心の状態が肌に現れる……心と肌とスキンケア

イメージ画像

東洋医学では、昔から

  • 肌は心の状態を映す鏡
  • 肌は身体の状態を映す鏡
  • 心身の状態が肌を作る

といわれてきました。

心と肌の状態には、とても深い繋がりがあります。このことを知っているか知らないかで、スキンケアの成果が大きく左右されます。

今回のテーマは、心と肌とスキンケア。いつもと違った視点で解説していきます。

身体や肌に備わった恒常性

私達の身体には、常にあるべき良い状態に維持しようとする力が備わっています。例えば、暑くて体温が高くなった時、汗をかいて下げようとする働きなどです。

このような機能を「ホメオスタシス」(恒常性維持機能)と呼んでいます。

肌(皮膚)も同じで、ターンオーバーを繰り返し、いつも本来の健康で美しい姿を目指しています。肌のホメオスタシスです。この機能を援護するのが、顔の肌なら化粧品というわけです。

肌(皮膚)のホメオスタシスとは

  1. 身体(肉体)の保護
  2. 異物の侵入防止
  3. 水分蒸散の阻止
  4. 体温調節
  5. 感覚の受信

これらは、生命維持機能とも言える、とても大切な肌の働きです。まさに人体最大の器官として、私達の命を守っているのです。

イメージ画像

ところが、肌のホメオスタシスには、違った面もあります。それが、

  1. 心や身体の状態を報せる(表現する)

という機能です。肌が心や身体と密接な関係にあるが故に現れる一面です。

つまり、心の状態が肌の健康・美しさ・魅力に影響しているというのです。どういうことか、見ていきましょう。

肌が出すサインはあなたの心次第

こんな時、あなたの肌はどうですか。肌にサインは出ていませんか?

  • 疲れが溜まったとき
  • 睡眠不足のとき
  • 生理前後
  • 仕事が進まないとき
  • 人付き合いがうまくいかないとき
  • 失恋したとき
  • 収入に不安があるとき
  • 迷いがあるとき
  • プライドが傷付いたとき
  • 自分がつまらない人間に思えるとき
  • ……

悩みや不安の数は人の数だけあり、その深浅も様々です。精神的ストレスという一言では言い表せません。

このような一つひとつに、肌は好ましくない反応をしています。

例えば、くすみやシミ・しわ・くま・ニキビ・炎症などなど……人によって様々なサインが現れます。まさに何でもありの状態です。

一方でこんなサインも!

イメージ画像
  • 朝の目覚めが良いとき
  • 身体が軽く感じるとき
  • 夢があるとき
  • 目標ができたとき
  • 希望が持てたとき
  • やる気が起きたとき
  • 勇気が沸いたとき
  • 人を好きになったとき
  • 恋をしたとき
  • 幸せを感じたとき
  • 生きがいを持っているとき
  • ……

打って変わって、このような一つひとつに、肌は好ましい反応をします。心が好ましく思えば、良い肌状態を作るのです。

ツヤが良くなったり、明るくなったり、シミが薄くなったり、表情じわやくまが現れなくなったり、いつの間にかニキビや炎症が治っていたり……。

それは、心と肌を繋いでいる、脳を初めとした神経系、内分泌系、循環器系、免疫系の各機能が一斉に良い方へ働くからです。

心の問題は、解決策を見つけることが簡単ではありません。でも、いつも前を向く、プラスに考える習慣を持ちましょう。

心の好ましくない影響を受けながらでは、いくら一生懸命、正しいスキンケアをしていても、思ったような良い結果は出ません。いつもブレーキが掛かっているからです。

逆に、心の好ましい影響を受けていたら、スキンケア以上の効果が出てきます。このことを知って、毎日のスキンケアを行いましょう。

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • 肌の任務は生命の維持、一方で心と身体の状態を映す
  • 良い方向に心を整え、スキンケア効果を高めよう
黒板に注目!

コメントは受け付けていません。