり感を全く感じない

バリア能は健全で、肌の健康度はそこそこ高いといえます。スキンケアに大きな間違いはなく、今まで通りでOKでしょう。

でも自覚する肌トラブルがある場合、当美肌塾を参照し、サッポーの“肌が育つケア”を実践してみましょう。

肌の健康度がさらにアップし、トラブル解消も早くなります。

いかがでしたか?

早速石けんであなたの肌をテストしてみましょう。まず自分の今の肌を知ることが大事です。

このようなテストでチェックを繰り返していると、肌が良い方向に向かっているか、そうではないかが判ります。ぜひ習慣にしてくださいね。

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • 石けんの本質を知れば、肌洗浄に適していることが解る
  • 石けん洗顔で肌の健康度を知る習慣を
黒板に注目!

コメントは受け付けていません。