探しても探しても見つからない……化粧品ジプシーを卒業するには?

イメージ画像:さまよう女性

あてどなく化粧品を探しさまよう「化粧品ジプシー」の方が多くサッポーにも辿りつかれます。

「やっと見つけた」と“肌が育つケア”に賛同し、定着する人もいれば、また新たな化粧品を求めて、放浪の旅に向かう人も……。

ネットを初め色んなメディアに情報が溢れる今の時代、どのような化粧品が自分の肌に合っているかの選択は至難の業になっています。化粧品探しでは、ほとんどの方がジプシー(放浪者)にならざるを得ない時代とも言えるでしょう。

数ある情報には根も葉もない、にわかに信じられない案内や表現が氾濫しており、サッポーは勝手に不安になってしまいます。

そこで、今回の美肌塾では「化粧品を見抜く視点」というテーマで、基本中の基本をお話したいと思います。

まずは、化粧品ジプシーの現状から見ていきましょう。

化粧品を探す動機や、選ぶきっかけは?

化粧品を変えたいという動機は何でしょう?

  • 現状の肌や、化粧品に対する不満
  • もっときれいになりたいという期待

ざっくりいうと、この2つだと推定できます。

そこで、さらなる質問を投げかけます。

  • 「化粧品を変えたら、不満が解決されましたか?」
  • 「化粧品を変えたら、きれいになりましたか?」

そうなると、返答に窮する方がほとんどではないでしょうか。

さらに「今の化粧品を選んだわけは?」と尋ねると……

  • テレビやネットのCMを見て
  • 口コミやレビューを見て
  • 新製品だから
  • キャンペーンをしてたから
  • 良いと言われる成分が入っているから
  • ○○(肌トラブル)に良さそうだから
  • 肌がきれいな友人が使っているから
  • 友達の勧めで

……このような言葉が並びます。

これらは客観的に見れば、きちんとした判断基準があるわけではなく、合理的な選び方ではありません。中にはネット等を通じ、しっかりと調べる方もいますが、冒頭で述べた通り、疑わしい情報や表現が多く、選択の正しさを確信できません。

でも、次のような大まかな視点を持っていたら、化粧品選びに迷いは少なくなります。

化粧品選びの基本的な視点

私達が肌と呼んでいるのは、表皮最表層の角質(の層)です。この角質を正しく知れば、化粧品もまた正しく選択できます。

購入前に、良い化粧品かを見抜く方法

イメージ画像:肌の不満

肌が健康で美しいのは角質が美しいからです。逆に言うと肌の不満は角質に対する不満なのです。

不満の判りやすい例を挙げると、「ガサガサ」「目立つ角栓」「毛穴の黒ずみ」など、見た目と感触の悪さがあります。つまり、角質の醜さです。

ならば、醜い角質を取り除けば良いのでは?と、ピーリングやそれに類する化粧品を選択する心理が働きます。

でも、これらは本当に肌の健康や美しさに繋がるものでしょうか?

美しさが叶えられたとしても、それは一瞬とも言える短い期間だけです。少し時間が経てば、また元通りです。

醜く見える角質は、本当は若くて未成熟な角質です。未成熟なために、乾きやすく硬くなりやすいだけ。決して“古い角質” ではありません。

ガサガサしても、角栓の姿をしていても、必死で肌に居残りバリアーとして働いているのです。このような角質を醜いといって取り除くと、肌は慌てて新しい角質を送り出します。

しかし、このようにして送り出された角質は、初めこそきれいに見えますが、若くて未成熟なので、また乾きやすく剥れかけ、ガサガサしたり、角栓として留まろうとします。硬くなった角質には、皮脂や油脂がこびりつき、酸化して黒ずみを作り続けます。

このような悪循環を繰り返していると、いつまでも肌は美しくなれません。それどころか、乾燥の進行から健康を損ない、いつか敏感な肌に陥ってしまいます。

健康で美しい角質は、表皮が時間をかけてあるべき姿に育ったものです。このような角質で整うのが本来の美しい肌の姿です。

なので、今見えている肌が醜くて、感触が悪くても、一日でも長く肌を守ることができるように大切にしてあげる必要があります。次に送り出される角質候補に育つ時間を与えることこそ大事なのです。

つまり、購入前に化粧品を選ぶ視点は、

  • 角質を剥がすことを良しとする化粧品か
  • 醜い角質も大切にしようとする化粧品か

で判定しましょう。未来の肌のためには、後者を選んで下さいね。

角質に対して、どのように考えられた化粧品なのか?は、商品説明の「角質」や「肌」という言葉を追ってみれば判ることが多いでしょう。

使用後に、良い化粧品かを見抜く方法

肌の本当の変化は、1ヶ月、2ヶ月……と月単位で観察し、半年くらいは続けなければ、実際のところは分かりません。

しかしその間、もしかすると間違っているのかも……?と思いながら使い続けるのは心細いものです。

なのでここでは、その化粧品を使用して肌が育つ方向にあるのかの判断の、尺度となる方法を紹介します。

肌が育ち、機能が向上しているかは、肌の保水力が高くなっているかどうかで判定することができます。化粧品をつけたからしっとりする、というのではなく、肌そのものの水分保持力の変化です。

イメージ画像

その方法は、サッポーの提唱する「30分ノーケアトレーニング」です。石けん洗顔後、化粧水も何も付けず、30分間放置し、肌を観察します。肌のつっぱり感がどの程度あって、どう変化するかを見ていきます。

1週間、あるいは1ヶ月という間隔で見て、つっぱり感が緩和される傾向にあれば、肌の保水力がアップし、肌が育つ方向にあると言えます。

トレーニングと言うように、本来は肌の持つ機能をフル稼働させることが目的です。それが、肌診断にもなるのですから一石二鳥なのです。

30分ノーケアトレーニングについては、下記の美肌塾を参考にして下さい。

参考:マイクロスコープよりも確実!? 自宅で簡単に、洗顔後30分の肌診断

いかがでしたか?
大まかですが、化粧品を選ぶ視点、購入前と使用後を案内しました。今後の判断基準にしていただければ幸いです。多くの方が化粧品ジプシーを卒業し、理想の化粧品に巡り会うことを願っています。

今日のサッポー美肌塾まとめ

  • 化粧品を選ぶ基準は、角質を大事にするものかどうか
  • 化粧品選択の適否は、石けん洗顔後の肌の変化で見る
黒板に注目!

編集後記

化粧品選びは、楽しくもあり、見つからない時は嫌になったりしますね。

今回の講義で案内した選び方は基本中の基本です。他にも要素はたくさんあるので、サッポー美肌塾を楽しくジプシーしながら探してみましょう♪


コメントは受け付けていません。