ガサガサ角質、剥がすべき or 剥がさない、どちらが本当の角質ケア?

イメージ画像

肌がガサガサするのは、角質がうまく剥がれていないから。剥がすべき!」という説があります。

一方でサッポーは「肌がガサガサするのは、角質が剥がれているから。無理に剥がしてはいけない!」といつも言っています。

今回は、そんな狭間で戸惑う“Yuki”さんの相談を元に講義を進めていきます。

Yukiさんは最近、サッポーのスキンケアモニターに参加されました。

“肌が育つケア”を始めると、このような戸惑いを覚える人は、実際とても多いと思います。前者の「角質を剥がすべき!」の方が世間では広まっているからです。

サッポーの説は、異端?いいえ、そうではありません。真実を述べているだけです。

角質は剥がれていない・剥がれている……どっち?

Yukiさんのご質問・相談

モニターに応募させていただいたYukiと申します。分からないことがあるので、お尋ねいたします。

今回、「角質が剥がれている」とアドバイスに書かれていたのですが、美容皮膚科やエステへ行くと「角質が剥がれていない」と言われます。

それが、かさつきやニキビの原因と言われ、そこで、ピーリングや酸が入った化粧品を薦められます。他の化粧品の広告や宣伝を見ても角質を剥がすことを強調し、謳っています。

今回はじめて、サッポーさんから反対の指摘を頂いたのですが、角質が剥がれている、剥がれていない……のどちらであるか、どういう判断で判るのでしょうか?

今は余分な手入れはせずに、モニターセットのみ使用していますが、多少ニキビが減ってきております。

やはり角質を剥がすケアは必要ないのでしょうか???

イメージ画像

美容皮膚科やエステも、美肌を目指すという目的はサッポーと同じはず。

でも、説明やケア方法が真逆といってよいほど違えば、Yukiさんの戸惑いは当然のことです。

サッポーもこういった説明をするのにいつも苦労しています。ここからはサッポーの言い分も含め、Yukiさんの戸惑いに答えていきましょう。

角質が剥がれている・剥がれていない……はどちらも同じ現象

まず肌トラブルは、乾燥や紫外線、物理的な刺激などのダメージを受け、角質が一層二層…と予定より早く剥がれることから始まります。

すると、表皮細胞(角質の赤ちゃん達)が急ピッチで角質になり、肌の最表に送り出されます。バリアーとして、身体を外部から守るためです。

しかし十分に育つ時間を与えられなかった、急ごしらえの角質だから未成熟です。水分保持力が低く、すぐに硬くなって傷み、剥がれそうになります。

それなのに、未成熟な角質は剥がれる能力が低いため、次から次へと重なり肌に居残って最後はゴソッゴソッと塊で剥がれていきます。

本来、角質は一日一層ずつヒラヒラと剥がれ、その姿は目には見えません。ところが、目に見える……これが、ガサガサ角質の実態です。

つまり、サッポーは水分保持力が低く、傷み剥がれやすい未成熟な角質の姿を「剥がれている」といい、

美容皮膚科やエステでは、肌から剥がれる能力が低く、居残っている未成熟な角質の姿を「剥がれていない」と説明しています。

同じものをそれぞれ違う角度で言っているだけなのです。なんだか言葉のマジックみたいですね。

ピーリングケアは、未成熟な肌の救世主になり得るのか?

「いずれにしても角質が剥がれそうで剥がれず、見映えが悪い状態なら、あれこれ考えず、一旦ピーリングでリセットすればいいのでは?」

という声が聞こえてきそうです。

確かにピーリングを謳った化粧品は簡単に手に入るし、実際に使用すれば、きれいになります。

この時、肌から離れかけたガサガサ部分だけが剥がれるのならまだいいのですが、そうではありません。

ガサガサ角質とくっついているまだ働いている角質も一緒に剥がされるのです

そうすると表皮細胞は、また急いで角質を作り……未成熟な肌になるというわけです。

これが、サッポーが基本的にピーリングケアを勧めない理由です。

ガサガサと見映えの悪い角質であっても、無理に剥がさず大切にします。するとその下の表皮細胞に育つ時間が与えられます。

以前より育った角質を送り出せれば、その下で育つ細胞にはさらに時間が与えられます。こうしてターンオーバーが正常化し、やがてトラブルのない健康で美しい肌が作られる……これが本物の角質ケアだと考えます。

つまり、その場のキレイよりも肌の未来を優先するということです。

ピーリング治療とピーリングケア

医療現場では、治療目的でピーリングが行われています。

表皮細胞が短期間に新しい細胞に入れ替わることで、ニキビなど皮膚トラブルの改善・解消を期待したものです。

イメージ画像

少々荒療治にはなりますが、もしこのような治療があなたの肌に必要なら専門医(皮膚科医)にお願いしましょう。

市販のピーリング剤よりも強い薬剤が使用されますが、例え、その刺激で肌が炎症を起こしても、信頼できる医師がいれば対処してくれます。

治療が功を奏して、ある程度症状が落ち着いたら、次はスキンケアや肌管理で肌が育つのを待つことになります。

一方、スキンケアとして使用するピーリング剤は効果が弱い分、繰り返し使ってしまう怖さがあります。

肌がガサガサする度に使用していると、ピーリング→以前より未成熟な角質が育つ→未成熟な角質はすぐガサガサする→ピーリング……という未熟化が進行する悪循環に陥り、いつか肌は敏感さを覚えるようになります。

今、ドキッとした人もいるでしょう。

Yukiさんのご相談を元に、角質剥がれとピーリングの是非について解説しました。

上で、急ごしらえの角質・未成熟な角質・見映えの悪い角質……などと様々に表現しましたが、これらはよく世間でいわれる「古い角質」のことです。

ここで「え!古いってどういうこと?」と疑問が沸いた人は、合格!今回の講義の成果とサッポーは胸を張りたいくらいです。

そうです。古いのではなく実際は新しいのに、見た目だけで判断されているのです。ここにも言葉のマジックが使われていますね。

今後「古い角質」というフレーズを見たら、「古いのは見た目だけ、本当は新しい!」と認識しましょう。

今回の講義が今後の化粧品選びの参考になれば幸いです。

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • 未成熟な角質は成長不十分で、剥がれやすいが剥がれる能力が低い
  • ピーリングを行うときは、信頼できる医師のもとで
黒板に注目!


コメントは受け付けていません。